また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1090274 全員に公開 雪山ハイキング朝日・出羽三山

大頭森山〜明手山

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大井沢の根子の除雪終了地点に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
44分
合計
6時間22分
Sスタート地点07:2108:57700m付近 休憩09:0209:52大頭森山10:1511:32明手山11:3613:05650m付近 休憩13:1713:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全行程雪。大頭森山まではトレースがあるが、明手山へはない。気温が上がり重い雪に苦戦
その他周辺情報大井沢温泉ゆったり館 300円
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

根子集落から南に入り、除雪終了点に駐車
2017年03月20日 07:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子集落から南に入り、除雪終了点に駐車
龍ヶ岳の展望
2017年03月20日 07:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍ヶ岳の展望
車道にはスノーモービルの跡があり、固く締まっている
2017年03月20日 07:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道にはスノーモービルの跡があり、固く締まっている
滝淵沢の橋の手前から尾根に取り付いた
2017年03月20日 07:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝淵沢の橋の手前から尾根に取り付いた
ところが表面だけが固いが踏み込むと沈んでしまい大変で車道に戻る
2017年03月20日 07:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが表面だけが固いが踏み込むと沈んでしまい大変で車道に戻る
車道の積雪は、標識がやっと出る程度だ
2017年03月20日 08:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道の積雪は、標識がやっと出る程度だ
尾根に出たら多数のトレースが付いている。ここから大頭森山まではトレースを利用
2017年03月20日 08:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出たら多数のトレースが付いている。ここから大頭森山まではトレースを利用
ブナ林の奥に大頭森山が見える
2017年03月20日 08:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の奥に大頭森山が見える
沢や尾根が錯綜しているが、トレースを頼る
2017年03月20日 09:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢や尾根が錯綜しているが、トレースを頼る
町境の尾根に出る
2017年03月20日 09:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町境の尾根に出る
山頂の展望台が見えてきた
2017年03月20日 09:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の展望台が見えてきた
1
展望台は積雪で閉鎖
2017年03月20日 09:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台は積雪で閉鎖
朝日連峰の展望が広がる
2017年03月20日 09:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰の展望が広がる
2
一人の方が追い付いてきたのでシャッターを押してもらう
2017年03月20日 09:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人の方が追い付いてきたのでシャッターを押してもらう
2
明手山への尾根
2017年03月20日 09:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明手山への尾根
望遠で朝日連峰、小朝日岳ははっきりしているが、大朝日岳は雲がかかっている
2017年03月20日 09:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠で朝日連峰、小朝日岳ははっきりしているが、大朝日岳は雲がかかっている
2
明手山に向かうとトレースはない
2017年03月20日 10:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明手山に向かうとトレースはない
2
明手山近くから大頭森山 展望台が判る
2017年03月20日 11:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明手山近くから大頭森山 展望台が判る
朝日連峰北部
2017年03月20日 11:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰北部
1
平頂の明手山
2017年03月20日 11:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平頂の明手山
斜面を適当に下り、登りのトレースに出る
2017年03月20日 12:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を適当に下り、登りのトレースに出る
トレースはスノーシューが多いが、スキーもある
2017年03月20日 12:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはスノーシューが多いが、スキーもある
650m付近で開けたところで休憩
2017年03月20日 13:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
650m付近で開けたところで休憩
月山はかすんでいる
2017年03月20日 13:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山はかすんでいる
1
この標識の所に下りてきた
2017年03月20日 13:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識の所に下りてきた
古寺鉱泉への道路標識は雪で壊れたようだ
2017年03月20日 13:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古寺鉱泉への道路標識は雪で壊れたようだ

感想/記録
by je7snv

大頭森山 984.2m 三等三角点「根子」5回目 今回のコースは初
明手山 965m  初
 朝日連峰の東に大井沢の谷間があるが、その東側に寒河江川をはさんで1000mに満たない山々が南北に並んでいる。その中で代表が大頭森山ということになる。大頭森山には、南側の車道の峠から遊歩道があり、峠の駐車場から20分程度で山頂に着くことができる。しかし、冬季は西側は西川町大井沢の根子、東側は大江町柳川の矢引沢の間は通行止めだ。大頭森山へは、遊歩道経由で3回登り、冬季は2006.03.11に大江町の矢引沢から山スキーで大井沢峠を経て往復したことがある。今回は、大江町の根子から往復することにして、ついでに道のない明手山にも登ってみようと計画した。
 足回りをどうしようか迷って、いろいろな用具を車に積んでいったが、車から出ると足下が凍っていて滑る。これならばアイゼンが必要かと思い、アイゼンをザックに入れ、ワカンを外につけて出発。実際には、スノーシューとストックを選択したほうが良かった。
ブログ参照http://je7snv.at.webry.info/201703/article_8.html
訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ