また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1084567 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京の北西ローカルな山旅。氷室の里から道風神社へ

日程 2017年03月14日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京都市役所前から西加茂車庫
帰り 上堀川から京都市役所前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
10分
合計
6時間25分
Sスタート地点08:3110:32氷室神社10:3511:12道風神社11:1511:56P51811:5712:21P56512:2213:14P49913:1513:48元峠茶屋14:24圓成寺14:38招善寺14:3914:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全行程で特に危険ヶ所は無かった。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

今日も西加茂車庫から出発する。久し振りに氷室の里へ行ってみる事にする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も西加茂車庫から出発する。久し振りに氷室の里へ行ってみる事にする。
盗人谷という何か謂われのありそうな名前の谷を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盗人谷という何か謂われのありそうな名前の谷を渡る。
あれれ、以前は奧の一本だけだった倒木が二本になっていた。これだけの大木だと誰も片付けてくれないか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ、以前は奧の一本だけだった倒木が二本になっていた。これだけの大木だと誰も片付けてくれないか。
今日は北山59の谷を渡った先から通常ルートを離れ尾根道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は北山59の谷を渡った先から通常ルートを離れ尾根道に入る。
ここを左に折れ尾根道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に折れ尾根道へ。
瘠せ尾根の尾根道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瘠せ尾根の尾根道を行く。
傾斜も緩み道も広くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜も緩み道も広くなってきた。
小峠が近くなると道も広くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠が近くなると道も広くなる。
小峠。ここから氷室に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠。ここから氷室に向かう。
ここも十三石山への分岐となっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも十三石山への分岐となっている。
氷室の集落に出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室の集落に出てきた。
ここから氷室跡へ行く予定だが一先ず氷室神社へも寄ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから氷室跡へ行く予定だが一先ず氷室神社へも寄ってみる。
神社の鳥居の外から振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の鳥居の外から振り返る。
1
道路沿いの説明板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路沿いの説明板。
北山65から案内標識に沿って氷室跡へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北山65から案内標識に沿って氷室跡へ向かう。
この僅かな窪みが氷室跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この僅かな窪みが氷室跡。
一番上の氷室跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番上の氷室跡。
氷室跡から降り、谷沿いを西に向かうとネットがある。此処を開けて先に進む。ここから道風神社までは今日、初めて辿るルートである。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室跡から降り、谷沿いを西に向かうとネットがある。此処を開けて先に進む。ここから道風神社までは今日、初めて辿るルートである。
意外にしっかりした道が続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外にしっかりした道が続いていた。
杉林の中もしっかり道跡が付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の中もしっかり道跡が付いている。
お墓があった。氷室のお墓だろうか?歴史のある地らしく、古いのは江戸時代(天保)のものがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓があった。氷室のお墓だろうか?歴史のある地らしく、古いのは江戸時代(天保)のものがあった。
この橋で林道に合流した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋で林道に合流した。
舗装道路が続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路が続いている。
寒いはずだ道端にはまだ雪が残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いはずだ道端にはまだ雪が残っていた。
此処までの橋は耐荷重9トンらしい。これも道路の規格なんだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処までの橋は耐荷重9トンらしい。これも道路の規格なんだろう。
道風神社入り口に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道風神社入り口に着いた。
苔生した鳥居があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した鳥居があった。
神社脇から尾根に上がるため杉林に入ると小さな花が沢山咲いていた。オウレンの様でもあるがどうだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社脇から尾根に上がるため杉林に入ると小さな花が沢山咲いていた。オウレンの様でもあるがどうだろう?
3
神社の東の尾根は植林の為のフェンスに遮られ登れなかった。少し距離のある西の尾根に入った。それなりに古い道があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の東の尾根は植林の為のフェンスに遮られ登れなかった。少し距離のある西の尾根に入った。それなりに古い道があった。
事前に地図検索をすると足跡は無かった。全く人気の無い山域の様だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前に地図検索をすると足跡は無かった。全く人気の無い山域の様だった。
P518標高点辺り。何の印も無い寂しい所だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P518標高点辺り。何の印も無い寂しい所だった。
1
ピークを過ぎると地形図にある林道に合流した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを過ぎると地形図にある林道に合流した。
突然、広場に出た。重機や車は手前の一台を除き廃棄されたものの様だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、広場に出た。重機や車は手前の一台を除き廃棄されたものの様だった。
次は林道を進みP565へ向かう。植林されたばかりの山は茨が生え放題で歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は林道を進みP565へ向かう。植林されたばかりの山は茨が生え放題で歩きにくい。
P565辺り。ここも何も無く見晴らしも全く利かないピークだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P565辺り。ここも何も無く見晴らしも全く利かないピークだった。
1
林道を歩き、杉坂線の分岐辺りにある広場に着いた。地形図に依ればこの先のピークがP499である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩き、杉坂線の分岐辺りにある広場に着いた。地形図に依ればこの先のピークがP499である。
古い道が続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道が続いている。
少し藪漕ぎをしてP499ピークを訪れたがここも寂しいものだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し藪漕ぎをしてP499ピークを訪れたがここも寂しいものだった。
1
ここで北山トレイルに合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで北山トレイルに合流する。
眺望の良いはずの所も今日の天気ではどうにもならなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望の良いはずの所も今日の天気ではどうにもならなかった。
1
氷室、鷹峯の道路に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室、鷹峯の道路に合流。
道路から古道 長坂道に入り長い下りを歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路から古道 長坂道に入り長い下りを歩く。

感想/記録
by yjin

地図検索によると氷室から卯ノ谷川を経由して道風神社へは足跡があった。道風神社から背後の尾根へは全く足跡が無かった。でも歩けない事も無かろうと出かけてみたが特に珍しい物も無く余り面白い所では無かった。そうだろうな〜面白ければ足跡の一つでもあるはずだ。
と言う事でこれも貴重な経験となった。

今日は鷹峯辺りでバスに乗る予定だったが時間に余裕があったので堀川通まで歩いた。たまには町歩きもいいもんだ。
訪問者数:309人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 藪漕ぎ 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ