また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1080338 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

厳冬期 西穂高岳

日程 2017年03月03日(金) 〜 2017年03月05日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候3/3 晴れ 3/4 晴れ 3/5 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
松本までJR
松本からバスで新穂高温泉 13:20着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間15分
休憩
44分
合計
6時間59分
S西穂山荘06:4307:00西穂丸山07:0107:50西穂独標07:5208:55ピラミッドピーク08:5709:10チャンピオンピーク4峰09:1110:03西穂高岳10:2411:28チャンピオンピーク4峰11:3111:51ピラミッドピーク11:5312:20西穂独標12:53高登山12:5613:16西穂丸山13:1713:33西穂山荘13:4113:42ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪面は適度にクラストしていてアイゼンの効きは良好
10峰は飛騨側の岩稜を巻いて進むためアイゼンの引っ掛けに注意した。主峰直下の雪壁は直登で進む。下りはクライムダウンで下降
その他周辺情報下山後はひらゆの森(\500)で疲れをとり登頂の余韻に浸りました
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

テント設営後にちょうど夕焼を見る事ができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営後にちょうど夕焼を見る事ができました
2
時より北西の風が吹くもののこの山としては穏やかな方
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時より北西の風が吹くもののこの山としては穏やかな方
2
丸山手前付近から水平線から既に顔を出した太陽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山手前付近から水平線から既に顔を出した太陽
1
独標基部から。
快晴の青空が独標をより際立たせてます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標基部から。
快晴の青空が独標をより際立たせてます!
独標から西穂ー奥穂稜線を臨む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標から西穂ー奥穂稜線を臨む
5
独標でとりあえず記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標でとりあえず記念撮影
2
10峰を9峰から撮影。向かって右側の岩をトラバースして通過。個人適度には独標から8峰までが比較出来てないにややこしい箇所だと思っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10峰を9峰から撮影。向かって右側の岩をトラバースして通過。個人適度には独標から8峰までが比較出来てないにややこしい箇所だと思っています。
4峰から先の飛騨側トラバース部。まだこの写真は日が当たっているので歩きやすい。日陰部分は凍っている箇所もあり状況によっては緊張感を持って歩く箇所ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4峰から先の飛騨側トラバース部。まだこの写真は日が当たっているので歩きやすい。日陰部分は凍っている箇所もあり状況によっては緊張感を持って歩く箇所ですね
1
主峰直下の雪壁からこれまでの道のりを撮影。歩いてきたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主峰直下の雪壁からこれまでの道のりを撮影。歩いてきたね
3
8峰についてここでも記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8峰についてここでも記念撮影
1
西穂高岳登頂しました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳登頂しました!
2
2人で記念撮影! よく歩いてきたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人で記念撮影! よく歩いてきたね
4
独標の登りで格闘してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標の登りで格闘してます
3
帰りのルート。結構あるね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのルート。結構あるね
8峰からの下り。この直後にすぐ後ろの2人パーティの1人が飛騨側に滑落。自分たちが何事もなく通過できた場所で突然事故が起きました。
直ぐに連絡を入れ、下山後に滑落された方が無事であったことを聞きホッとしました。事故が起きた直後は少し動揺があったので、無理をせずに休憩を取り体制を整えてからの下山とし安全に降りることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8峰からの下り。この直後にすぐ後ろの2人パーティの1人が飛騨側に滑落。自分たちが何事もなく通過できた場所で突然事故が起きました。
直ぐに連絡を入れ、下山後に滑落された方が無事であったことを聞きホッとしました。事故が起きた直後は少し動揺があったので、無理をせずに休憩を取り体制を整えてからの下山とし安全に降りることができました。
2
我が家が立つテント場まで帰ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家が立つテント場まで帰ってきました
2
登頂した西穂高岳を下山後に撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂した西穂高岳を下山後に撮影
1
翌日、朝日を浴びて佇む西穂雪だるま君
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、朝日を浴びて佇む西穂雪だるま君
西穂高口付近から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高口付近から

感想/記録
by grivel

10峰の飛騨側岩稜トラバースが初めての経験で少し戸惑ったものの落ちついて通過する事ができました。過去何回か訪れていますが冬季は同じ状況が二度とないことを改めて感じました。
訪問者数:409人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン テント 滑落 テン 直登 設営
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ