また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087857 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

九州脊梁の烏帽子岳

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
Sスタート地点07:2014:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
樅木林道7:20〜尾根取付8:20〜五勇谷橋分岐10:40〜10:50烏帽子岳11:10〜分岐11:40〜栗野民家14:00〜駐車場所14:20
コース状況/
危険箇所等
烏帽子本谷登山口からのルートは、歩く人がほとんどなく消えかかっています。もし、登るなら案内人がひつようです。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

ここから登り始める
2017年03月19日 07:27撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登り始める
民家あり。ここは私有地であり、また私有林道でもあり車両乗入はできません。
2017年03月19日 07:39撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家あり。ここは私有地であり、また私有林道でもあり車両乗入はできません。
1
民家の先から烏帽子本谷へ降りる
2017年03月19日 07:53撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の先から烏帽子本谷へ降りる
1
昔のルートの丸木橋がまだあった。
2017年03月19日 08:10撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔のルートの丸木橋がまだあった。
1
丸木橋から少し遡ると左上方に放置された開墾地あり
2017年03月19日 08:26撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸木橋から少し遡ると左上方に放置された開墾地あり
1
20年前の標識。開墾地付近の2つの沢の合流地点から真ん中の尾根を登る
2017年03月19日 08:36撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20年前の標識。開墾地付近の2つの沢の合流地点から真ん中の尾根を登る
1
高度が高くなるにつれスズタケが密生してくる
2017年03月19日 09:53撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が高くなるにつれスズタケが密生してくる
1
三差路。左は五勇谷橋、右は烏帽子岳
2017年03月19日 10:45撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三差路。左は五勇谷橋、右は烏帽子岳
1
稜線にはまだ雪が残っていた。地下足袋なので国見岳への縦走は断念。
2017年03月19日 10:46撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にはまだ雪が残っていた。地下足袋なので国見岳への縦走は断念。
1
ルート調査のため行ったり来たりしたので3時間半かかった。
2017年03月19日 10:56撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート調査のため行ったり来たりしたので3時間半かかった。
3
ここから峰越方面へ30分程下り右折する
2017年03月19日 11:18撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから峰越方面へ30分程下り右折する
1
ここから右折し、上ってきた私有林道の終点を目指したが、尾根を行きすぎ迷ってしまった。
2017年03月19日 11:46撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから右折し、上ってきた私有林道の終点を目指したが、尾根を行きすぎ迷ってしまった。
1
本当はこの三角点から右斜め下に下らなければならない。
2017年03月19日 12:02撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はこの三角点から右斜め下に下らなければならない。
1
沢に出たのでここを下る
2017年03月19日 12:59撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に出たのでここを下る
1
今朝通って来た栗野の民家に着く
2017年03月19日 14:08撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝通って来た栗野の民家に着く
1
撮影機材:

感想/記録

昔のメインルートであった烏帽子本谷登山口から烏帽子岳を目指しました。「九州脊梁登山地図」では五勇本谷登山口となっていますが、烏帽子本谷登山口が正しいと思います。
このルートは、尾根の取付きまでが踏みあとが消えており、また、頂上近くのスズタケが密生している所が間違い易いです。
林道が数多く横切る五勇谷橋からのルート、高低差があまりない峰越からのルートに比べ,烏帽子本谷ルートは大変面白いです。
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/6
投稿数: 14
2017/3/20 17:27
 脊梁の沢を制覇する予定ですか?
脊梁の仙人躍如ですね・・・・・!!
アイブチさんと二人相変わらず厳しいルート登っていますね。
そのうち脊梁の沢制覇するのでは?!
こちらは可愛い奇麗どころの追っかけやっています(笑)
23日天気が良いといいですね。
登録日: 2016/2/3
投稿数: 72
2017/3/20 23:04
 Re: 脊梁の沢を制覇する予定ですか?
山に行って歩きながらルートを考えるので、方針がコロコロかわります。それで失敗も数多くあります。今回も下山中に変な所に迷い込んで四苦八苦しました。最初の予定通り行っていれば国見岳で師匠に会っていたかもしれません。

関連する山の用語

林道 三角点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ