また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1088810 全員に公開 ハイキング丹沢

【水沢橋から周回】鳥屋廃道〜黍殻山〜大平

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水沢橋(松茸山北)の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
0分
合計
4時間50分
Sスタート地点07:4812:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:50 水沢橋
8:00 桃ノ木林道終点
8:35 鳥屋廃道合流
10:05 鳥屋分岐
10:20 平丸分岐
10:35〜50 大平分岐
11:30 大平
12:10 崩落個所
12:40 水沢橋
コース状況/
危険箇所等
【水沢橋〜P745付近】
桃ノ木林道終点からは中央の尾根に取付く。仕事道になっているが急登。
【P745付近〜鳥屋分岐(廃道)】
焼山に近づくにつれて悪くなる。VRに慣れていないと道迷いする。
【鳥屋分岐〜大平分岐】
主脈の東海自然歩道で快適な道。
【大平分岐〜大平】
ヒル・マムシ注意の道。
【大平〜水沢橋】
崩落部をはじめ落石が多くみられる。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

水沢橋を出発して桃ノ木林道へ。誰もいないと思ったら鳥見の人が静かに座っていてそっと通過した。
2017年03月20日 07:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢橋を出発して桃ノ木林道へ。誰もいないと思ったら鳥見の人が静かに座っていてそっと通過した。
1
林道終点から尾根を登り始める。白馬尾根が良く見える。
2017年03月20日 08:23撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から尾根を登り始める。白馬尾根が良く見える。
4
その右に蛭ヶ岳も。
2017年03月20日 08:24撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右に蛭ヶ岳も。
1
仕事道の尾根を登りきると柏原ノ頭の少し先の廃道に合流する。
2017年03月20日 08:35撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事道の尾根を登りきると柏原ノ頭の少し先の廃道に合流する。
2
2011年の「山と高原地図」ではまだ破線扱いで『倉沢側に下らないこと』と迷い注意があるところだ。
2017年03月20日 08:36撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2011年の「山と高原地図」ではまだ破線扱いで『倉沢側に下らないこと』と迷い注意があるところだ。
2
今日のルートは花が無く撮影はこれのみ。
2017年03月20日 08:46撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のルートは花が無く撮影はこれのみ。
5
松が多い日当たりのよい尾根道で廃道が惜しい。
2017年03月20日 08:51撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松が多い日当たりのよい尾根道で廃道が惜しい。
1
北側はおそらく西野々や石砂山あたり。
2017年03月20日 08:54撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側はおそらく西野々や石砂山あたり。
1
後方は柏原ノ頭
2017年03月20日 08:55撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方は柏原ノ頭
1
ロープがあるけど此処まではそれほど難所は無かった。
2017年03月20日 09:02撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがあるけど此処まではそれほど難所は無かった。
2
中央の特徴的なヤマは松茸山
2017年03月20日 09:03撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の特徴的なヤマは松茸山
3
尾根を直登して崩落地を越えて再び廃道に戻った。
2017年03月20日 09:56撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を直登して崩落地を越えて再び廃道に戻った。
2
あと0.7劼覆里貌擦不明瞭に。
2017年03月20日 10:00撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと0.7劼覆里貌擦不明瞭に。
焼山に近いところから登山道に出てきたが本来は此処に出てくる。
2017年03月20日 10:06撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山に近いところから登山道に出てきたが本来は此処に出てくる。
2
平丸分岐
2017年03月20日 10:19撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平丸分岐
1
黍柄山のベンチで休憩。今日一人目の登山者が通過した。
2017年03月20日 10:50撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍柄山のベンチで休憩。今日一人目の登山者が通過した。
2
今まで初期型ストラトス(32L&24L)にこだわっていたけど、最新型のミュータント28は軽くて使いやすかった。出番が増えそうだ。
2017年03月20日 10:51撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで初期型ストラトス(32L&24L)にこだわっていたけど、最新型のミュータント28は軽くて使いやすかった。出番が増えそうだ。
5
ヒルもマムシもイヤです。
2017年03月20日 10:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒルもマムシもイヤです。
1
あの奥野林道の崩落で通行止め扱いとなっていた。
2017年03月20日 10:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの奥野林道の崩落で通行止め扱いとなっていた。
モノレールに乗って通過は楽しそう?
2017年03月20日 11:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールに乗って通過は楽しそう?
1
大平まで多くあったトレイルレースの表示。
2017年03月20日 11:12撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平まで多くあったトレイルレースの表示。
鳥居とシカの組み合わせは奈良みたいだ。
2017年03月20日 11:30撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居とシカの組み合わせは奈良みたいだ。
8
奥野林道の水場
2017年03月20日 11:36撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥野林道の水場
2
ガタクリ峰
2017年03月20日 11:45撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガタクリ峰
2
馬の背のあたりの林道崩落部
2017年03月20日 12:09撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背のあたりの林道崩落部
1
上からの落石に気をつけて乗り越える。
2017年03月20日 12:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からの落石に気をつけて乗り越える。
1
このすぐ先でお弁当を食べていた二人は「ここまでで諦めた」とのこと。あの大石をどけるのも大変そうだ。
2017年03月20日 12:12撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このすぐ先でお弁当を食べていた二人は「ここまでで諦めた」とのこと。あの大石をどけるのも大変そうだ。
3
水沢橋に戻ってきました。
2017年03月20日 12:32撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢橋に戻ってきました。
撮影機材:

感想/記録
by aosan

3連休の最終日、西丹沢に行くと帰りの高速渋滞が大変なので、
行先は宮ケ瀬方面に。短めの周回をするために水沢口から出発。
先週は榛ノ木丸を歩いたので、焼山の方面に興味がありました。
平戸から鳥屋分岐までのルートは登山道崩落により昔は破線、今は廃道。
歩ける時期はヒルのいない晩秋から春先まで。
5時間弱でしたがかなり密度の濃い周回でした。
訪問者数:397人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ