また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1096006 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

【薮山レコ】善光寺山 〜海谷山塊の展望台〜

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

第3ロマンスリフト終点(14:00)→ゲレンデトップ(14:20)→善光寺山(14:50〜15:00)→第1ロマンスリフト終点(15:35)
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

シーサイドバレースキー場のリフトを乗り継いで上へ。振り向くと海谷駒ヶ岳が近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シーサイドバレースキー場のリフトを乗り継いで上へ。振り向くと海谷駒ヶ岳が近い。
第一ロマンスリフト終点に到着。見上げるとパラグライダーが着陸態勢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一ロマンスリフト終点に到着。見上げるとパラグライダーが着陸態勢。
1
さらに第三ロマンスリフトに乗り継ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに第三ロマンスリフトに乗り継ぐ。
リフト終点より、北方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト終点より、北方向。
西方向。広々としたゲレンデは空いている。左は明星山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向。広々としたゲレンデは空いている。左は明星山。
ここから歩きで少し下って登り返しゲレンデトップ(右奥)へ。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから歩きで少し下って登り返しゲレンデトップ(右奥)へ。(元サイズあり)
ゲレンデトップ(中央)を望む。左は戸倉山、右は目指す善光寺山。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップ(中央)を望む。左は戸倉山、右は目指す善光寺山。(元サイズあり)
1
善光寺山へのルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善光寺山へのルート。
1
ゲレンデトップから望む海谷山塊(左より鬼ヶ面山、鋸岳)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップから望む海谷山塊(左より鬼ヶ面山、鋸岳)。
2
樹林帯を抜けて稜線に上がると、目の前に海谷山塊と雨飾山が。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて稜線に上がると、目の前に海谷山塊と雨飾山が。(元サイズあり)
2
さらに稜線を西に進むと善光寺山が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに稜線を西に進むと善光寺山が見えてくる
善光寺山の裏側(南側)は崖になって切れ落ちている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善光寺山の裏側(南側)は崖になって切れ落ちている。
1
稜線伝いに善光寺山を目指す。かなりの急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線伝いに善光寺山を目指す。かなりの急登。
善光寺山の山頂部。南側は崖だが北側は樹林帯の緩やかな斜面。雪庇がナイフ状になっており慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善光寺山の山頂部。南側は崖だが北側は樹林帯の緩やかな斜面。雪庇がナイフ状になっており慎重に。
2
善光寺山の山頂からは海谷山塊の大展望が広がる。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善光寺山の山頂からは海谷山塊の大展望が広がる。(元サイズあり)
1
以下、山頂展望。南側の姫川上流方向。かなりの高度感あり。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、山頂展望。南側の姫川上流方向。かなりの高度感あり。(元サイズあり)
1
後立山連峰方面アップ。(中央は雪倉岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰方面アップ。(中央は雪倉岳)
はるか下方の姫川をズーム。標高差600m程度あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか下方の姫川をズーム。標高差600m程度あり。
もう一度、海谷山塊。(左より海谷駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳、雨飾山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、海谷山塊。(左より海谷駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳、雨飾山)
1
山頂直下の岩場と戸倉山(中央奥)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場と戸倉山(中央奥)。
3
山頂から下山しゲレンデを歩いて下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から下山しゲレンデを歩いて下る。
最後はリフトの下りに乗せてもらう。正面右に駒ヶ岳を見ながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はリフトの下りに乗せてもらう。正面右に駒ヶ岳を見ながら。
下山後は山麓にある塩の道温泉に日帰り入浴。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後は山麓にある塩の道温泉に日帰り入浴。
(おまけ)南西側より望む善光寺山と海谷山塊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)南西側より望む善光寺山と海谷山塊。
2
(おまけ)戸倉山山麓にある白池と海谷山塊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)戸倉山山麓にある白池と海谷山塊
1
(おまけ)神秘的なエメラルドグリーンの角間池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)神秘的なエメラルドグリーンの角間池
1
(おまけ)初夏の昼闇山から望む焼山と火打山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)初夏の昼闇山から望む焼山と火打山
1
(おまけ)同じく西海谷山稜の峰々(左より雨飾山、鋸岳、駒ヶ岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)同じく西海谷山稜の峰々(左より雨飾山、鋸岳、駒ヶ岳)
1

感想/記録
by

糸魚川のシーサイドバレースキー場の上にあり展望の期待できそうな善光寺山へ登ってみる。スキー場は今季の最終営業日のためか空いている。スノーシューをザックに携帯してリフトを2本の乗り継ぐ。最後の1本はスノーシュー歩きでゲレンデトップへ登る。南西側に広がる樹林帯斜面に突入し稜線伝いに30分ほどで善光寺山へ到着。山頂直下の急斜面はツボ足で登る。山頂の南側は黒々と雪も付かない絶壁になっており恐怖感抜群の展望が広がる。北側は海谷山塊の山並みが屏風のように展開し、その奥に日本海まで一望できる。山頂からの素晴らしい眺望に満足して下山。塩の道温泉に立ち寄ってから帰途についた。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/4/6 0:31
 さすが
写真19良いですね。懲りずに海谷へ行きたくなりました。
新潟市からだと結構遠いですが、個人的には魚沼や谷川山系より俄然惹かれるものがあります。
いつも刺激的なレコありがとうございます
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/4/6 18:58
 海谷山塊
コメントありがとうございます。善光寺山の隣りにある戸倉山は登山道もありさらに標高も高く海谷山塊の展望が良いです。麓には海谷山塊を映す白池やエメラルドグリーンの角間池があり塩の道も通っています。新緑や紅葉の頃はベター。
osamu310 様の昼闇山を目指した記録、興味深いです。越後百山なので是非登頂しておきたい名山ですね。自分は残雪期にアケビ平から鉢山との鞍部からアタックでした。さらに大昔に初夏に昼闇谷(上部は雪渓)を詰めて無雪期の登頂もありました。苔むした三角点、小さな池塘を発見、焼山は迫力でした。残雪期に高松山から周回するBCの記録もあったような。参考までにおまけ画像を追加しておきました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ