また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1094280 全員に公開 フリークライミング奥多摩・高尾

河又クライミング

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

イレブン50本目
2017年03月25日 17:27撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イレブン50本目

感想/記録

一週間挟んでマンモス

ヌンがけの大五郎はテンテンで。
基本的にマンモスのピンについては長ヌンは必要なくて1P目に安環が必要なだけっぽい。仙人をやる人がいる場合は3Pと4Pは連結になる。

さて結果
大五郎3テン
マンモスケイブ

地主 ×
同 RP

以下マンモスケイブのムーブ備忘録

初手への飛びつきは問題ないが、そこからのガバ取りがトゥ&ヒールでのジャムが正しいのかがよくわからないが、安定はしている。
両手そこでチョークアップ可能

角マッチからカチは普通に取れる。下足で踏ん張り。
角は右手をザラついた面までラップ気味に持ち。
左足は左側の出っ張りに、右足は角度が変わるギリギリを蹴飛ばして反動を付けて、
左手ピンチを取る。
左手ピンチは中指がやや凹みがあってザラついた感触があり、3本指の先っぽだけ効いた気がするので、親指も浅いが中指に感触があれば持てる。
ピンチを取ったら、右足を2手目ガバにヒールをかけて、全力で引き付けるとロックされて、右手が出せる。
右手はサイコロ型で、ピンチ気味なのかカチなのかよくわからない。
どーやってもしっくりこない。
ヒールをトゥに置き換える人もいるけれど、ヒールのまま両手を保持って身体を少し上げて、左足は壁にぺったり張付ければ左手ガバまでのデッドは思ったよりも厳しくないらしい。
左手ガバが取れれば、右手が悪くても足ブラになれるので、カウンターにして
上部ガバとってレスト&クリップ

中間部は手にヒールが右足をサイドホールドにつっぱるムーブがよくわかったので、
ヒールをガバに差し込んで身体が壁から弾かれないように押えつつ、
右手の斜めホールドに身体を倒しつつ、右手はサイドカチに送って、
左手がサイドガバにデッド。取れれば、問題なく身体が上がるので、クリップ&レスト。

サイドガバは右手が上、これもザラつきがあるので、肩を寄せるようにしてロックしつつ、左足はそれなりに良い足をまっすぐ下に、左足は、ガバの少し上にある平らなホールドに踏ん張って、左手を一度後ろに下げて反動を付けて、左手4本指スロットへ。
小指はやや弾かれるので、人差し指を右に引くようにして、スタックさせる。
右足キョンは、右奥にある出っ張りを使う。右奥の出っ張りにキョンをしてポケット取り、トゥでホールドを捉えると、キョンを解除して膝を立てた時に右手アンダーポケットが薬指と中指がしっかり上向きに刺さってくれる。親指は手が小さいので、大きな粒じゃなくてその手前の小さい粒で握る。
左足に刻みは必要なくて、両手を保持れていれば、足がサイドガバの上部まで上がるので、踏ん張って、核心の一手。スローパーは右側の一番平な部分。親指も掛かるので<のような形で抑えると、止まる。本当に止まっているだけなので、フラッキングでしっかりと真下に引きつつ、最後カチを取ったら、左足を平らになっている部分に爪先を置き、右手をコルネへデッド取り。これが怖い。
左手は隠れたリップ直下にガバカチがあるので、そこでレスト&クリップ
リップをしっかり指先かけてやれば何とかなるので、そこからはしっかりと足を拾ってTO

とは言うものの、上下繋がったのはそれぞれ一度きり。
微妙に身体が上がらない。
保持の仕方についても微妙な筋肉の力の入れ具合で引き付けが違うので、なかなか厳しい。
ごまかせる筋肉がつくのが先か、コツを掴むのが先か。

感想/記録

Kaakaka君と迷神コンビに混ぜてもらって河又へ。

アップでミヤザキミドリ。結構疲れてしまって、10aでこれじゃ、11aなんてどうなっちゃうの?!と不安になる。

さて大五郎。岩が冷たくて持ってられない。アプローチ部分から先の、2クリップ目で手詰まる。探っても分かる気がしないし、待っている人がいるしで、早々に降りる。

気分転換にギザギザハートを触る。ホールドが多彩で面白い。OSはならなかったけど、あとちょっと触ったらできそう。さて、ギザギザハートをRPするか、大五郎をリトライするか、悩んだあげく、大五郎にする。

そうと決まれば、大五郎の取り付きに寝そべって、他の人のトライを眺める。今日の大五郎は大盛況で、みんなRPまであとちょっと、というところである。私が群を抜いてヘボい。うーむ、

私と身体スペックが同じぐらいの女性が何度もトライしている。やっぱり男性とは違ったしなやかな動きで、実に参考になる。彼女を眺めているうちに、どのホールドが使えるのか見えてきて、ラインが繋がった。

というわけで本日2便目大五郎。
イメージどおりにノーレストでスイスイ登り、ポケットを取って終了点が目の前。「どこまで行ったら終わりかなあ?」ときいたら「ガバあるでしょ!」と下から声。あ、確かに、ポケットの上がガバだ。

というわけで、みんなのムーブを盗んだ挙句のトンビに油揚げ状態だった大五郎でした。かなりかかるだろうと思っていたので、通算4便で落とせたのはうれしい。ステーキガストで肉とビールで祝杯。

ミヤザキミドリ10a ○
ギザギザハート10c ×
大五郎11a 1便目× 2便目○
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ