また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1079213 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国

広島南アルプス縦走

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR大町駅下車、駅から登山口まで約15分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
1時間50分
合計
9時間38分
Sスタート地点07:4708:02大町登山口08:0308:35カガラ山08:3908:48目薬峠08:52憩いの森登山口への分岐09:24武田山09:3310:04水越峠10:30火山10:4010:55伴峠11:07権現峠11:1011:21石山11:2511:37大塚峠11:47丸山11:5312:13畑峠12:1812:36大茶臼山12:3812:43展望岩(立石城跡)13:2113:46己斐峠13:4714:20柚木城山14:2215:42鬼ヶ城山15:4515:47八畳岩15:52鬼ヶ城山15:5715:58八畳岩16:07道行地蔵16:1216:37鈴ヶ峰東峰(展望広場)16:4617:06鈴ヶ峰井口登山口17:0917:25JR新井口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は整備されており危険個所はありません。
また、縦走路の大半は樹木の陰で日差しを凌げる。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
共同装備 カラビナ 細引き10M×2

写真

JR大町駅で下車し、市街地を15分位歩くと武田山大町コースの登山口にたどり着く。
20Km余のロングトレイルの始まりである。
2017年03月04日 08:03撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR大町駅で下車し、市街地を15分位歩くと武田山大町コースの登山口にたどり着く。
20Km余のロングトレイルの始まりである。
敷き詰められた落ち葉が積もる登山道を軽やかに登り始める。
2017年03月04日 08:14撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敷き詰められた落ち葉が積もる登山道を軽やかに登り始める。
縦走路から少し外れとところにある第一峰のカガラ山に到着、眺望は抜群。
2017年03月04日 08:35撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から少し外れとところにある第一峰のカガラ山に到着、眺望は抜群。
カガラ山から見た青空に映える第2峰の武田山。
2017年03月04日 08:35撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カガラ山から見た青空に映える第2峰の武田山。
北方面には安佐南区の団地が見える。
2017年03月04日 08:36撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面には安佐南区の団地が見える。
急坂の杉林の中を一路武田山へと進む。
2017年03月04日 08:52撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の杉林の中を一路武田山へと進む。
尾根に辿りつくと、中世の時代の見晴し台跡があり、
眼下の太田川流域が見渡せる。
2017年03月04日 09:19撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に辿りつくと、中世の時代の見晴し台跡があり、
眼下の太田川流域が見渡せる。
武田山頂上からの眺望。
2017年03月04日 09:24撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武田山頂上からの眺望。
北方面には雪を被った西中国山地の山が見える。
山名は?
2017年03月04日 10:33撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面には雪を被った西中国山地の山が見える。
山名は?
1
第3峰火山からの眺望
2017年03月04日 10:41撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3峰火山からの眺望
火山を下った権現峠には神社があり、登山の安全と完走を祈念する。
2017年03月04日 11:08撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山を下った権現峠には神社があり、登山の安全と完走を祈念する。
430mピーク、岩上に立つ登山者のシルエットが美しい。
2017年03月04日 11:20撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
430mピーク、岩上に立つ登山者のシルエットが美しい。
落葉樹は春を迎え、新芽が膨らみつつある。
2017年03月04日 11:42撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉樹は春を迎え、新芽が膨らみつつある。
第4峰丸山からは、なだらかな平たん路が続く。
2017年03月04日 12:11撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4峰丸山からは、なだらかな平たん路が続く。
第5峰大茶臼山の三角点、この地点が縦走路のほぼ中間地点。
2017年03月04日 12:33撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5峰大茶臼山の三角点、この地点が縦走路のほぼ中間地点。
大茶臼山の岩場から瀬戸内の風景を見ながら昼食タイム
40分の休憩。
2017年03月04日 13:10撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大茶臼山の岩場から瀬戸内の風景を見ながら昼食タイム
40分の休憩。
西方面の山並みの全面には大規模な造成地が見える。
2017年03月04日 13:11撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方面の山並みの全面には大規模な造成地が見える。
広島市街地と似島
2017年03月04日 13:11撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広島市街地と似島
大茶臼山から己斐峠に下り、再び登り始める。
次に目指すピークは柚木城山だ。
2017年03月04日 13:50撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大茶臼山から己斐峠に下り、再び登り始める。
次に目指すピークは柚木城山だ。
第6峰袖木城山山頂、残すは後2峰、
何とか完走できそうである。
2017年03月04日 14:17撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6峰袖木城山山頂、残すは後2峰、
何とか完走できそうである。
田方に向かう長くて急な階段を下り終えて、竹林の中を一路鬼ケ城山へ
2017年03月04日 15:23撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田方に向かう長くて急な階段を下り終えて、竹林の中を一路鬼ケ城山へ
第7峰鬼ケ城山
2017年03月04日 15:55撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第7峰鬼ケ城山
第8峰鈴ケ峰山頂
2017年03月04日 16:37撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第8峰鈴ケ峰山頂
鈴ケ峰山頂からの眺望は、縦走し終えた達成感からか一段と海に映える島々の美しさを感じる。
2017年03月04日 16:42撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ケ峰山頂からの眺望は、縦走し終えた達成感からか一段と海に映える島々の美しさを感じる。
撮影機材:

感想/記録
by waka3

参加者の大半は65歳以上、歩行距離21Km、行動時間9時間30分の縦走路完走を目指して今回の山行に挑む。
早春の山歩きは気温が6℃〜12℃、コースの大半は木陰に覆われて汗もあまりかかず快適な環境で歩くことが出来た。
しかし、アップダウンを7回以上繰り返すため、最後のピーク鈴ケ峰への上りは高度差わずか約120mながらきつく感じた。
訪問者数:1934人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

三角点 山行 ロング 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ