また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1086785 全員に公開 雪山ハイキング近畿

段ヶ峰 まさかのノートレース

日程 2017年03月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り 気温が上がり緩んだ雪になってました
アクセス
利用交通機関
車・バイク
生野高原ゴルフのコース管理場所手前が登山口。ここに数台駐車できます。トイレは冬期閉鎖中、水道水も止まってました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
48分
合計
6時間1分
S生野高原登山口09:2010:09達磨ヶ峰10:1210:52最低コル10:5411:28フトウガ峰11:4012:12段ヶ峰12:3113:06フトウガ峰13:1213:36最低コル14:10達磨ヶ峰手前の標識14:1614:25達磨ヶ峰15:21生野高原登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
登山口にポスト無しです。
縦走路、全体的に雪はまだまだ多め。しかし緩んだ雪なので踏み抜き地獄。
アイゼンは持参していたが使わず。ピッケルはフトウヶ峰の登り等で役に立ったがストックの方が有効。
下り、達磨ヶ峰から駐車場まで、ぬかるんだ急下りと、雪の下はカヤトである為、非常に滑り易くなっており要注意。本日のコース中最も慎重さを要しました。(それでも一回滑って転倒しました)
その他周辺情報だいぶ寄り道になりましたが笠形温泉せせらぎの湯はリニューアルして約一年。こじんまりとしてますが綺麗です。大人700円。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 予備手袋 雨具 ゲイター ネックウォーマー 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ポール

写真

駐車場9時過ぎに到着。なぜか今日は一台も止まってません。寂しいスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場9時過ぎに到着。なぜか今日は一台も止まってません。寂しいスタートです。
1
すこし登ると雪が付着しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし登ると雪が付着しています。
眼下にゴルフ場を見てぐんぐん高度を上げて行く急坂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下にゴルフ場を見てぐんぐん高度を上げて行く急坂です。
緩んだ雪で登りにくいです。帰路、悲惨な事になるとは…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩んだ雪で登りにくいです。帰路、悲惨な事になるとは…
1
劣化して判読不能ですがおそらく達磨ヶ峰です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劣化して判読不能ですがおそらく達磨ヶ峰です
1
ようやく稜線全容が現れます。最奥が段ヶ峰、まだまだ遠いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線全容が現れます。最奥が段ヶ峰、まだまだ遠いです。
2
ズボズボの雪が続いております
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボズボの雪が続いております
立ち枯れの木。雪の重みか、多くの木が倒れてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木。雪の重みか、多くの木が倒れてます
最低コル手前、森の中を抜けて行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低コル手前、森の中を抜けて行きます
1
踏み抜き地獄と化した最低コル周辺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き地獄と化した最低コル周辺
2
ここの登り返しがきつい。先達のトレース結構直登しておられます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの登り返しがきつい。先達のトレース結構直登しておられます。
明るい草原の一角に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい草原の一角に出ました
この辺りからはずっと周囲の展望が開け、快適になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからはずっと周囲の展望が開け、快適になります。
フトウヶ峰到着。当然、誰もいません。歩きにくい雪質で結構時間が掛かってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウヶ峰到着。当然、誰もいません。歩きにくい雪質で結構時間が掛かってます
1
歩いてきた平原を振り返ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた平原を振り返ってます
1
フトウヶ峰からの段ヶ峰です。ここからずっと稜線歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウヶ峰からの段ヶ峰です。ここからずっと稜線歩きです。
3
が、この先、トレースがありません。週半ばに積雪があったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、この先、トレースがありません。週半ばに積雪があったようです
唯一赤テープ頼りに進んでいます。新雪ですけど、緩んでます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一赤テープ頼りに進んでいます。新雪ですけど、緩んでます
1
フトウヶ峰からぐるっと回りこむような地形であることを確認しテープ確実に捉えて進むしかないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウヶ峰からぐるっと回りこむような地形であることを確認しテープ確実に捉えて進むしかないです
1
ずっと山頂標識が見えとります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと山頂標識が見えとります。
1
すごいえぐられた地形
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごいえぐられた地形
1
やっぱり山頂誰もおらなさそう…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり山頂誰もおらなさそう…
1
ここまで来たら、どこ歩いても大丈夫です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来たら、どこ歩いても大丈夫です
ええ加減なトレースつけちゃいましたかね。明日以降来る人、すいません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ加減なトレースつけちゃいましたかね。明日以降来る人、すいません。
2
駐車場から3時間、やっと山頂。なんとか晴れている時間帯に来れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から3時間、やっと山頂。なんとか晴れている時間帯に来れました。
5
我がトレースを振り返り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我がトレースを振り返り、
2
フトウヶ峰を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウヶ峰を振り返ります。
1
これは氷ノ山です。まだまだ雪かぶってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは氷ノ山です。まだまだ雪かぶってます。
1
お隣は千町ヶ峰です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣は千町ヶ峰です
1
山頂のシンボル??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のシンボル??
1
名物の、長〜い林道が見えとります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の、長〜い林道が見えとります
1
この先、千町峠へ下る予定でしたが、こちらもトレース無し。あきらめて往路を戻ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、千町峠へ下る予定でしたが、こちらもトレース無し。あきらめて往路を戻ることにしました。
1
再び今来たルートを戻ってます。ようやく一組の方が登って来られました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び今来たルートを戻ってます。ようやく一組の方が登って来られました
1
フトウヶ峰分岐からのショートカット下山(杉谷)もトレース無し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウヶ峰分岐からのショートカット下山(杉谷)もトレース無し
再び最低コルからの登り返し、またもやズボズボでキツイです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び最低コルからの登り返し、またもやズボズボでキツイです
最後に、もう一度今日歩いた稜線を…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に、もう一度今日歩いた稜線を…
1
最後の達磨ヶ峰からの下り、雪解けの泥と、雪下のカヤトで滑りまくり。この斜度だと超危険です。ツルっとやってしまいました。思いのほか下りに時間がかかってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の達磨ヶ峰からの下り、雪解けの泥と、雪下のカヤトで滑りまくり。この斜度だと超危険です。ツルっとやってしまいました。思いのほか下りに時間がかかってしまいました。

感想/記録

春の雪山を丸一日堪能出来ました。
出発が遅かった上、阪神高速が渋滞で、生野登山口に9時到着は遅いくらいだと思ったのに、まさか一台も車が止まっていないとは。
更にフトウヶ峰から先は全くの踏み跡無し。
山頂は見えてはいるけれど、誰もいない山ってのも心細い。
稜線で人に出会った時には正直、ホッとした。

春の雪は緩んで雪質は終始悪く、稜線歩きは楽しめたけど、しょっちゅう踏み抜きをやってしまった。さらに下りの泥の中は、滑る滑る。転んだらホントに危ないので時間をかけて下り、駐車場に着いた時はホッとしました。

段ヶ峰でこんなに人が少ないのは初めて、みんな何処へ行ってたんだろう。
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ