また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098048 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

武尊山 雪先案内人〜絶景の稜線歩きと日本武尊を崇めて

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴、春霞
アクセス
利用交通機関
車・バイク
川場スキー場立体駐車場。今シーズンの営業は4月16日まで。
それ以降は土日GW営業。22、23、29、30、5月3、4、5、6、7日。
ただし短縮の可能性があるので現地へ問い合わせすること。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
2時間7分
合計
5時間14分
S川場スキー場ゲレンデトップ09:1109:36剣ヶ峰山09:4210:58武尊山12:4113:44剣ヶ峰山13:4614:04川場スキー場ゲレンデトップ14:2014:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雪先案内人、shilokoさんのペースに合わせゆっくりです。
スキー場トップからゴールまではスキーにて滑走です。
コース状況/
危険箇所等
長さ20m、深さ5m近いクラックあり。雪庇接近注意。
前回平成28年12月19日の武尊山レコ、怒涛のラッセル。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1029203.html
その他周辺情報上毛かるた「ぬ」沼田城下の塩原太助
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

昨年12月19日にタルミで撤退した武尊山にリベンジするshilokoさん。リフト待ちする。
2017年04月02日 08:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年12月19日にタルミで撤退した武尊山にリベンジするshilokoさん。リフト待ちする。
5
クリスタルEXに乗車しスキー場トップへ。
2017年04月02日 08:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスタルEXに乗車しスキー場トップへ。
1
私はスキーをデポしておく。shilokoさんはリフトで。
2017年04月02日 09:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私はスキーをデポしておく。shilokoさんはリフトで。
いつものポーズはやめて、選抜優勝の大阪桐蔭を彷彿させるポーズで。
2017年04月02日 09:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものポーズはやめて、選抜優勝の大阪桐蔭を彷彿させるポーズで。
5
昨夜10冂度積雪したようだ。西側には谷川連峰。
2017年04月02日 09:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜10冂度積雪したようだ。西側には谷川連峰。
2
スキー場トップの急登を上がる。
2017年04月02日 09:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場トップの急登を上がる。
1
相変わらず痺れる急登。景色が良くてスイスイ登る。
2017年04月02日 09:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず痺れる急登。景色が良くてスイスイ登る。
谷川岳から巻機山への稜線が美しい。手前は獅子ヶ鼻山から鹿俣山への稜線。
2017年04月02日 09:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳から巻機山への稜線が美しい。手前は獅子ヶ鼻山から鹿俣山への稜線。
この急登は三回目のshilokoさん。今日は雪先案内人なので見守る。後ろは谷川主脈から白砂山に至る三国山脈、手前は玉原湖。
2017年04月02日 09:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急登は三回目のshilokoさん。今日は雪先案内人なので見守る。後ろは谷川主脈から白砂山に至る三国山脈、手前は玉原湖。
急登を征すると絶景が待っている。谷川主脈〜草津志賀、四阿山浅間山。
2017年04月02日 09:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を征すると絶景が待っている。谷川主脈〜草津志賀、四阿山浅間山。
1
剣ヶ峰山が凛々しく。
2017年04月02日 09:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山が凛々しく。
1
急登を征してひと休憩するshilokoさん。「あれ私登れるんかい!」と素が出る。
2017年04月02日 09:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を征してひと休憩するshilokoさん。「あれ私登れるんかい!」と素が出る。
3
毎度おなじみの構図。天気が良すぎて白飛びしてしまう。
2017年04月02日 09:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度おなじみの構図。天気が良すぎて白飛びしてしまう。
2
剣ヶ峰山山頂、標高2020m。冬季はスノーリッジ、夏季はハイマツのヤセオネ。
2017年04月02日 09:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山山頂、標高2020m。冬季はスノーリッジ、夏季はハイマツのヤセオネ。
3
浅間山〜赤城山をバックに。
2017年04月02日 09:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山〜赤城山をバックに。
3
至仏山から奥利根山稜、越後三山〜谷川主脈への美しいラインと青い空。
2017年04月02日 09:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山から奥利根山稜、越後三山〜谷川主脈への美しいラインと青い空。
1
剣ヶ峰山北面の下りから武尊山。
2017年04月02日 09:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山北面の下りから武尊山。
2
振り返る剣ヶ峰山。
2017年04月02日 09:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る剣ヶ峰山。
3
剣ヶ峰山東面と赤城山。
2017年04月02日 09:50撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山東面と赤城山。
さらに急坂を下るshilokoさん。
2017年04月02日 09:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに急坂を下るshilokoさん。
1
五山送り火の如意ヶ岳を彷彿とさせる。ここは京都ではない。
2017年04月02日 09:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五山送り火の如意ヶ岳を彷彿とさせる。ここは京都ではない。
4
小ピークをいくつも超えていく。不動岳、前武尊、川場剣ヶ峰、中ノ岳。
2017年04月02日 09:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークをいくつも超えていく。不動岳、前武尊、川場剣ヶ峰、中ノ岳。
1
美しいシュカブラと剣ヶ峰山。青と白が織りなす美しい景色。
2017年04月02日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいシュカブラと剣ヶ峰山。青と白が織りなす美しい景色。
2
クラックが発生している。長さ20m深さ5mはあるだろう。タルミから見るとよくわかる。
2017年04月02日 10:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックが発生している。長さ20m深さ5mはあるだろう。タルミから見るとよくわかる。
1
前回初めてラッセルを経験した急登を登るshilokoさん。気温−3℃だが風が弱く日差しがあるので暑い。
2017年04月02日 10:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回初めてラッセルを経験した急登を登るshilokoさん。気温−3℃だが風が弱く日差しがあるので暑い。
1
前回撤退した箇所。山頂が目の前。今日は余裕。
2017年04月02日 10:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回撤退した箇所。山頂が目の前。今日は余裕。
山頂が目前となり、笑顔が見えるshilokoさん。撤退の悔しい経験が糧となり生かされている。
2017年04月02日 10:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が目前となり、笑顔が見えるshilokoさん。撤退の悔しい経験が糧となり生かされている。
2
山頂は冬道。西へ巻いて武尊神社からの登山道へ登って行く。
2017年04月02日 10:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は冬道。西へ巻いて武尊神社からの登山道へ登って行く。
1
強烈な吹雪を想像させるシュカブラを見ながらビクトリーロードを行く。
2017年04月02日 10:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な吹雪を想像させるシュカブラを見ながらビクトリーロードを行く。
上州武尊山山頂、標高2158m。記念に・・・顔色が今年の雪山の天候を物語り、さらに人相を悪くしている愚か者。アークテリクスが似合う美女とナットが似合う野獣。
2017年04月02日 11:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊山山頂、標高2158m。記念に・・・顔色が今年の雪山の天候を物語り、さらに人相を悪くしている愚か者。アークテリクスが似合う美女とナットが似合う野獣。
13
剣ヶ峰山を背景に。山頂から時計回りに・・・
2017年04月02日 11:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を背景に。山頂から時計回りに・・・
10
日光白根山。ルンゼが美しい。冬季直登ルートも見える。
2017年04月02日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。ルンゼが美しい。冬季直登ルートも見える。
4
燧ケ岳。柴安堯∇瑤料仄峰。手前は富士見峠、アヤメ平。
2017年04月02日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳。柴安堯∇瑤料仄峰。手前は富士見峠、アヤメ平。
6
至仏山。手前は小至仏山、悪沢岳。
2017年04月02日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山。手前は小至仏山、悪沢岳。
2
巻機山、牛ヶ岳、割引岳。
2017年04月02日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山、牛ヶ岳、割引岳。
2
朝日岳、笠ヶ岳、白毛門、武能岳。
2017年04月02日 11:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳、笠ヶ岳、白毛門、武能岳。
2
谷川岳東壁。一ノ倉岳、オキノ耳、トマノ耳、西黒尾根。
2017年04月02日 11:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳東壁。一ノ倉岳、オキノ耳、トマノ耳、西黒尾根。
5
谷川主脈。オジカ沢の頭、爼堯∨太郎山。
2017年04月02日 11:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈。オジカ沢の頭、爼堯∨太郎山。
2
裾野は長し赤城山。鍋割山、鈴ヶ岳、荒山、地蔵岳、長七郎山、黒檜山。
2017年04月02日 11:11撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裾野は長し赤城山。鍋割山、鈴ヶ岳、荒山、地蔵岳、長七郎山、黒檜山。
2
荷物をデポして山頂から中ノ岳方面へ。日本武尊像が豪雪で倒れ埋没したと聞いて救出しに向かう。
2017年04月02日 11:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物をデポして山頂から中ノ岳方面へ。日本武尊像が豪雪で倒れ埋没したと聞いて救出しに向かう。
2
掘り出した日本武尊像。左目が損失している。
2017年04月02日 11:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掘り出した日本武尊像。左目が損失している。
2
起こして岩の上に載せて置いた。shilokoさんが支えるように起こす。
2017年04月02日 11:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起こして岩の上に載せて置いた。shilokoさんが支えるように起こす。
4
救出を無事終え山頂へ戻るshilokoさん。片品尾瀬、日光方面の美しい景色。38年間の営業を終えた武尊牧場スキー場が見える。
2017年04月02日 11:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救出を無事終え山頂へ戻るshilokoさん。片品尾瀬、日光方面の美しい景色。38年間の営業を終えた武尊牧場スキー場が見える。
3
日本武尊像が気になるらしい。
2017年04月02日 11:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊像が気になるらしい。
3
山頂へ戻ると色とりどりの登山者でごった返す。
2017年04月02日 11:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ戻ると色とりどりの登山者でごった返す。
2
いつもの山頂最前列で昼食。
2017年04月02日 11:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの山頂最前列で昼食。
3
今日は鶏南蛮そばと、歌舞伎「助六所縁江戸桜」から命名された助六寿司も持ってきた。
2017年04月02日 12:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は鶏南蛮そばと、歌舞伎「助六所縁江戸桜」から命名された助六寿司も持ってきた。
7
いつ来ても、この絶景ポイントでの昼食は最高。
2017年04月02日 12:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ来ても、この絶景ポイントでの昼食は最高。
2
美しい剣ヶ峰山を見ながら食す。登山者が蟻の様だ。
2017年04月02日 12:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい剣ヶ峰山を見ながら食す。登山者が蟻の様だ。
2
食べ終わった空の鍋に雪を盛って食べようとするshilokoさん。
2017年04月02日 12:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食べ終わった空の鍋に雪を盛って食べようとするshilokoさん。
5
良い子に見せられない危険な表情なので強モザイク。ヤマレコから削除要請必須。美しい谷川主脈が台無し・・・
2017年04月02日 12:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い子に見せられない危険な表情なので強モザイク。ヤマレコから削除要請必須。美しい谷川主脈が台無し・・・
5
再装備し美しい景色を見ながら下山する。
2017年04月02日 12:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再装備し美しい景色を見ながら下山する。
手前から天神尾根、オジカ沢の頭、爼堯∨太郎山、仙ノ倉山、中央には苗場山。
2017年04月02日 12:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から天神尾根、オジカ沢の頭、爼堯∨太郎山、仙ノ倉山、中央には苗場山。
2
谷川岳東壁。西黒尾根、マチガ沢、シンセン岩峰、東尾根、一ノ倉沢、一ノ倉尾根、幽ノ沢。
2017年04月02日 12:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳東壁。西黒尾根、マチガ沢、シンセン岩峰、東尾根、一ノ倉沢、一ノ倉尾根、幽ノ沢。
1
山頂直下をシリセードするshilokoさん。さすがシリA級ライセンス。
2017年04月02日 12:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下をシリセードするshilokoさん。さすがシリA級ライセンス。
2
太陽が南中となりシュカブラのコントラストが美しい剣ヶ峰山。
2017年04月02日 12:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が南中となりシュカブラのコントラストが美しい剣ヶ峰山。
2
山頂を後にするshilokoさん。縦走ピストンなので往路は登り返しがあるのだが・・・
2017年04月02日 12:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にするshilokoさん。縦走ピストンなので往路は登り返しがあるのだが・・・
1
武尊山西側の岩場。
2017年04月02日 12:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山西側の岩場。
剣ヶ峰山へ小ピークをいくつも縦走して下山する。
2017年04月02日 13:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山へ小ピークをいくつも縦走して下山する。
白く美しい剣ヶ峰上の沢には雪庇がありクラックが発生している。
2017年04月02日 13:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く美しい剣ヶ峰上の沢には雪庇がありクラックが発生している。
1
上から見る雪庇、クラック部分。20m程度の長さ、大きく口をあいている。注意。
2017年04月02日 13:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見る雪庇、クラック部分。20m程度の長さ、大きく口をあいている。注意。
1
小ピーク、剣ヶ峰山、獅子ヶ鼻山。
2017年04月02日 13:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピーク、剣ヶ峰山、獅子ヶ鼻山。
登り返しにバテバテのshilokoさん。キツかろうが、辛かろうが、歩いて下山してもらう。励まし、見守る事しかできない雪先案内人。
2017年04月02日 13:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しにバテバテのshilokoさん。キツかろうが、辛かろうが、歩いて下山してもらう。励まし、見守る事しかできない雪先案内人。
吹雪が作るシュカブラと谷川岳。
2017年04月02日 13:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹雪が作るシュカブラと谷川岳。
4
踏み跡のない剣ヶ峰山東面、剣ヶ峰沢。
2017年04月02日 13:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡のない剣ヶ峰山東面、剣ヶ峰沢。
5
ふたたび剣ヶ峰山山頂に立つshilokoさん。最後の登り坂を上がり笑顔があふれる。
2017年04月02日 13:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたたび剣ヶ峰山山頂に立つshilokoさん。最後の登り坂を上がり笑顔があふれる。
1
剣ヶ峰山から続く稜線。
2017年04月02日 13:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山から続く稜線。
獅子ヶ鼻山から鹿俣山の尾根には美しい雪庇。
2017年04月02日 13:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子ヶ鼻山から鹿俣山の尾根には美しい雪庇。
2
午前中の写真と比較すると太陽の位置が重要なことに改めて気が付く。
2017年04月02日 13:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中の写真と比較すると太陽の位置が重要なことに改めて気が付く。
1
スキー場トップが見えてきた。シリセードの影響でレンズに水滴付着、ご容赦。
2017年04月02日 13:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場トップが見えてきた。シリセードの影響でレンズに水滴付着、ご容赦。
スキー場トップの急登をシリセードするshilokoさん。得意のМ字開脚で滑る。はしたない・・・
2017年04月02日 14:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場トップの急登をシリセードするshilokoさん。得意のМ字開脚で滑る。はしたない・・・
2
どうしてもこれがやりたいらしい。放っておいて先に下りる。
2017年04月02日 14:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしてもこれがやりたいらしい。放っておいて先に下りる。
3
最後までシリセードするshilokoさん。
2017年04月02日 14:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後までシリセードするshilokoさん。
1
往年の総長がスノーモービルで復活か!いかにも悪そうだ。
2017年04月02日 14:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往年の総長がスノーモービルで復活か!いかにも悪そうだ。
3
こちらはレースクイーンか・・・
2017年04月02日 14:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはレースクイーンか・・・
2
shilokoさんをリフトへ見送り、私はスキーで滑り降りる。
2017年04月02日 14:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさんをリフトへ見送り、私はスキーで滑り降りる。
1
下は雪質がシャーベットだが気持ちよく滑り降りる。
2017年04月02日 14:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は雪質がシャーベットだが気持ちよく滑り降りる。

感想/記録

 桜の開花が聞かれる様になり、山間部は残雪期に入った4月。
今日はshilokoさんの雪先案内人。昨年12月19日ラッセルと時間切れで撤退した武尊山へのリベンジ。雪山初心者として浅間山外輪山へお連れしてから8回目となる。
アイゼン装着時の歩き方にも慣れてきて、赤城山なら単独で行けるようになった。
ただ天候が良い時にしか行っていないので悪天候時の対処や、ラッセルや縦走など経験がまだ浅くなおかつ体力がない。山は逃げないので徐々に経験し付けていってもらおう。

 川場スキー場には7時半に着。リフト稼働が8時半からなので余裕。
今シーズンの川場スキー場は4月16日まで営業する。その後は土日GW営業に切り替わる。4月22、23、29、30、5月3、4、5、6、7日が営業日となる。昨年と違い積雪が多いのでGWまで営業するのはありがたい。ただ営業が短縮することもあるので行く当日に必ず問い合わせする必要がある。特にクリスタルEXが稼働しないと登山者は辛いものがある。

 装備してリフト二本乗り継ぎスキー場トップへ。
前日に積雪が10冂度あったようだが、トレースもあり楽に歩ける。
前回はリフトが遅延し、なおかつ最初からラッセルだったから撤退したのだった。
スキー場トップの急登は相変わらず痺れる。赤岳での右股関節負傷もまだ癒えぬが慣れた急坂はスイスイ登れる。

 気温−3℃だが、雲一つない快晴とそよ風程度の風、強い日差しと反射で暑い。
私はオーバーパンツを、shilokoさんはソフトシェルを脱いだ。
剣ヶ峰山からは、正面に武尊山があり、東は日光白根山や前武尊、西は谷川主脈から越後三山への稜線、南は赤城山、子持山が見えたが雲がかかり富士山、八ヶ岳は見えなかった。剣ヶ峰の北面は岩場が露出し始めており引っ掛け注意。
午前は雪がサラサラだったが、午後は湿雪で重くなった。

 標準CT並みの1時間40分で山頂に到着する。先発に近いが山頂にはすでに10名程度いた。記念撮影後日本武尊像が倒壊し埋没していると聞いたので救出に行くことにした。山頂から5分もあれば祀られている場所には着くが、目印の岩場は分かるが台座も雪に埋もれていた。ただ日本武尊像は顔を出していてすぐに見つかった。
廻りをピッケルで掘り、像全体を雪から掘り出した。
雪も解け始めているので、滑落しないように岩の上に起こしておいた。
雪が完全に融けたら関係各位に修復作業をしてもらいたい。

 踵を返し山頂へ再度戻ると人でごった返していた。
20人以上はいるだろう。思い思いの記念写真を撮っている。
快晴で素晴らしい景観、みんな笑顔が印象的だった。
私たちはいつものように山頂最前列で昼食。
今日は鶏南蛮そばと助六寿司。鶏肉とネギを素焼きして煮込んでだしを取った。
鶏肉はshilokoさんご用達、吉岡町の綿引ミートで購入。

 食後は混んでいる山頂を後にして早々と下山。
shilokoさんはいきなり山頂直下でシリセード。さすがシリA級ライセンス、速い!
私は南中の日差しに美しいコントラストが映える剣ヶ峰山から目が離せない。西側の谷川主脈も美しい。時間的に余裕があるのでゆったりと歩いて行った。
だがシリセードで楽しいでいたshilokoさんは登り返しでバテバテ。
やはり縦走ピストンでの下山は疲れが出てしまうのだろう。
助けるつもりなどなく、歩いて帰ってもらうしかないので、励ましながら見守っていた。剣ヶ峰山北面二段の急登はみなさん堪えていた様だ。
ただここさえ登ってしまえば、もう登りはない。

 下山リフトに乗るためにshilokoさんを見送り、私はスキーで下山。
暖かく雪がシャーベット状になりつつも、楽しく滑り降りられた。
足の疲れもないので、ノンストップ約3分で降りてきた。
昨年と異なり今年は積雪が多くまだまだ楽しめそうだ。桜も気になるが・・・
訪問者数:621人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/10
投稿数: 320
2017/4/4 4:28
 川場スキー場から上州武尊山往復楽しめましたね!
 growmonoさん、おはようございます。ここ数回shilokoさんとのコラボいいですね!頂上での鶏南蛮そば&助六寿司のランチ、さぞかし美味しかったことと思います。
 自分も3/12にこの3/31で閉鎖してしまった武尊牧場スキー場から上州武尊山頂上を踏んで西俣沢を滑走しましたが、やはり川場スキー場からだと近くてコースタイムも短く登りやすくて良いですね。往路の1時間47分は早すぎます!復路が問題といえば問題ですが、川場谷を標高1500mまで滑り、また川場スキー場のゲレンデまで約2時間半シール登行しさえできればよいので、来シーズンからはそれもありかなと思いました。
growmonoさんの武尊山頂上から周囲の山々の景色のphoto(自分の気になるのは主に雪の付き具合です)を見ると、4月になってもまだ山滑走できる山が多くあり、写真を見ているだけで幸せを感じました!
 今週は谷川連峰の茂倉岳〜茂倉谷の滑走を予定しています。すでに沢床ではデブリがかなり出てしまっているようですが、土樽までの道を気をつけて下ろうと思います。
 いつもながらヤマレコ楽しませて頂きました。
  hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 460
2017/4/4 22:53
 残雪
 こんばんは、hareharawaiさん。
コメントお寄せ頂きありがとうございます。

 川場スキー場が営業している間は西峰から先だけなので楽させてもらってます。
営業終了直後は川場キャンプ場から5時間かけて山頂へ挑みます。
残雪が多いと踏み抜き連発やラッセルする難所が多々あります。
川場谷からの方が楽かもしれませんね。危険が伴いますが岩場が多いので残雪も少ないです。
ただ沢の方には雪は多くあり、先日も前武尊一ノ沢で雪崩事故がありましたね。
武尊牧場スキー場閉鎖は残念です。年に一度位は行ってましたね。

 私も撮影しながら今年は残雪が多いなと思っておりました。
特に苗場山、巻機山など残雪がたっぷりありそうです。
至仏山も同様で、昨年の様にワル沢滑走禁止のお触れはまず出ないと思います。

 越後駒ケ岳BCの写真圧巻でしたね。登山ではなかなかたどり着けません。
怪我をしてからゲレンデ滑走が主となりBCはもうできないので羨ましいです。
茂倉岳〜茂倉谷滑走されるそうですが、どうかお気を付けて。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 320
2017/4/6 2:49
 Re: 残雪
growmonoさん、おはようございます。
上州武尊山の川場スキー場からの情報有り難うございます。大変参考になります。

茂倉谷はここ数日の気温の上昇により雪庇が崩壊し大規模なブロック雪崩の危険があるため中止し、急遽その代わりに仙ノ倉山に登頂し、シッケイ沢→毛渡沢→土樽へとスキー滑走してきました。こちらはより安全で、沢筋の残雪が先シーズンよりはるかに多く、渡渉ゼロで楽しめました。(H28春の万太郎山BC、一ノ倉岳BCは渡渉地獄でした(笑...では済まされませんね))

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ