また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1095490 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 カヤンボ谷の左谷〜サネ尾(左谷の先にはさらに分岐が)

日程 2017年03月29日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台)に停めました。平日なので半分空き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
1時間18分
合計
5時間18分
S水越峠バス停10:1610:21水越峠11:06カヤンボ谷入口11:27最初の分岐11:43三叉路分岐点11:4712:13サネ尾トラバース道合流12:22サネ尾三叉路12:41一の鳥居12:51山頂広場14:0514:13一の鳥居14:18サネ尾下山口14:55サネ尾登山口14:58カヤンボ15:25水越峠15:34水越峠バス停15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・カヤンボ谷
一般登山道ではありません。ただ、特に危険な個所はありません。
堰堤の4段梯子は注意して登って下さい。分岐を間違えると、困難な行く手が待っています。初めての時はルートを忠実に辿って下さい。
今回最初の分岐を左に行きました。(通常はテープの多い右です)
ピンクリボンがあるので途中までは大丈夫です。最後に三叉路が出てきますが、ここで右端の尾根にのればサネ尾にスムーズにつながります。
今回はここから中央に進んだので、蟻地獄に若干苦労しました。ダイトレ途中(金剛山へ1kmの標識)からサネ尾へトラバースする道の途中に出てきます。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。
急坂ですので、雨の後などは滑ります。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタート。
2017年03月29日 10:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
大阪方面。晴れているがかすみ気味。
2017年03月29日 10:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面。晴れているがかすみ気味。
金剛山方面。
2017年03月29日 10:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山方面。
ダンコウバイの花が咲いていました。
2017年03月29日 10:26撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイの花が咲いていました。
3
ようやく花の季節へ。
2017年03月29日 10:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく花の季節へ。
4
カヤンボ橋。渡らずに直進。
2017年03月29日 11:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ橋。渡らずに直進。
数十歩でカヤンボ谷・サネ尾入口。
2017年03月29日 11:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数十歩でカヤンボ谷・サネ尾入口。
1
標識あり。
2017年03月29日 11:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識あり。
1
右がサネ尾。本日はカヤンボ谷。直進。
2017年03月29日 11:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右がサネ尾。本日はカヤンボ谷。直進。
1
カヤンボ谷名物の4段梯子。
2017年03月29日 11:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ谷名物の4段梯子。
4
堰堤上から下を見る。梯子の反対側にも登るルートがあるようで、テープが付いていた。かなり滑りそう。
2017年03月29日 11:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上から下を見る。梯子の反対側にも登るルートがあるようで、テープが付いていた。かなり滑りそう。
堰堤上から振り返ると、葛城山が見える。
2017年03月29日 11:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上から振り返ると、葛城山が見える。
2
谷を進む。
2017年03月29日 11:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を進む。
最初の分岐。通常は右へ。今回は初の左谷へ。akipapaさんのレコを参考。
2017年03月29日 11:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の分岐。通常は右へ。今回は初の左谷へ。akipapaさんのレコを参考。
3
以前は藪・枯枝が多かったが、どなたか整備された模様。
2017年03月29日 11:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前は藪・枯枝が多かったが、どなたか整備された模様。
1
順調に進む。
2017年03月29日 11:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に進む。
ピンクリボン以外にも赤テープ等あり。
2017年03月29日 11:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボン以外にも赤テープ等あり。
1
小さいが滑滝。
2017年03月29日 11:42撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいが滑滝。
2
そして開けた所に出る。
2017年03月29日 11:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして開けた所に出る。
1
テープに表示があり。
2017年03月29日 11:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープに表示があり。
2
右の尾根へ登れば、サネ尾に通じる。
2017年03月29日 11:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の尾根へ登れば、サネ尾に通じる。
2
今回はさらに直進。
2017年03月29日 11:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はさらに直進。
1
三叉路のようなところに出る。左に進むとダイトレの白雲岳登り口に合流のハズ。
2017年03月29日 11:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路のようなところに出る。左に進むとダイトレの白雲岳登り口に合流のハズ。
1
緑のテープがあったので直進を選ぶ。
2017年03月29日 11:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のテープがあったので直進を選ぶ。
1
小さなV字谷。
2017年03月29日 11:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなV字谷。
1
足元は良くないが、何とか進める。
2017年03月29日 12:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は良くないが、何とか進める。
倒木、枯枝多いが進む。
2017年03月29日 12:06撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木、枯枝多いが進む。
蟻地獄模様となってくる。
2017年03月29日 12:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻地獄模様となってくる。
1
谷の終点が近づいて来た。
2017年03月29日 12:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の終点が近づいて来た。
前方に白テープが見える。
2017年03月29日 12:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に白テープが見える。
すぐにサネ尾回遊路へ取りついた。
2017年03月29日 12:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにサネ尾回遊路へ取りついた。
1
ここをサネ尾に向かって進む。
2017年03月29日 12:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここをサネ尾に向かって進む。
2
カヤンボ谷からの正規ルートに合流。
2017年03月29日 12:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ谷からの正規ルートに合流。
2
正規ルートを上から見たところ。
2017年03月29日 12:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規ルートを上から見たところ。
サネ尾の尾根筋登山道(三叉路)に到着。
2017年03月29日 12:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サネ尾の尾根筋登山道(三叉路)に到着。
1
三叉路表示盤。
2017年03月29日 12:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路表示盤。
1
三叉路を右手に進んで、一の鳥居を目指す。
2017年03月29日 12:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路を右手に進んで、一の鳥居を目指す。
2
一旦下がって、再び登り返し。
2017年03月29日 12:32撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下がって、再び登り返し。
2
キン104の電柱。
2017年03月29日 12:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キン104の電柱。
1
そして一の鳥居へ。
2017年03月29日 12:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして一の鳥居へ。
2
鳥の餌場にて。
2017年03月29日 12:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥の餌場にて。
2
カメラマンが沢山居て、鳥も警戒しながら餌をついばむ。
2017年03月29日 12:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラマンが沢山居て、鳥も警戒しながら餌をついばむ。
2
転法輪寺到着。
2017年03月29日 12:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺到着。
1
売店前でミルクちゃんが休んでいました。
2017年03月29日 12:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店前でミルクちゃんが休んでいました。
4
カマクラ風前の灯。
2017年03月29日 12:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カマクラ風前の灯。
2
山頂は7℃。少し風があるので、座っていると涼しい。
2017年03月29日 12:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は7℃。少し風があるので、座っていると涼しい。
4
13時のライブカメラ。標識の右でストック振っています。この時ヤマレコユーザーのYanyan7さんご夫婦に声を掛けていただきました。
2017年03月29日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。標識の右でストック振っています。この時ヤマレコユーザーのYanyan7さんご夫婦に声を掛けていただきました。
4
14時のライブカメラ。Yanyan7さんご夫婦と話し込んで1時間経ってしまいました。標識左側がYanyan7さんご夫婦。
2017年03月29日 14:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時のライブカメラ。Yanyan7さんご夫婦と話し込んで1時間経ってしまいました。標識左側がYanyan7さんご夫婦。
8
葛城神社。
2017年03月29日 14:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城神社。
1
一の鳥居。下りはサネ尾で。
2017年03月29日 14:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居。下りはサネ尾で。
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
2017年03月29日 14:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
1
急坂の始まり。後半は激下りです。
2017年03月29日 14:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の始まり。後半は激下りです。
1
カヤンボ谷・サネ尾の登山口まで戻ってきました。
2017年03月29日 14:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ谷・サネ尾の登山口まで戻ってきました。
2
大阪方面は明るい空です。
2017年03月29日 15:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面は明るい空です。
1
水越峠へ無事帰着。
2017年03月29日 15:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠へ無事帰着。
1

感想/記録
by abek3

 いつもの金剛山へ。本日も普段行かないルートの再訪。3/26のakipapaさんレコで、カヤンボ谷の左谷が行けるとの情報が。さっそく今回行ってみました。
 カヤンボ谷は過去3回ほど行っていますが、いずれも最初の分岐を右に行く正規ルートをたどっていました。左の道は倒木・枯枝・藪が多く、あまり入る気になりませんでした。
 今回行ってみると、なるほどすっかり歩き易くなっています。枝刈の跡もあり、どなたか整備して下さったようです。
 一本道の左谷を進むと一旦平坦な場所に出ます。右はサネ尾へ通じる尾根へ上がる道。少し進んでから、左はダイトレ道へ通じる道のようです。
 本日はakipapaさんがたどった道をトレースしてみようと、直進を選択。レコの通り歩き難い道ですが何とか進んで蟻地獄へ。ここを少し我慢して行くとサネ尾回遊路と呼ばれる道に出ました。無事トレース終了。
 左谷は上部の分岐が幾つかあって、少し楽しめそうです。

 山頂ではヤマレコユーザーのYanyan7さんに、初めて声を掛けていただきました。ご夫婦で登られていましたが、聞けばお住まいは我家の極近く。遅めの昼食を取りながら、1時間近くおしゃべりタイム。楽しい時間をありがとうございました。
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/13
投稿数: 1659
2017/3/30 0:40
 お話しできて嬉しかったです〜( ^o^)ノ
ずっと気になっていた「abek3」さんという方。
あの定位置でストック1本で・・勇気を持ってお声かけてみよう!!でした。
あっという間に1時間が経っていてびっくりしましたね。
ちょっと寒かったですね〜。
もっともっといろんなお話し聞かせていただきたかったです。

これを機に 技術・知識等々 ご指導いただければ有り難いです!!
登録日: 2014/4/14
投稿数: 170
2017/3/30 8:30
 Re: お話しできて嬉しかったです〜( ^o^)ノ
Yanyan7 さん、声掛けありがとうございました。こちらも嬉しかったです。
Yanyan7 さんのレコや日記は時々拝見していたので、記憶に残り易いユーザー名もあって声を掛けていただいて直ぐに分かりました。
山談義、時間の経つのが早いです。楽しい時間はあっという間ですね。
近くに住んでおられるので、今後もお会いする機会が多いと思います。
中年になってから習得した一部自己流の技術・知識ですが、機会あれば伝授いたします。他の情報と組み合わせて活用下さい。
これからも宜しくお願いします。また、お会いしましょう。
登録日: 2015/6/24
投稿数: 6
2017/4/1 21:42
 私もカヤンボ谷に行ってきました。
abek3さん お久しぶりです。
abek3さんの記録を見て、今日私もカヤンボ谷に行ってきました。
カヤンボ谷は以前にも3回ほど行ったことはあるのですが、今日は予想外の積雪。(30cm程度)
また人通りが少ないせいかabek3さんがレポートしているとおり倒木・枯枝・藪だらけ。
積雪でサネ尾への合流付近ではルートが分からなくなり疲れ果てましたは何とか頂上広場にたどり着きました。
それと今日頂上広場の周辺ででNHKの「ドキュメント72時間」( 毎週金曜 午後10時50分から放映)という番組の撮影をしてました。(カメラで撮影していたのですが、
その時は何やってるのかわからなかったのですが、今日のヤマレコの他の人のレポート見てで分かりました。)
詳しくはわかりませんがその人のレポートによると5月に放映するそうです。
もしかすると私も映ってるかもしれません。(楽しみです。)
登録日: 2014/4/14
投稿数: 170
2017/4/1 22:52
 Re: 私もカヤンボ谷に行ってきました。
basilisk93sさん、こんばんわ。
そうですか、basilisk93sさんもカヤンボ谷に行かれたのですね。
私は左谷は初めてでしたが、奥の方はルートが判り難いです。ご苦労様でした。
NHKの「ドキュメント72時間」撮影は、偶然10時直前にライブカメラをリアルタイムで見ていました。今日は用事が在って行けませんでしたが、明日は登ろうと思っています。この時期に、これだけの積雪も珍しいです。
NHKで放送されたらビデオでしっかりbasilisk93sさんを探してみます。
登録日: 2012/4/21
投稿数: 2244
2017/5/2 21:37
 abek3さんはじめまして
先日の金剛山でyanyan7とお会いし、abek3さんのことを伺いました。
私の家ともごく近くのようです。
2週間あまり前に金剛山から自宅まで歩いて帰りましたが、
そのおりに、abek3さんのお住まいのすぐ近くを通ったのでは
ないかと思います。
海外も含めたくさんの山に登っておられるようでびっくりしています。
お会いできましたら宜しくお願いします。
登録日: 2014/4/14
投稿数: 170
2017/5/9 20:38
 Re: abek3さんはじめまして
akipapaさん、初めまして。
返事が遅くなりました。5/2〜5/9まで長野、群馬に遠征していました。
akipapaさんのレコは良く拝見しています。
akipapaさんが金剛山から自宅まで歩いて帰った時に、我家の傍を通って
行かれました。写真を見てビックリです。
こちらこそ、今度お会いした時はよろしくお願いします。
山主さんのお話を聞かせて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ