また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083836 全員に公開 山滑走甲信越

火打山敗退 笹倉温泉から影火打下まで

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹倉温泉第2駐車場へ駐車 帰りはもちろん温泉入浴で
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間22分
休憩
25分
合計
8時間47分
S笹倉温泉06:1707:19第二ゲート07:2008:54焼山登山道入口08:5609:11展望台09:42賽の河原110:01賽の河原210:551650m12:59影火打下13:2115:04笹倉温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報温泉は笹倉温泉へ
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

最初の林道を登りきって回り込んだところ。焼山が見えてきた。その右は高松大と昼闇山
2017年03月12日 07:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の林道を登りきって回り込んだところ。焼山が見えてきた。その右は高松大と昼闇山
1
焼山アップ
2017年03月12日 07:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山アップ
2
高松山アップ 雪庇が凶悪 左尾根はBCコースコースらしいし、右尾根から谷筋を滑ってくるコースもあるらしい
2017年03月12日 07:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山アップ 雪庇が凶悪 左尾根はBCコースコースらしいし、右尾根から谷筋を滑ってくるコースもあるらしい
2
烏帽子岳
2017年03月12日 07:28撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳
2
アマナ平ら だだっ広い
2017年03月12日 08:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマナ平ら だだっ広い
高松山への稜線に行くなら右から渡河して尾根へ。まっすぐ北面台地に行くならコルの左手へ向かう。何を思ったか左の林道に向かい1150mを大きく巻くことに…(汗
2017年03月12日 08:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山への稜線に行くなら右から渡河して尾根へ。まっすぐ北面台地に行くならコルの左手へ向かう。何を思ったか左の林道に向かい1150mを大きく巻くことに…(汗
振り返るアマナ平ら
2017年03月12日 08:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るアマナ平ら
1150mを回り込んで次の小さなピークを超えたらそこは北面台地
煙をはく焼山
2017年03月12日 09:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1150mを回り込んで次の小さなピークを超えたらそこは北面台地
煙をはく焼山
2
左に火打
2017年03月12日 09:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に火打
2
もうすぐ賽の河原
2017年03月12日 09:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ賽の河原
2
トレースを追う
2017年03月12日 09:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを追う
思ってたよりも深い 帰りに一部ツボってみたが、膝上までハマる
2017年03月12日 09:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ってたよりも深い 帰りに一部ツボってみたが、膝上までハマる
1
ぎんぎんぎらぎらです
2017年03月12日 09:53撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎんぎんぎらぎらです
1
二つ目の賽の河原 ここは末端を巻いたほうが楽だったかも(帰りは斜度がなくなって手漕ぎが増えるかもしれないが)
2017年03月12日 09:53撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の賽の河原 ここは末端を巻いたほうが楽だったかも(帰りは斜度がなくなって手漕ぎが増えるかもしれないが)
まあまあ深い
2017年03月12日 10:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあ深い
2
2つめと3つめの間を焼山方面の方に進む
2017年03月12日 10:43撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つめと3つめの間を焼山方面の方に進む
1
振り返ると日本海まで見える
2017年03月12日 10:43撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると日本海まで見える
1
1850mくらい 小さな尾根を乗り越したところ
この辺りから風が冷たくなり雪質もdry
2017年03月12日 12:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1850mくらい 小さな尾根を乗り越したところ
この辺りから風が冷たくなり雪質もdry
2
焼山と目線が同じくらい
2017年03月12日 12:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山と目線が同じくらい
4
1950m 影火打が見えてくる
2017年03月12日 12:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1950m 影火打が見えてくる
1
振り返ると絶景
2017年03月12日 12:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景
3
本日の終了地点から眺めた火打山 あと水平で700m 垂直で200mなのだが…
2017年03月12日 13:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の終了地点から眺めた火打山 あと水平で700m 垂直で200mなのだが…
2
放山方面 柏崎原子力発電所らしきものが見える
2017年03月12日 13:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山方面 柏崎原子力発電所らしきものが見える
1

感想/記録

スタートが遅くなった。トレースがあってラッセルほとんどしていないにも関わらずほとんど足が売り切れた。やっとたどり着いた影火打下の平坦地。先行者もドロップしてしまい後ろにも前にも誰もいない状況で一人。好天で雪が緩んで危なくなってきた。しかもシールとクトーでも効きが悪くなってきた。雪庇近くに雪割れがある部分の近くを通り火打へのコルに向かう必要があった。
などなどいろんな言い訳が出来るのだが、なぜ1時間以内でたどり着くだろうすぐそこのピークまで行かなかったのか…
絶景を見ることができたのは幸せでしたが、記録を書きながら自分の心の弱さにとにかく残念でした。とはいえほとんど全ての行程をトレースに頼ったので、先行者に連れて行ってもらったようなもんです。出来過ぎだったのです。まだまだ修行が足りんのです。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/11
投稿数: 6
2017/3/13 18:27
 お疲れ様でした。
ブログも拝見。単独行の不安な気持ち、ひしひしと伝わってきました。私も単独が多いのでよく分かります。このルートは20年ほど前の五月連休に行きました。ザラメで終始快適でしたが、影火打ちへの急斜面のクラックはやはり不気味でした。
北面台地、ホントに日本の宝ですね。
登録日: 2013/10/18
投稿数: 178
2017/3/13 21:09
 Re: お疲れ様でした。
コメントありがとうございます。
北面大地は本当に素晴らしい眺めでした。
あそこにテントを張って、その辺の斜面で適当に登っては滑るなんてことしたら社会復帰できなくなりそうです。
ただ好天とトレースに呼ばれて実力以上のところに行き過ぎた感です。
Okamasaさんのように40年近くになろうかという経験を得るには自分には時間がなさ過ぎるのですが…
ともあれまた来年や再来年にでも訪れてみたいと思います。
違った心の景色が見れるかもしれません。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪庇 コル 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ