また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087549 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

雪の武奈ヶ岳北稜(残雪の筈が)

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候小雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
1時間39分
合計
8時間6分
Sスタート地点08:2208:36大山口08:3709:20青ガレ09:2610:00金糞峠10:0110:04金糞峠西側下の分岐10:1110:17ヨキトウゲ谷入口の分岐10:30上林新道四辻10:4711:32コヤマノ岳11:36パノラマコース分岐11:38コヤマノ分岐12:1712:32武奈ヶ岳12:3612:54細川越12:5513:40小休止13:5013:59広谷14:0214:09イブルキノコバ14:1114:38八雲ヶ原14:4315:00比良ロッジ跡15:09北比良峠15:1115:19前山15:23神璽谷道下降点15:51カモシカ台15:5216:18大山口16:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大山口〜金糞峠〜コヤマノ岳南尾根〜コヤマノ岳〜武奈ヶ岳〜北稜〜細川越北の小ピーク〜広谷〜イブルキのコバ〜八雲〜北比良峠〜ダケ道経由で大山口の周回コースです。
コース状況/
危険箇所等
・大山口〜金糞峠〜コヤマノ岳南尾根〜コヤマノ岳〜武奈ヶ岳:概ね積雪あるが、よく踏まれておりアイゼンなしでも快適でした。

・北稜〜細川越北の小ピーク〜広谷〜イブルキのコバ:積雪深い上にトレース少ない。腰までの踏み抜き数回。細川越北の小ピーク〜広谷間の橋付近にやばいトラバース箇所あり。踏み抜きやすい上に、ミスったら即数m下の沢にドボンの可能性あり。今回はアイゼンなしのツボ足で通過しましたが、ワカンやスノーシューがある方が歩きやすいと思いました。

・イブルキのコバ〜八雲〜北比良峠〜ダケ道経由で大山口:概ね積雪あり。よく踏まれているが午後は一部腐り出しており、気を抜くと踏み抜く可能性があると思いました。アイゼンは不使用で通過しました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト
共同装備 ジェットボイル

写真

では、ぼちぼち行きましょう〜
2017年03月19日 08:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、ぼちぼち行きましょう〜
天気がイマイチ…
2017年03月19日 08:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がイマイチ…
大山口。このあたりの雪は少しだけ。小雨が鬱陶しかった…
2017年03月19日 08:36撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口。このあたりの雪は少しだけ。小雨が鬱陶しかった…
青ガレ〜〜。岩が残雪に覆われてますが、トレースは締まってて歩きやすかったです。
2017年03月19日 09:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレ〜〜。岩が残雪に覆われてますが、トレースは締まってて歩きやすかったです。
1
青ガレ〜金糞峠の中間あたり。ここまで来るともう普通に雪山です。
2017年03月19日 09:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレ〜金糞峠の中間あたり。ここまで来るともう普通に雪山です。
1
あとひと登りで金糞峠〜
2017年03月19日 09:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとひと登りで金糞峠〜
金糞峠に到着〜。風の影響か、ここは雪が無かったです。
2017年03月19日 10:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠に到着〜。風の影響か、ここは雪が無かったです。
1
琵琶湖は霞んで見えません。
2017年03月19日 10:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖は霞んで見えません。
金糞峠西下の分岐で少し休憩〜。雪がたっぷり〜。
2017年03月19日 10:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠西下の分岐で少し休憩〜。雪がたっぷり〜。
1
少し日も出てきて気持ちよか〜
2017年03月19日 10:23撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し日も出てきて気持ちよか〜
1
上林新道四辻への分岐点の橋
2017年03月19日 10:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上林新道四辻への分岐点の橋
1
コヤマノ岳南尾根を登ります〜
2017年03月19日 11:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳南尾根を登ります〜
迷彩柄の木
2017年03月19日 11:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷彩柄の木
1
コヤマノクラウンさん、ご無沙汰しています〜〜‼
2017年03月19日 11:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノクラウンさん、ご無沙汰しています〜〜‼
2
クラウンさんの足元。積雪量の多さが分かります。
2017年03月19日 11:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラウンさんの足元。積雪量の多さが分かります。
2
残念ながらクラウンさんに霧氷はなし。
2017年03月19日 11:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながらクラウンさんに霧氷はなし。
コヤマノ岳からの釈迦岳〜〜
2017年03月19日 11:31撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳からの釈迦岳〜〜
1
コヤマノ分岐からの武奈ヶ岳〜〜
2017年03月19日 11:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐からの武奈ヶ岳〜〜
3
山頂に人の姿が見えてます。
2017年03月19日 11:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に人の姿が見えてます。
4
あそこを直登するやなぁ〜〜。早飯しながらルートを確認。
2017年03月19日 11:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを直登するやなぁ〜〜。早飯しながらルートを確認。
1
ランチを済ませ、装備完了〜〜
2017年03月19日 12:24撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチを済ませ、装備完了〜〜
3
さて、山頂直下の雪庇を目指して山頂アタック〜〜
2017年03月19日 12:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、山頂直下の雪庇を目指して山頂アタック〜〜
山頂へ向けて直登中〜〜
2017年03月19日 12:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向けて直登中〜〜
1
伊吹の直登を思い出します。琵琶湖バレイは霞んでよく見えません。
2017年03月19日 12:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹の直登を思い出します。琵琶湖バレイは霞んでよく見えません。
1
山頂直下の雪庇をロックオン!
2017年03月19日 12:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の雪庇をロックオン!
1
尾根に乗り、山頂まであと僅か〜。
2017年03月19日 12:30撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗り、山頂まであと僅か〜。
山頂に到着〜‼
2017年03月19日 12:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着〜‼
4
春霞で眺望はいまいち。周囲の山々がまだ雪の世界なのが分かります。
2017年03月19日 12:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春霞で眺望はいまいち。周囲の山々がまだ雪の世界なのが分かります。
2
琵琶湖バレイも霞んでてよく見えません。
2017年03月19日 12:37撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖バレイも霞んでてよく見えません。
山頂は登山者で一杯〜。
2017年03月19日 12:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は登山者で一杯〜。
2
コヤマノ分岐からイプルキノコバへ抜ける予定を変更し、北稜で細川越へ向かいます。
2017年03月19日 12:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐からイプルキノコバへ抜ける予定を変更し、北稜で細川越へ向かいます。
3
北稜は雪庇が一杯〜!!
2017年03月19日 12:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北稜は雪庇が一杯〜!!
2
だんごみたいでおいしそう〜
2017年03月19日 12:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんごみたいでおいしそう〜
細川越からのルートは埋もれててトレースも無かったので、細川越北の小ピークの尾根沿いに広谷へ向かいます。昨日以前の1名様のトレースを追います。
2017年03月19日 13:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細川越からのルートは埋もれててトレースも無かったので、細川越北の小ピークの尾根沿いに広谷へ向かいます。昨日以前の1名様のトレースを追います。
1
雪がふかふか〜。とりあえずダイブ。
2017年03月19日 13:26撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がふかふか〜。とりあえずダイブ。
7
人拓完成〜
2017年03月19日 13:26撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人拓完成〜
4
同志社小屋かな。ここで腰上まで踏み抜いてしまい、脱出に往生しました(笑)。
2017年03月19日 13:31撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同志社小屋かな。ここで腰上まで踏み抜いてしまい、脱出に往生しました(笑)。
1
広谷小屋近くの橋は雪に埋もれてます。この辺りのトラバースがやばかったです。踏み抜くと確実にそのまま数m滑落して下の沢にドボンするでしょう。むっちゃ慎重に足場を作りながら進みました。
2017年03月19日 13:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広谷小屋近くの橋は雪に埋もれてます。この辺りのトラバースがやばかったです。踏み抜くと確実にそのまま数m滑落して下の沢にドボンするでしょう。むっちゃ慎重に足場を作りながら進みました。
1
でも景色は絶品でした!!
2017年03月19日 13:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも景色は絶品でした!!
2
難所を越えイプルキノコバに到着〜
2017年03月19日 14:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所を越えイプルキノコバに到着〜
沢は雪ノ下〜
2017年03月19日 14:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は雪ノ下〜
看板はご覧の通り
2017年03月19日 14:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板はご覧の通り
八雲に到着〜!!湿原は雪の下です。むっちゃ綺麗〜!!
2017年03月19日 14:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲に到着〜!!湿原は雪の下です。むっちゃ綺麗〜!!
3
比良ロッジ跡へ登ります。振り向くと大好きな武奈とコヤマノと八雲が綺麗に見えます!
2017年03月19日 14:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良ロッジ跡へ登ります。振り向くと大好きな武奈とコヤマノと八雲が綺麗に見えます!
1
比良ロッジ跡付近
2017年03月19日 14:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良ロッジ跡付近
ここも霞んでて琵琶湖がよく見えませんでした。
2017年03月19日 15:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも霞んでて琵琶湖がよく見えませんでした。
1
北比良峠への崩壊箇所
2017年03月19日 15:04撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠への崩壊箇所
北比良峠の看板と武奈とコヤマノ岳
2017年03月19日 15:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠の看板と武奈とコヤマノ岳
ぼちぼち下ってます。雪は少しシャーベット状態になってましたが、それを利用して滑るように快適に下山中〜。釈迦岳が綺麗に見えました。
2017年03月19日 15:45撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼちぼち下ってます。雪は少しシャーベット状態になってましたが、それを利用して滑るように快適に下山中〜。釈迦岳が綺麗に見えました。
カモシカ台を通過
2017年03月19日 15:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ台を通過
1
げ、雪が減ってきた。でも、先週の霊仙とは違い泥は少なく靴はさほど汚れませんでした。
2017年03月19日 16:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げ、雪が減ってきた。でも、先週の霊仙とは違い泥は少なく靴はさほど汚れませんでした。
堂満と夕日
2017年03月19日 16:11撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂満と夕日
大山口の沢に到着〜。
2017年03月19日 16:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口の沢に到着〜。
今日も楽しい山行でした。お疲れ様でした〜。
2017年03月19日 16:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も楽しい山行でした。お疲れ様でした〜。
1
撮影機材:

感想/記録
by Yottie

今年5回目の武奈ヶ岳は、久しぶりに正面他人から登りました。3月も後半となると、さすがにイン谷口は雪は無く車の乗り入れにも支障はありませんでした。もう春ですね〜〜。

しかし、大山口より青ガレへ向かうと、比良はまだまだ雪山の世界でした。青ガレではまだ雪が岩を覆い隠してました。直登の踏み固まったトレースを辿らさせていただき金糞峠に到着。直登はキツイけど、無雪の青ガレより楽に感じました。残念なのは大山口あたりから小雨がパラパラと。朝の天気はイマイチでした。

金糞峠西側下の分岐と上林新道四辻での休憩を済ませ、11:30過ぎにコヤマノ分岐に到着。この頃には青空も見え始めておりラッキー!!武奈さまを眺めながらランチを楽しみました〜。で、12:15過ぎに山頂へ向けて出発しました。山頂へは直登〜。伊吹の直登を思い出しながら進むと気がつくと山頂直下の分岐まで来てました〜。

山頂は高校生?位の若い団体さんやらで大変賑わってました。しかし春霞で琵琶湖は見えず。あたりの山々を眺めている感じでは、比良はまだ雪の世界かな?と思いました。

山頂からはコヤマノ分岐からイブルキのコバへ抜ける予定でしたが、計画よりいいペースで動けていたので、調子にのり北稜〜細川越〜広谷〜イブルキのコバにルートを変更しました。雪の北稜を初めて歩きましたが、西南稜とはまた違う格好のよい雪の稜線でした。いい感じの雪庇も格好良かった〜。

で、細川越に到着するも、広谷へのトレースは無し。雪庇の隙間から夏のルートを覗き込むと、ふかふか過ぎる雪が谷道を埋め尽くしておりました。こりゃスノーシューがないとしんどいなぁと思い、細川越北の小ピークの稜線沿いに谷に下ることにしました。小ピークへ行くと、同じ事を考えてはった方のツボ足のトレースがあり、そのトレースを追わせていただきました。但し、今日のトレースではなく前日か数日前かのもので、しばらくは踏み抜きと格闘しながら広谷へ向かいました。

途中、同志社小屋前他で数回腰まで踏み抜きました(笑)。そして広谷小屋手前の橋付近のトラバース箇所に差し掛かりました。このトラバース箇所はしっかりキックステップをしながら進みましたが、よほど雪を溜め込んで踏み固めないとズクッと踏み抜きかけてしまいます。しかも急勾配のトラバース。数m下には沢が・・・。トチると即滑落&ドボン。かなり慎重に進みました。無事に通過できてよかった〜。無事に通過した記念?にここで小休止(笑)。

イブルキのコバまで進むと、コヤマノ分岐からの大勢の方のトレースと合流。この先の踏み抜きは激減し快適に八雲まで辿りつけました〜。

八雲の湿原はまだ雪の下。四方を雪のゲレンデ跡に囲まれてとても綺麗でした。湿原を避けるルートで比良ロッジ跡〜北比良峠まで向かいました。北比良峠からの景色も春霞でイマイチ。残念。少し休んでダケ道で大山口まで下山しました。ダケ道は大山口手前の石畳や石垣がある付近までは積雪がありました。腐りかけてましたが非常に歩きやすく、楽しく下山できました。

残雪モードかな?と思っていた武奈ですが、まだ雪山でした〜〜。いつまで雪遊びできるかな???でも、一雨ごとに積雪量も減っていくんやろなぁ〜〜。今年のシャクナゲはどうかな???

訪問者数:586人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ