また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1078331 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

不忘山東尾根、下界は晴天でも山頂は冬。

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴、稜線上部は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
みやぎ蔵王白石スキー場駐車場:白石インターからの国道457号線は道幅狭い。帰りは鎌先温泉経由、こっちの方が良い道である。スキー場はある程度の賑わい。でも駐車場は半分程度。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
35分
合計
4時間3分
Sスタート地点09:5512:08不忘山12:4313:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし、雪は適度に締っている。リフトトップ出発から下山までスノーシュー使用。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

第3リフトのリフトトップから樹林の中を緩く登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3リフトのリフトトップから樹林の中を緩く登る。
4
樹林の中を緩く登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の中を緩く登る。
3
少し周りが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し周りが見えてきた。
2
不忘山東尾根に入った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山東尾根に入った。
5
東尾根の開けた雪面を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根の開けた雪面を登る。
5
水引入道と馬ノ神岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水引入道と馬ノ神岳が見えてきた。
4
東尾根から下を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根から下を見下ろす。
8
カエル岩など稜線が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエル岩など稜線が見えてきた。
4
ここを登ると山頂が見えるかな、まだまだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ると山頂が見えるかな、まだまだ。
3
次の斜面を登ると山頂が見えるかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の斜面を登ると山頂が見えるかな。
5
霧氷も着いてきた。後方は雲の架かる水引。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷も着いてきた。後方は雲の架かる水引。
3
不忘山山頂が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂が見えた。
11
夏道ルートと合し、最後の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道ルートと合し、最後の登り。
3
不忘山山頂標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂標識。
15
不忘山山頂標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂標識。
13
屏風岳方面を見るが完全に雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳方面を見るが完全に雲の中。
4
不忘山山頂から東尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂から東尾根。
4
不忘山山頂の岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂の岩。
4
東尾根から水引入道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根から水引入道。
9
気持ちの良い東尾根の下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い東尾根の下り。
3
少し下ると、水引入道と馬ノ神山がきれいに見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると、水引入道と馬ノ神山がきれいに見えた。
15
気持ちの良い東尾根の下り。でも強風で雪煙。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い東尾根の下り。でも強風で雪煙。
4
気持ちの良い東尾根の下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い東尾根の下り。
4
第3リフトのリフトトップから下へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3リフトのリフトトップから下へ。
3
スキー場から第3リフト方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場から第3リフト方面。
2
センターハウスに到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センターハウスに到着する。
2
鎌先温泉付近から不忘山方面、屏風岳がきれいに見える。山降りると晴れる?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌先温泉付近から不忘山方面、屏風岳がきれいに見える。山降りると晴れる?
10

感想/記録
by kyen

今週はてんくらでは蔵王南部はCなのだが、冬型の気圧配置がゆるむらしいし、日曜の気圧配置予報が日本付近がほぼ平坦になっているので、悪い天候にはならないだろうと考えていた。確かに標高1500m以下では晴天だったのだが、東尾根の上部は強風で眺望も良くはなかった。やはり、やや低い1500m以下の山にしておけば良かったかな。今回はてんくらが正しかったようだ。今日は東京から友人が来て、久しぶりに2人の山行である。

今日は仙台では早朝から快晴、泉ヶ岳、大東岳はきれいに見えていた。白石に近づくと、不忘山、屏風岳は雲が架かっている。道路、駐車場も雪はなし。スキー場は営業中、9時20分頃に着いたので、スキー客が大部分だが駐車場は200台ほど。今日は第3リフト側から登ってみようと、先ずファミリーリフト、次いで第3リフトでリフトトップまで上がる(リフト1回券2枚700円)。リフトトップのすぐ上から樹林帯に入るが、この時点ではトレースはなし。それ程ではないが、やや潜るのでスノーシューを付ける、友人はワカン。第2リフトからの開けたアザレア平と異なり、こちら側は樹林帯を高みに登っていく。時々ピンクテープを確認しながら、木の間を縫って緩い登りを進む。徐々に尾根がはっきりしてきて、東尾根に近づいていく。途中、スキーの方に抜かれる。不忘山東尾根の1362Pに近づくと登りは急になってくる。尾根に出ると水引入道、馬ノ神岳が見えてくる。屏風岳は雲の中で見えない。尾根は左側が開け、右は潅木帯である。稜線では風が強く、霧氷も発達している。一つ登りつめると、カエル岩が見えるが山頂はまだ見えない。もう一つ登りつめると不忘山山頂が見えてくる。やや細い尾根を辿り稜線に近づくと、かなりの強風である。山頂に着くが、山頂周辺は凍り着き、岩にはエビのしっぽも。

不忘山山頂からの屏風岳方面の眺望は全くなく、雲の中である。これは残念である。強風で、上空は時々青空が見えるし、水引入道や馬ノ神岳は見えている。今日は‐5 ~10℃、風速15mといったところか。少しだけ冬山の気分である。少し休んで、下りに向う。スノーシューのまま下ったが、稜線から東尾根の接続の辺りは、本当はアイゼンの方が良かったと思う。東尾根に入ると、時々強風で雪煙があがるが、幅広い雪面を気持ちよく下る。第3リフトトップからは左のゲレンデの左端を下る。ここのゲレンデはスキーヤーはあまり多くない。そのままセンターハウスに到着。下山の届けをして今日の山行は終了。今日出会った登山者は2名とスキーで下る方4名。今日は、日差しの中の雪山歩き、山頂付近では、冬の厳しさと、短くはあったが、少しだけ冬山の気分を味わった。
訪問者数:398人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/24
投稿数: 747
2017/3/9 0:04
 てんくら
こんばんは〜
平地の天気予報を見て、てんくら見て、天気図の気圧配置を見て・・・
「日本付近がほぼ平坦になっていた」ので、私もそれほどは崩れないのではと予測して、刈田岳を目指しましたが、蔵王のような標高の高い山はやはり難しいですね。

週末になるとまた天気予報とにらめっこ、kyen さんもですか〜〜 (#^.^#)
これからは、残雪の山とお花の里山、どっちに行こうか悩ましい季節ですね。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 224
2017/3/9 12:18
 Re: てんくら
minkさん、コメント有難うございます。
不忘山は前の週の日曜と同じような天候でした。確かに蔵王の上の方は天候の判断が難しいですね。昨年お会いした秋の屏風岳−ろうづめ平も、そんな感じでしたね。紅葉は素晴らしかったですが。
次週は行くことができませんが、天気はいつも気になります。花の山もいいのですが、どちらかと言うと5月まで残雪を追っていますが、今年はどうでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ