ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1089744 全員に公開 フリークライミング関東

三宅島2017春

日程 2017年03月18日(土) 〜 2017年03月20日(月)
メンバー , その他メンバー6人
天候ほぼ晴れ
アクセス
利用交通機関
飛行機

写真

PO壁の夕暮れ。
2017年03月19日 17:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PO壁の夕暮れ。
新鼻。噴火で隆起した…と聞いていたのですが、そうではなく、元々の地形に噴火による火山礫が降り積もったのだそうです。
2017年03月20日 07:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新鼻。噴火で隆起した…と聞いていたのですが、そうではなく、元々の地形に噴火による火山礫が降り積もったのだそうです。
1
撮影機材:

感想/記録

春の三連休は、去年に引き続きI塾の皆さんと三宅島へ。
今回のメンバーは組長、cheroさん、kanosukeさん(UN5)、mfさん、STさん、KS嬢(以上年齢順)、そしてワタクシ。

春に三日の晴れなしと言われる季節ですが、幸運にも三日間とも好天に恵まれました。
二日目からは気温が高くて、成果を出すには不向きな陽気でしたが、海を見ながらのんびりクライミングというのもいいものです。
自分はことのほか指汗、手汗が出やすいということが判明したので、今後本気トライは涼しいときにしかやらないことに決めました。

登った&登れなかったルートは次の通り。

[初日…富賀浜]
・ジャムの学校(5.9) 再登
・磯ひよどり(5.9) FL
手は左のフェイスを使わずにジャミングだけで登ろうとトライしたけれど、最後に結局使ってしまった。
・アイランダー(5.10d) テン山TO
トラバースで墜ちるかもしれないムーブを起こすとき怖くなってしまい、そっとテンション。
それ以降は、都度A0クリップしてから登ってしまった。
OSトライでメンタル負けした。
考えてみると、クラックでマジ墜ちしたことは久しくないかも。

[二日目]PO壁
・まずはここから(5.8) FL
グレードの割に難しいと思ったら、登るラインを間違えていたみたい。左側から登ればよかったのね。
・築穴パン(5.9) FL
これは登りやすかった。アップにオススメ。
・アカコッコ(5.10a) FL
下部核心。上部は登りやすいけれど、省エネで登らないと最後が辛くなるかも。
・MIYAKE INTRODUCTION(5.9) 1テン
これも下部核心。自分の汗で指が滑って抜けてしまった。

[三日目]新鼻
・トライアングル(5.10a) OS
前日のアカコッコより難しいのでは?と思ったけれど、そんなことないと言われた。
FLトライは楽だということですね。
・ミヤケモン(5.10c) ×
出だしの被ったボルダーパートだけ触らせてもらったけれど、嵌まりそうだったので即退散。
・ミヤケッシー(5.10c) ×
これも出だしが被ったボルダーだけど、ジャミングが使えるので行けるかも…と思ったら嵌まってしまった。
何度もムーブを探り、被りを越えてフィンガーを決めるところまではできたけれど、帰りの時間が迫っていたのでそこまで。
次回来たときに、またやりましょう。

ところで、三日目に腹を壊してしまい、ほとんど何も食べずにクライミングをしたのですが、これはよくないですね。
二日目まではそれほど疲れを感じなかったのですが、三日目終了後に筋肉がひどく痛くなり、とても疲れてしまいました。
終わった後も糖質を補給できなかったので、筋肉がかなり分解されてしまったかも。

まだ調査中なので不正確ですが、筋グルコースが枯渇するような高強度の運動後は、30分以内に体重1kgあたり約1g、24時間以内に同約10gの糖質を摂取しないと、筋グルコースが元レベルまで戻らないようです。
体重60kgの場合、それぞれ60g、600gですから、なかなかの量です。
運動直後にそうそう食べられるものではないので、30分以内の方は、糖質の多いスポーツ飲料がよいかも。
果糖や乳糖よりブドウ糖の方がいいようですが、自分は牛乳が好きなので、牛乳で妥協するかな。

話はかわりますが、二日目のアカコッコだったか、組長が出だしで飛び下りたときに、一つ目のカムに軽くテンションがかかったのですが、いとも簡単に抜けてしまいました。
問題のあるカムセットとは思えなかったし、直前に自分が登ったときと同じセットだったのでビックリ。
ちょっと原因がよく分かりませんでしたが、三宅島や城ヶ崎のようなシオシオのクラックでは、100%自信のあるカムセットで、かつ核心部では固め取りするぐらいでないと、ドカ墜ちする気にはなれないな〜と思いました。

そんなこんなで、自分のクライミングの成果はともかく、I塾の皆さんと楽しい三日間を過ごすことができました。
ありがとうございました〜。
三宅島はいいところですね^^。また来たいと思います。

あっ、そうそう。大事なことを書くのを忘れていました。
伝説を創るクライマーUN5氏が、二つ目の伝説を作ってくれましたヨ。
それは同氏がアカコッコを登っているときのことでした。
3分の1ぐらい登ったあたりだったでしょうか。
残念ながらフォールしたのですが、そのとき尻を壁に打ちつけてしまいました。
大丈夫ですか?と問いかけると、苦悶の表情を浮かべ、今すぐ下ろしてください!という返事。
そこまで強く打ったようには見えなかったのですが…。
大丈夫かしらん?と心配していると、下りてくるなり大慌てでロープとハーネスを外して、UN5が○×△※とか何とか言ってます。
そして脱兎のごとく海岸線を走り去って行ったのです。

ああ…遠くにしゃがんでいるのが見えます。
両手で×印を作っているので、間に合わなかったのでしょうか…。
やがて戻って来たご本人は、おさまったので、やってない!紙はあるか?とジェスチャーで問われたので、持っていないと×印で答えたのです!と強弁していましたが、どうなんでしょう?真相は闇の中です…。
いずれにしても、伝説その2が作られたのは間違いありません。
伝説その1の最重要容疑者が近くにいたのは、果たして偶然だったのか…。
訪問者数:110人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1111
2017/3/23 21:33
 冤罪メーカー
三宅島楽しかったですね〜。

それはさておき、やはりネタにしましたね?
しかも事実を歪曲して偽りの伝説を創ろうとしてますね?
人は面白い方を選びますから、こわい、こわい。
真相はワタシが語った通りですからそこんとこヨロシクです

geraさんこそ3日目おなか壊してキジを打ちまくってたじゃないですか。
それなのにクライミングをやったことのほうが伝説ですよ。
ビレイしながら上から悪魔の大魔王が降ってくるんじゃないかとヒヤヒヤでした
それにしてもよくあの体調でやりましたね。
それは素直にすごいなと思いましたよ。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1055
2017/3/25 22:46
 スミマセーン
ついウッカリ書いてしまいました^^。

3日目にお腹を壊して登っているときは、私も心配でしたね〜。
何せ途中で下ろしてもらって、どこかに走って行く余裕すらないぐらい、ピーピーでしたから(^^;。
伝説どころか、クライミング界を追放されるところでした。

それを免れることができたのも、ひとえにkanosukeさんが薬を分け与えてくれたからですm(__)m。

関連する山の用語

テン クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ