また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1078870 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

初心者がいける冬山最高の景色と思います 西穂丸山

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
西穂ロープウェイ手前登山者用駐車場はいっぱい

ロープウェイ: 現地で買う往復割引券2,600円よりさらに安い2,300円
https://www.navitime.co.jp/poi/ticket/detail?spt=00020.A2902470&ticketId=0105648
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
1時間23分
合計
3時間53分
S西穂高口(千石平)12:2413:36旧ボッカ道分岐14:25西穂山荘15:1615:28西穂丸山15:3915:54西穂山荘16:1516:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂山荘まで、通る人が多いので踏みあと多数。西穂山荘近くの斜面は、雪崩注意したほうが良いと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

ほんとにここはどこ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとにここはどこ?
1
小屋前のゆきだるまくん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前のゆきだるまくん
風の強いところは岩がむきだし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の強いところは岩がむきだし
インパクトあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インパクトあります
広々して歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々して歩きやすい
すごい雪山にも見える(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい雪山にも見える(笑)
ロープウェイ織場展望台にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ織場展望台にて
1
西穂山荘前テン場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘前テン場
1
西穂かっこいい!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂かっこいい!!
1
小屋に通じる雪洞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に通じる雪洞

感想/記録

「直前の天候で行く場所を決める」

一応行先の候補は決めておきますが、やはり天候次第。安全確保と眺望に期待したいので、行先はお任せにさせてもらい、初心者雪山に行ってきました。

3月の頭、冬型が緩んでくる日も多くなるので、北アルプスエリアに期待しました。白馬八方池付近もきれいと思いますが、八方池山荘標高1850Mに対し西穂山荘は2380M。西穂山荘なら、穂高連峰はもちろん、乗鞍、焼岳、笠ヶ岳、白山など見渡せます。
一方で八ヶ岳エリアは晴天率が高いので、西穂がだめならこちらにしようと。

で、この週末。前後は天気がよくない一方で、この土日だけ天候がよさそうで、等高線も冬型が緩んで間隔が広い。風はちょっとありますが絶好の登山日和になりそうで、西穂で大丈夫そう!期待に胸が膨らみます!

朝6時に新宿集合。ロープウェイ乗り場に11:30前に到着。
一般観光客もいますが、それほど混んではいませんでした。ロープウェイ乗り継いで、一気に標高2000M越え。数分で終点へ。展望台がありますが、ここだけでもかなりの絶景を望むことができます。

そこから山歩き。軽アイゼンで十分ですが、独標など上のほうへ行くと思われる人は前爪のついたアイゼンをはいている人も多く見かけます。また、逆に小屋まではアイゼンなしの人もみかけます(慣れている人は、大丈夫なのでしょう)。
森林地帯を経て、途中で昼食休憩。西穂の絶景が望める場所があります。

アップダウンを経て、最後は急斜面になります。森林地帯でも、この斜度であれば雪崩には十分注意する必要があると思います。斜面を登ると、小屋が見えてきます。
ここまでは風はほとんどありません。

この先、丸山までは軽アイゼンとストックで行けます。ただし、風には注意です。この日も、晴天ですが風はあり、小屋の前をちょっと登ると強い風にさらされます。肌の露出している部分は凍傷になりますので、なるべくバラクラバ(目出帽)がおすすめです。

それにしても絶景。
小屋から30分もかからず、滑落する心配もほとんどなく、乗鞍、焼岳、白山、笠ヶ岳、霞沢岳などが見渡せます。
冬山初心者が、軽アイゼンとストックで行ける山の中で、1,2を争う景色かと思います。
訪問者数:386人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ