また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089156 全員に公開 ハイキング奥秩父

絶壁と展望の岩殿山・稚児落とし周回

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩殿山ふもとに市営駐車場10台くらい
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
50分
合計
3時間55分
S岩殿山登山口09:3009:43丸山09:5110:05岩殿山・稚児落としの分岐10:0610:12岩殿山10:2210:26岩殿山・稚児落としの分岐10:40筑坂峠11:20天神山11:40浅利とトズラ峠分岐11:44稚児落し12:1512:40県道と合流13:25岩殿山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト気づかず。
鎖場は鎖を使えばそれほどでもないが、急斜面で乾燥した地面が滑りやすい
その他周辺情報大月インター近くに社福運営の入浴施設あり。シャンプー等90円で販売
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から道路を歩く
左の壁が岩殿山!
2017年03月20日 09:30撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から道路を歩く
左の壁が岩殿山!
登山道入口は城跡公園への入口でも
2017年03月20日 09:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口は城跡公園への入口でも
桜が咲いたら見事でしょうね
2017年03月20日 09:34撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が咲いたら見事でしょうね
説明案内図
2017年03月20日 09:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
説明案内図
名残りの梅と富士山
2017年03月20日 09:38撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残りの梅と富士山
2
城跡公園に到着
2017年03月20日 09:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡公園に到着
なかなかの急登っぽい
2017年03月20日 09:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの急登っぽい
「丸山山頂」を入れると富士山が隠れてしまう・・・
2017年03月20日 09:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「丸山山頂」を入れると富士山が隠れてしまう・・・
足元に春の訪れ・スミレ
2017年03月20日 09:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に春の訪れ・スミレ
登りがいのある階段が続きます
2017年03月20日 09:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りがいのある階段が続きます
何の花かな
2017年03月20日 10:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花かな
山頂と稚児落としの分岐を過ぎた
はるかな足元に大月の町
2017年03月20日 10:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と稚児落としの分岐を過ぎた
はるかな足元に大月の町
サンシュユの花が目立ちます
2017年03月20日 10:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンシュユの花が目立ちます
自然石を利用した門の跡
2017年03月20日 10:09撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然石を利用した門の跡
1
本日第一の目標到着!
2017年03月20日 10:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日第一の目標到着!
山頂からも富士山の眺めがいいですね
2017年03月20日 10:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からも富士山の眺めがいいですね
2
サンシュユと富士山
2017年03月20日 10:24撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンシュユと富士山
分岐に戻って、ここから
ハイキングスタート
2017年03月20日 10:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻って、ここから
ハイキングスタート
「危険」と注意喚起しつつ、コースを説明
…気を付けて進みます
2017年03月20日 10:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「危険」と注意喚起しつつ、コースを説明
…気を付けて進みます
アセビの花
2017年03月20日 10:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビの花
馬酔木の花アップに
2017年03月20日 10:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の花アップに
春が浅いので奥に岩殿山がなんとか見える
2017年03月20日 10:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春が浅いので奥に岩殿山がなんとか見える
案内板が多く、わかりやすい
2017年03月20日 10:39撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板が多く、わかりやすい
鉄塔の下に来たら、お約束
2017年03月20日 10:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の下に来たら、お約束
クサリ場?クサリはなかった
2017年03月20日 10:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場?クサリはなかった
案内板にも「クサリ場」が
2017年03月20日 10:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板にも「クサリ場」が
なかなかの垂直感
2017年03月20日 10:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの垂直感
自分しか見えてない模様
2017年03月20日 10:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分しか見えてない模様
緩やかになって、余裕出てきた?
2017年03月20日 10:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかになって、余裕出てきた?
第2のクサリ場
2017年03月20日 10:50撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2のクサリ場
足を滑らせたら、下まで落ちます
慎重に
2017年03月20日 10:56撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足を滑らせたら、下まで落ちます
慎重に
1
残念:; 案内板の向きがおかしくなってます
2017年03月20日 11:04撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念:; 案内板の向きがおかしくなってます
下る方が難しいかも
2017年03月20日 11:05撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る方が難しいかも
天神山の看板
2017年03月20日 11:20撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神山の看板
ヒオドシ蝶かな?
2017年03月20日 11:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒオドシ蝶かな?
稚児落としが全容を現しました
2017年03月20日 11:36撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児落としが全容を現しました
1
絶壁の上に人が立ってる〜
2017年03月20日 11:36撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶壁の上に人が立ってる〜
1
絶壁記念撮影
2017年03月20日 11:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶壁記念撮影
稚児落とし到着
背後に岩殿山
2017年03月20日 11:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児落とし到着
背後に岩殿山
稚児落としの真上でランチ
2017年03月20日 12:01撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児落としの真上でランチ
山道はここまで
2017年03月20日 12:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道はここまで
あの稜線を下りてきたんだな
どなたかも見える
2017年03月20日 12:55撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの稜線を下りてきたんだな
どなたかも見える
中央道の下をくぐって
2017年03月20日 13:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道の下をくぐって
大月駅前を通過して
2017年03月20日 13:14撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅前を通過して
岩殿山が再び目前に
2017年03月20日 13:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山が再び目前に
駐車場に戻ってきた
2017年03月20日 13:25撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきた

感想/記録
by riesel

連休最終日に山に行こうと父から。
条件は、父娘で日帰り、花粉少ないところ
ヤマレコ3月のお勧めの岩殿山に行くことに
父娘それぞれ友人が加わり、4名で

お天気よし、行きは渋滞もなく、
09:20岩殿山ふもとの駐車場到着
空きはラスト1台!
09:30登山口からスタート
富士山を左手に従えて
いきなり、急な階段を岩殿山ふれあい館(丸山)まで行く
最後のトイレ・自販機で準備し、富士山を撮影し、次は山頂へ
九十九折の階段をサンシュユの花を楽しみながら
山頂には多くの人が
人気の山ですね
ここでも富士山の撮影タイム

少し来た道を戻り、「鎖あり」の稚児落とし方面を目指す
登山道は砂ぼこりが立つくらい乾いていて、小石とともにざれた道に
せっかく登ったが、勢いよく道が下っていく
注意して峠に
また登り(鎖?鎖?鎖はまだかな?と思いつつ)
案内板は分かりやすく、「稚児落としはこっち」に従って歩く
巻き道稚児落としの分岐から、鎖場に
カメラもステッキも閉まってグッと鎖を握る
最初の足掛かりを見つけるのにちょっと苦労したが、
あとはステップがあるので、さくさくと
今日は荷物を軽ーくしてきたので、楽々
二回目の鎖場をクリアして、
楽しい〜、と叫んでいたら、
同行S氏が登りきって、「いやー、楽しいね〜」
だよね!

また少し下り登り、天神山に(スルー)
天神山から右に(北に向かって)下っていくと
おー、左手前方に稚児落とし見えたー
落ちそうなところに人が座ってるー
と言いつつ、登っていったら、
そんなこと騒いでた私たちが歩いていた尾根道も絶壁の上だった
11:45稚児落とし到着
本日の最終目標地点
記念撮影して、昼食
落ちそうなところ?で珈琲たいむして
12:16下山開始
やっぱりズリズリした地面で慎重に下りる
12:40 30分ほどで舗装路に
ここからのだらだらが何とも言えない
 意外と遠くまで歩いてきたのを感じる
13:25駐車場に戻った

大月市社福の入浴施設で入浴して帰宅
帰宅はやっぱり渋滞に(行きは3時間30分が帰りは5時間だった)
楽しかった☆
訪問者数:462人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ