また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1079143 全員に公開 山滑走栗駒・早池峰

栗駒山 暴風と春の陽気を満喫?

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴。イワカガミより上は地吹雪暴風。沢沿いは微風で春の陽気。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いこいの村跡地の駐車場を利用(20台位は停められるがこの日は満車になっていた)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
37分
合計
4時間44分
Sいこいの村跡地06:5907:44いわかがみ平07:4609:25栗駒山09:2809:53東栗駒分岐10:15東栗駒山10:29偽ピーク?付近10:49新湯沢合流点(ランチ)11:2111:43いこいの村跡地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・イワカガミからの冬季限定コースは、新湯沢の埋まり具合がイマイチだが問題
 なく歩ける状況です。
・沢沿いは所々沢が開いてる箇所があるので、十二分に安全確認しながら滑走の
 こと。
・東栗駒稜線はコース中一番の暴風地帯です。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

朝日を眺めながら出発準備。良い天気だ。
2017年03月05日 07:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を眺めながら出発準備。良い天気だ。
4
抜けるような青空だが、山頂方面は何やら怪しい雰囲気・・・
2017年03月05日 07:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けるような青空だが、山頂方面は何やら怪しい雰囲気・・・
4
通行止めのゲートの埋まり具合はこんな感じ。結構埋まったな。
2017年03月05日 07:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めのゲートの埋まり具合はこんな感じ。結構埋まったな。
1
たぶん、雪だるま。誰が作ったんでしょうね?
2017年03月05日 07:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん、雪だるま。誰が作ったんでしょうね?
2
かな〜り荒れてますな。
2017年03月05日 07:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かな〜り荒れてますな。
6
冬季は避難し辛い避難小屋。
2017年03月05日 07:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季は避難し辛い避難小屋。
3
冬季限定コースから。新湯沢下部はどんな感じだったんでしょう。
2017年03月05日 07:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季限定コースから。新湯沢下部はどんな感じだったんでしょう。
1
絶賛地吹雪中!ピンボケ写真じゃないよ。
2017年03月05日 08:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶賛地吹雪中!ピンボケ写真じゃないよ。
6
船形とか泉ヶ岳とか。あっちは山頂も見えてるね。
2017年03月05日 08:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船形とか泉ヶ岳とか。あっちは山頂も見えてるね。
4
東栗駒方面。帰りはあの裏側にドロップ。
2017年03月05日 08:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東栗駒方面。帰りはあの裏側にドロップ。
2
顔が痛いのでバラクラバ装着。この頃までは山頂も見え隠れしてたのですが。
2017年03月05日 08:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔が痛いのでバラクラバ装着。この頃までは山頂も見え隠れしてたのですが。
4
やっと山頂。ガスって景色は何も見えなかった(涙)。
2017年03月05日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山頂。ガスって景色は何も見えなかった(涙)。
6
祠の裏側。
2017年03月05日 09:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の裏側。
11
強風の証。
2017年03月05日 09:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の証。
8
視界悪いのでテクテク歩いて下る。
2017年03月05日 09:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界悪いのでテクテク歩いて下る。
4
新湯沢源頭。
2017年03月05日 09:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新湯沢源頭。
3
山頂方面。晴れねーなぁ。
2017年03月05日 09:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面。晴れねーなぁ。
5
ドゾウにするか東栗駒にするか迷ったが、今日は素直に東栗駒方面へ。
2017年03月05日 09:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドゾウにするか東栗駒にするか迷ったが、今日は素直に東栗駒方面へ。
6
所々こんな感じでシールが全く噛まなかった。
2017年03月05日 09:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々こんな感じでシールが全く噛まなかった。
4
東栗駒への登りも輝いていた(こちらはフィルムクラスト)。
2017年03月05日 10:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東栗駒への登りも輝いていた(こちらはフィルムクラスト)。
6
暴風の稜線を越えて、なんとか東栗駒南東斜面へ。中腹に団体様がいてびっくりだった。
2017年03月05日 10:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風の稜線を越えて、なんとか東栗駒南東斜面へ。中腹に団体様がいてびっくりだった。
2
P1167南の崖マークの辺り。雪庇が気になる箇所です。
2017年03月05日 10:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1167南の崖マークの辺り。雪庇が気になる箇所です。
4
滑ってきたコース(標高1070m付近。たぶん)。
2017年03月05日 10:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってきたコース(標高1070m付近。たぶん)。
4
以降、沢が開いてる所が数箇所。
2017年03月05日 10:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以降、沢が開いてる所が数箇所。
新湯沢の大岩の所に合流。この辺はポカポカ陽気だったので・・・
2017年03月05日 10:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新湯沢の大岩の所に合流。この辺はポカポカ陽気だったので・・・
ちょっと早めのランチにしました。
2017年03月05日 10:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと早めのランチにしました。
5
駐車場到着。朝はガラガラだったんだけど・・
2017年03月05日 11:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。朝はガラガラだったんだけど・・
思ったより早く下山できたので、ゲレンデ側で雪板練習もしてみました。
2017年03月05日 12:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより早く下山できたので、ゲレンデ側で雪板練習もしてみました。
4
撮影機材:

感想/記録
by syasyu

仕事でバタバタしてたらいつの間にやら1ヶ月も経ってたとは。
これはいかんということで、久々の栗駒に足慣らしに行ってきました。
暴風にもめげず山頂の祠にお参りし、東栗駒周りで南東斜面取り付きへ。
ちょうど直登してきたmommutさん御一行と暫し会話の後、斜面へドロップ。
斜面はカリカリのハードパックでしたが、綺麗なフラットバーンで結構滑り易
かったです。
下部はべた雪で大変でしたが新湯沢合流点まではあっという間でした。
尾根沿いと違い谷間は風もなく日差しもあってポカポカ陽気の別世界みたいで、
スキーをベンチにここでのんびりランチタイム。
昼寝したくなる程でしたが、我慢して駐車場へと帰還しました。
もう、パウダーシーズンも終わりかなぁ。
訪問者数:475人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ