また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1082694 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山・もみじ谷より狼尾根へのバリルートを探索

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
55分
合計
4時間45分
S水越峠09:4410:08金剛の水10:13カヤンボ11:23大日岳11:2711:37山頂広場12:2712:39大日岳12:51六道の辻13:06太尾塞跡14:23水越峠バス停14:2414:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

9:41 水越峠ゲート前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:41 水越峠ゲート前。
2
快晴! 飛行機が飛ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴! 飛行機が飛ぶ。
3
10:13 もみじ谷入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13 もみじ谷入口。
2
谷に入ってすぐの川に降りるところ、
下りやすい道ができています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に入ってすぐの川に降りるところ、
下りやすい道ができています。
1
第二堰堤を過ぎるとすぐに、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二堰堤を過ぎるとすぐに、
2
狼尾根へのルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼尾根へのルート。
1
そのままもみじ谷を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのままもみじ谷を進みます。
2
第四堰堤を越えると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四堰堤を越えると、
2
10:42 今日はここから狼尾根に向けて
バリルート探索。
ド派手なマーキング。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42 今日はここから狼尾根に向けて
バリルート探索。
ド派手なマーキング。
3
落ち葉の滑りやすい急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の滑りやすい急登。
1
自然林の多い道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林の多い道です。
2
かなりの急斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急斜面です。
2
尾根筋をたどる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋をたどる。
2
狼尾根へ行けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼尾根へ行けます。
1
湧出岳の山頂が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧出岳の山頂が見えます。
2
11:11 狼尾根、狼谷道の出会いに合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:11 狼尾根、狼谷道の出会いに合流。
1
ここからは何度か歩いた道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは何度か歩いた道。
1
ここから少し行った所で右に折れてみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少し行った所で右に折れてみる。
2
「史跡 金剛山」
こんなところにも石柱が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「史跡 金剛山」
こんなところにも石柱が。
2
11:27 太尾道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:27 太尾道に合流。
2
11:36 山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:36 山頂に到着。
3
ぽかぽか陽気の下、ここでお昼ごはん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽかぽか陽気の下、ここでお昼ごはん。
5
太尾道を下りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太尾道を下りる。
1
この地図に県境尾根道が破線で
加筆されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地図に県境尾根道が破線で
加筆されています。
2
13:42 太尾西、東道分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:42 太尾西、東道分岐点。
2
ここを直進してバリルートへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを直進してバリルートへ。
1
急な尾根道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な尾根道です。
1
かなりの激下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの激下り。
1
14:13 本来の東太尾道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:13 本来の東太尾道に合流。
2
振り返ったところ。
向かって右の尾根筋を下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。
向かって右の尾根筋を下りてきました。
1
さわんど茶屋に立ち寄る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわんど茶屋に立ち寄る。
3
豚まん、
皮も手作りだそうです。旨し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豚まん、
皮も手作りだそうです。旨し!
3
あきの大好物、から揚げ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あきの大好物、から揚げ。
5

感想/記録

ぽかぽか陽気のもと、久しぶりにもみじ谷へ。
目的は以前kamaさんに教えてもらった第四堰堤からのバリルート
探索。もみじ谷に入ってびっくり、まず川に降りる道ができている。
さらに進むと、斜面を削って新しい歩きやすい道。
もみじ谷もますます一般登山道化。
ひっそりとした秘境のままで保ってほしいところ。
第四堰堤から目的のバリルートへ。
入口にはド派手なマーキング。こんな目印で経験の浅いハイカーを
誘い込むのはどうかと思う。登り口あたりは落ち葉の激斜面。
ジグザグに進む。つかまる所があまりないので歩きにくい、
危険ルート。テープはあちこちに多数、でもこんな獣道、テープがないと
進めない人は入山すべきでない。道の大半は自然林の道。
やがて狼尾根と狼谷の合流地点に到着した。振り返ると
私達が歩いてきた道にはおびただしいテープ。この道が正規ルートの
ように見える。歩き慣れない人がこのテープをたどって下山方向に
進んでしまうとかなり危険。
山頂に到着後国見広場へ。ぽかぽか陽気、たくさんの人。
暖かい日差しの下でお昼ご飯。帰りは太尾東道で。
ここでも途中でバリルートに進む。尾根筋を直下降する急斜面。
やがて元の東太尾道に合流した。
時間に余裕があったので久しぶりにさわんど茶屋に立ち寄る。
手作りのぶた饅を勧められて食べてみる。旨い!
皮も手作りとのこと。
店を出ると、okenchi夫妻に遭遇、一年ぶり。
明日はあきの卒業式、今後の進路についていろいろと話を伺う。
ありがとうございました、また宜しくお願いします。
登りも下りも初ルートを含んだ充実した登山だった。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 倒木 堰堤 簡易標識
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ