また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1078430 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

戦場ヶ原、庵滝(青い氷瀑)ハイキング

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
東武日光駅下車。
東武バスに乗り、37番「赤沼」バス停で下車。

日光フリーパスを購入して利用しました。
(東武沿線に住んでいないので購入するのが少し手間でした。JTBなどで購入しようとすると手数料がかかるということでしたし…)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
19分
合計
5時間10分
S赤沼バス停10:2110:33赤沼分岐10:3511:04戦場ヶ原展望台11:0811:33小田代原BS11:44弓張峠12:53庵滝13:0514:26弓張峠14:36小田代原BS14:3715:05戦場ヶ原展望台15:24赤沼分岐15:29赤沼バス停15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
戦場ヶ原内の夏の遊歩道にそった部分はともかく、その先の沢沿いのコースは、天気によってかなり様相が異なると思います。
この日は、直前に降雪もなく、当日も晴天だったので、明瞭なトレースを追って歩くことができました。沢ぞいの部分もふくめて、ものすごく楽なコースでした。ただし、あくまで天候などによるものです。入山前に十分にご検討ください。

急斜面や難所はとくにありません。
林道は除雪されていて、乾いている部分もありました。車が通行します。ご注意ください。
その他周辺情報日曜日の夕方5時頃、東武日光駅前・駅周辺のレストランでは、すでにCLOSEDのところが多かったです。何軒か営業しているお店からえらんで夕食に入りました。

駅前で購入した「ゆばまんじゅう」というあげまんじゅうが一つ200円ですが、おいしかったです。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
共同装備 ツェルト カメラ ストック ファーストエイドキット GPS
備考 しばらく使っていなかったワカンの金具部分が壊れていました(溶接部分が破断していました→使用せず)。やはり事前にきちんとチェックしてから入らないと怖いですね。

写真

東武日光駅に到着。良い天気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東武日光駅に到着。良い天気です。
赤沼付近は幅広く付けられたトレースを歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼付近は幅広く付けられたトレースを歩きます。
展望台からの景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの景色。
庵滝に到着。うっすらとブルー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庵滝に到着。うっすらとブルー。
1
少しブルーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しブルーです。
1
少しブルーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しブルーです。
1
滝の裏に回るとかなりブルーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の裏に回るとかなりブルーです。
1
こちらも、滝の裏に回るとかなりブルーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも、滝の裏に回るとかなりブルーです。
1
場所はここです。2万5線地図の「庵滝」(1800m付近)よりもかなり下流にあります(同じ沢の違う滝でしょうか…)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所はここです。2万5線地図の「庵滝」(1800m付近)よりもかなり下流にあります(同じ沢の違う滝でしょうか…)。
外山沢を歩いて帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外山沢を歩いて帰ります。
小田代ヶ原を歩いて帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原を歩いて帰ります。
小田代ヶ原付近の林道を歩いて帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原付近の林道を歩いて帰ります。

感想/記録

かねてより行ってみたいと思っていた青い氷瀑に、息子の雪上歩行訓練をかねて行ってきました。とても楽しい雪上ハイキングでした。

自分も仕事が忙しい時期で、息子も高校受験をしていたため、気づけば3ヶ月ぶりくらいの息子との山になりました。

今回の狙いは二つ。
息子に12本爪のアイゼンやワカンの付け方、歩き方、キックステップ、滑落防止姿勢の基本など、雪山を歩くときの基本的なことを自分の知っている範囲で伝えようというのが一つ。
もう一つは、美しい青い氷瀑として有名な庵滝に行くことです。

雪山の歩き方については、息子も、もう高校生になるので、かなり上手に道具を扱っていました(^^)。 道具についても歩き方についても、僕の知識や技術ではかなり危ういことも率直に伝えましたが、今後、彼が本格的に学ぶとき、その時のバックグラウンドとして、少しでも役立てばと思っています。
ただし、高校受験、そしてその後のダラけた生活?で体がなまったのでしょうか。歩くペースについては、ほぼ平らな道なのに、最初はなんだかんだと立ち止まっていました。高校生活、元気に過ごしてもらいたいものです。

低い山ということで、雪の中で野生動物に会うのも楽しみでしたが、行きのバスの窓から猿の親子をみた他は、雪原の足跡もほとんどがホモ・サピエンス。ただ、一箇所でウサギの足跡を見つけることができました。

滝は、写真で見るほど青くなかったのは、時期(すでに春)のせいか、時間(お昼の遅い時間)のせいか、また調べてみたいと思います。それでも、近づいたり、裏面に入って透過する光を見ると、ブルーに輝いていて、とても美しかったです。

息子は春休みの予定があったりして、今回、せっかく雪上訓練をしても、今シーズンにそれを生かすことができるかわかりません。それでも、今回の山自体も楽しんでもらえたのではと思います。

しかし、もう春ですね。暑かったです!Tシャツ一枚になるときもありました。

山でお会いしたみなさん、ありがとうございました。おかげさまで、楽しいハイキングになりました!

この氷瀑には、また行ってみたいです!
訪問者数:335人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ