また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1080448 全員に公開 山滑走北海道

狩勝山とその向かいの806峰

日程 2017年03月10日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ、のち小雪。5〜10センチの粉雪積雪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
23分
合計
4時間34分
S駐車場07:2908:12711ポコ09:16狩勝山09:2909:38711ポコ09:4009:48駐車場09:5512:02駐車場12:0312:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.狩勝山南東斜面と東斜面は全層雪崩。北東部のCo860付近の斜面はOK
2.816峰はエゾジカ多数、糞尿多数
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

今シーズン3回目の狩勝山。前2回は中腹の斜面を何度も登り返し、妻の山スキー特訓を行なったため登頂せず。今日はてっぺんまで行きたい。もうパウダー無いかなと思ってたら5〜10センチ積もってて感激です。
2017年03月10日 07:55撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン3回目の狩勝山。前2回は中腹の斜面を何度も登り返し、妻の山スキー特訓を行なったため登頂せず。今日はてっぺんまで行きたい。もうパウダー無いかなと思ってたら5〜10センチ積もってて感激です。
1
頂上近し。微風です。雪庇の上が思いの外歩きやすくて感激。東斜面が雪崩れていたので帰りも雪庇滑りにします。
2017年03月10日 09:01撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近し。微風です。雪庇の上が思いの外歩きやすくて感激。東斜面が雪崩れていたので帰りも雪庇滑りにします。
1
816峰のオープン斜面行って見たい。南向きでもう雪腐ってるかなあ?雪崩の危険もあるなあ。来シーズンにするかな。
2017年03月10日 09:02撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
816峰のオープン斜面行って見たい。南向きでもう雪腐ってるかなあ?雪崩の危険もあるなあ。来シーズンにするかな。
1
南東斜面、エゲツなく雪崩れてます。もう賞味期限切れですね。
2017年03月10日 09:23撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東斜面、エゲツなく雪崩れてます。もう賞味期限切れですね。
1
あっという間に下山しちゃったので、もう一度、渡渉できる所を探しに出たら見つけちゃいまして、ちょっとそこまでと登っていたら頂上直下まで来てしまいました。大勢のエゾジカが、慌てたのか大量のうんこシッコを散乱させて逃げて行きました。上手に避けて登ろうとしたら、まさかの転倒onto the things.結構臭いです。斜面はですね、圧雪ゲレンデです。
2017年03月10日 10:55撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に下山しちゃったので、もう一度、渡渉できる所を探しに出たら見つけちゃいまして、ちょっとそこまでと登っていたら頂上直下まで来てしまいました。大勢のエゾジカが、慌てたのか大量のうんこシッコを散乱させて逃げて行きました。上手に避けて登ろうとしたら、まさかの転倒onto the things.結構臭いです。斜面はですね、圧雪ゲレンデです。
1
こっちから見た狩勝山。日勝ピークと労山熊見山の関係に似ている。
2017年03月10日 10:55撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちから見た狩勝山。日勝ピークと労山熊見山の関係に似ている。
2
登ってきた方、滑る予定の斜面
2017年03月10日 10:56撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた方、滑る予定の斜面
1
頂上から東隣の南向き斜面を見たら目移り
2017年03月10日 11:16撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から東隣の南向き斜面を見たら目移り
2
ここから突入!なんか妙に波打ってるなと思ったら全層の亀裂が隠れてました。立ったら下は地面でした。急いで腰の深さの溝から脱出し、当初予定していた斜面にトラバース。ここは来シーズン早いうちに、狩勝山とセットで。
2017年03月10日 11:17撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから突入!なんか妙に波打ってるなと思ったら全層の亀裂が隠れてました。立ったら下は地面でした。急いで腰の深さの溝から脱出し、当初予定していた斜面にトラバース。ここは来シーズン早いうちに、狩勝山とセットで。
1
山頂は広く平坦
2017年03月10日 11:19撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広く平坦
1
渡渉点。ちょっと水量増えてもう板はいたままは無理。
2017年03月10日 11:47撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点。ちょっと水量増えてもう板はいたままは無理。
1
もう春ですね。
2017年03月10日 11:54撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう春ですね。
2

感想/記録
by YaKa

本日の失敗:デジカメを忘れた。iPad miniしかない。ザックに入れる。下ろすのが面倒。あまり写真撮れず。ズームもボケボケ。

狩勝山登山口の北側にある816峰の南向きオープン斜面が気になっていた。渡渉点が見つからなかったら狩勝山にしようと思って家を出た。駐車場にはいい雪が数センチ積もっている。今日は狩勝山もいいかもしれない。まず渡渉点探索に出かけた。川沿いに歩いて見たが、水量も多く、スノーブリッジは見当たらなかった。

狩勝山にはいい新雪パウダーが5〜10センチ積もっていた。帰りのツリーランも楽しめそうだ。Co860あたりから東斜面に入り斜面の状態を観察しながら登った。一番北寄りのオープンはかすかにシュプール残っている。雪崩の痕跡なし。トラバース中も特に危険を感ぜず。写真は撮れなかったが、その次の東斜面はガッツリ全層。笹が露出。おっとこいつはいけねえ、と尾根に戻る。

雪庇上を歩くか雪庇下を歩くか迷ったが、雪庇上の凸凹が少なく見えたので雪庇上へ。これが正解。シュカブラも柔らかく、下りで引っかかることもなさそう。

一年ぶりの登頂を果たすと、南東斜面の惨状が目に飛び込んできた。こりゃもう尾根滑って帰るしか道は無い。

雪が下山時までパウダーでいてくれたおかげで、あっという間に下山。このまま帰宅するのもなんなので再度渡渉点探しの旅へ。妻には平地を歩くだけと電話。今度は下流方向へ。

見つけちゃった。行くしか無いでしょ。オープン斜面下に続く尾根へのSB探しに時間がかかったけどなんとか念願の斜面に到達。下部の木々の間隔も広い。来シーズンは厳冬期に来よう。雪質はゲレンデ圧雪バーン、モナカになりそうな気配はない。そんなこんなでテラス状の場所に到着。エゾジカの大群が慌てふためいて大移動。頂上直下の急登、せっかくだから行ってみる。散乱するうんこシッコを避けて歩こうとしたらバランスを崩してまさかの転倒。シールにもウェアにも。

頂上は平坦で広く眺めもいい。隣の斜面が気になってちょっと見に行ったら完全に目移り。すぐに滑走準備に入る。が、こっち側の雪は腐り始めていた。おまけに全層の溝が雪で隠されていて停止した途端落ち込んだ。スキーを外して立ったら下は地面で深さは腰の高さだった。急いでスキーをはいて元の斜面にトラバースした。

登ったオープン斜面はゲレンデそのもので快適だった。シュプール残らないので写真も撮らず渡渉点まで直行。あ、途中で、スキーを外して、シールとウェアのお掃除。

渡渉点、水量増えてブリッジ一部流出。板担いでブーツで飛びました。
もう春の小川ですね。
まだ行けてないとこ沢山ありますけど。
これからは春スキーモードですね。
訪問者数:394人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ