ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1078062 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

船形山

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
路面は概ね乾燥しているが、最後数キロが一部圧雪。道は狭い。
除雪は内水面試験場奥100mまで。奥の行き止まりに5台、試験場手前に5台程度の駐車スペースがある。晴れた休日は8時までには着きたいところ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
45分
合計
6時間41分
S升沢コース登山口駐車場08:2709:37鳴清水09:3810:24三光の宮10:2911:12升沢小屋11:2212:12船形山12:1612:43升沢小屋13:0513:43三光の宮14:12鳴清水14:1515:03船形山 升沢コース登山口15:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
序盤は概ね堅雪。三光の宮以降はワカン、スキー、スノーシューなどがないと苦しい。
三光の宮から升沢小屋までが難しいが、ほぼ夏道付近を通っても可。赤テープは適宜あり。
升沢小屋以降は冬尾根を取るのが普通。森林限界を越えると急傾斜でクラストし、上部はテカテカしているが、スノーシューの爪がよく効く。
急斜面を登りきると雪原にでる。強風の時は稜線に上がらず小屋までほぼ一直線で行ける。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

いい天気なので
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気なので
6
ブナの山旅に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの山旅に
10
今日は船形山に登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は船形山に登る
17
可愛い升沢小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛い升沢小屋
12
冬尾根を登って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬尾根を登って
8
森林限界に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に出る
9
小屋を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を振り返る
8
強風で涙目、鼻水中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風で涙目、鼻水中
7
急登終わっても
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登終わっても
3
まだ登りは続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ登りは続く
8
冬の神殿に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の神殿に到着
30
白髪、柴倉、黒伏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪、柴倉、黒伏
18
お参りをして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お参りをして
14
煽られながら帰る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煽られながら帰る
12
三峰と後白髪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰と後白髪
13
ここから急降下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急降下
10
やれやれ ではお昼に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ ではお昼に
19
升沢小屋の真下でね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
升沢小屋の真下でね
11
例年並みの積雪かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年並みの積雪かな
13
17番付近の雪庇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17番付近の雪庇
9
旗坂に戻った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂に戻った
6

感想/記録
by cheeze

3月の声をきき、ようやく地元の船形山へ。
広大なブナ林はまだ冬の眠りの中だが、山麓の日差しは暖かく、そろそろ春の気配も。雪がしまり、三光の宮まではあまり苦労なく登って行ける。トラバース道から雪は深まるが、先行者のトレースのおかげで、楽をさせていただいた。
升沢小屋から見上げる山頂稜線は、雪煙りが旋風となって飛んでいく。服装を整えて、冬尾根に向かう。上部から強風にさらされ、息が止まりそう。ゆっくり確実に。

山頂はいつものように氷の世界。強風にあおられ身を低くして一番高いところに立つ。あたりはただ白と青の世界だ。

升沢小屋に降りて、風を避ける場所を見つけ、山を見ながらゆっくりとお昼をいただく。手袋を脱いでももう寒くない。春の山である。
訪問者数:1144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/29
投稿数: 16978
2017/3/7 8:01
 船形山
サモトラケのニケの様な山頂標識と氷の神殿は冬将軍の造形、お見事です
でも、陽も長くなり、一面の雪景色の中にも温かみが感じられる季節になりましたね。
北風と旅人、やはり太陽の勝ちです。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 664
2017/3/7 8:34
 Re: 船形山
sakusaku様、もう朝は6時前に明るくなってきますよ。まもなくお彼岸ですね  高山でも日差しがあって風を避けられたら、樹氷やシュカブラを眺めながら、外で食事もOKです。
残雪期の山をずっと遠くまで歩いていきたいのですが、いかんせん体力が衰えてきた〜 いつまで歩けるんでしょうね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ