また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098305 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

陽光まばゆい雪の御池岳テーブルランドへ

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴 午後過ぎから風が出てきました。

【気温】冬期ゲート出発時:0℃  カタクリ峠:8℃
    東ボタンブチ:10℃ 冬期ゲート帰着時:11℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関ケ原IC→R365→R306の冬期ゲート前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
1時間24分
合計
8時間36分
Sスタート地点06:5708:19天ケ平(カタクリ峠)08:2909:02御池岳・鈴北岳分岐09:2109:53御池岳10:1010:24奥の平11:01東のボタンブチ11:3111:44土倉岳・下降点12:22青のドリーネ12:2312:45奥の平12:4712:57御池岳13:12御池岳・鈴北岳分岐13:1313:49天ケ平(カタクリ峠)13:5315:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートは65.8kmポストを起点、終点にしていますので、
国道往復の8kmを含めた山行になります。
(ゲート出発:6:00 ゲートに帰着:16:47)

【積雪状態】
前半の尾根はすっかり雪が消えましたが、カタクリ峠から先は
まだたっぷりの雪で、1mは有ると思われます。
念のため準備したワカン・アイゼンは使わず、全コースをツボ足で
歩きましたが、テーブルランドはスノーシューが有効かもしれません。
その他周辺情報R306の冬期ゲートは「4月に入ってもしばらく通行止めは継続」と発表。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

快晴が期待できそうだ。
2017年04月02日 06:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴が期待できそうだ。
3
国道を4km歩いて、犬返谷左岸尾根の取付きに到着。
2017年04月02日 06:47撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道を4km歩いて、犬返谷左岸尾根の取付きに到着。
5
コグルミ谷右岸尾根に合流。
2017年04月02日 07:27撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷右岸尾根に合流。
3
【コグルミ谷右岸尾根】
ハートの様なツリーホール。
2017年04月02日 07:36撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コグルミ谷右岸尾根】
ハートの様なツリーホール。
6
鹿の足跡だろう。
2017年04月02日 07:37撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の足跡だろう。
4
右側、日当たりの悪い植林の尾根を登ってきました。
2017年04月02日 07:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側、日当たりの悪い植林の尾根を登ってきました。
2
尾根の雪もすっかり消えて、春が来ました。
2017年04月02日 07:51撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の雪もすっかり消えて、春が来ました。
2
この登りを頑張れば県境稜線だ。
2017年04月02日 08:04撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登りを頑張れば県境稜線だ。
1
雪が消えたら秋の忘れ物が出てきた。
2017年04月02日 08:12撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が消えたら秋の忘れ物が出てきた。
4
傾斜が尽きると、残雪が出てきた。
2017年04月02日 08:15撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が尽きると、残雪が出てきた。
3
【県境稜線】
「カタクリ峠」
前日の雨?で、すっかりトレースが消えてしまった。
2017年04月02日 08:22撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【県境稜線】
「カタクリ峠」
前日の雨?で、すっかりトレースが消えてしまった。
4
「七合目」
夏道:急斜面のトラバースは危険なので、このまま尾根を上がろう。
2017年04月02日 08:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「七合目」
夏道:急斜面のトラバースは危険なので、このまま尾根を上がろう。
3
無事、鈴北・御池の分岐に到着。
2017年04月02日 09:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、鈴北・御池の分岐に到着。
5
谷筋を避けて尾根から御池へ上がろう。
2017年04月02日 09:29撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋を避けて尾根から御池へ上がろう。
2
霧氷?が見られてラッキー。
2017年04月02日 09:48撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷?が見られてラッキー。
2
霊仙山-白倉岳-金糞岳-伊吹山。霊仙の雪も減ったな〜。
2017年04月02日 09:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山-白倉岳-金糞岳-伊吹山。霊仙の雪も減ったな〜。
8
能郷白山
2017年04月02日 09:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山
4
【御池岳】
山頂から遠望する比良山地
2017年04月02日 10:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【御池岳】
山頂から遠望する比良山地
3
快晴の山頂(丸山)。山頂標柱の半分以上はまだ雪の中だ。
2017年04月02日 10:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の山頂(丸山)。山頂標柱の半分以上はまだ雪の中だ。
6
山頂を下る。
2017年04月02日 10:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を下る。
2
ボタンブチは止めて、奥の平へ向かおう。
2017年04月02日 10:07撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンブチは止めて、奥の平へ向かおう。
2
【奥の平】
ボタンブチ、天狗の鼻を眺める。
2017年04月02日 10:16撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥の平】
ボタンブチ、天狗の鼻を眺める。
2
テーブルランド越しに御在所岳〜綿向山を望む。
2017年04月02日 10:16撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランド越しに御在所岳〜綿向山を望む。
3
素晴らしい眺めだ。
2017年04月02日 10:17撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めだ。
2
霧氷の名残。
2017年04月02日 10:19撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の名残。
3
琵琶湖を越えて比良山地が浮かぶ。
2017年04月02日 10:21撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖を越えて比良山地が浮かぶ。
3
奥の平を独り占め。
2017年04月02日 10:23撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の平を独り占め。
3
奥の平南峰。
2017年04月02日 10:27撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の平南峰。
2
【テーブルランドを南東へ】
小さなドリーネがあちこちに。
2017年04月02日 10:33撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【テーブルランドを南東へ】
小さなドリーネがあちこちに。
6
まゆみ池だろうか。
2017年04月02日 10:33撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まゆみ池だろうか。
3
するとこれが青のドリーネ?
2017年04月02日 10:35撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとこれが青のドリーネ?
8
時々落とし穴が。
2017年04月02日 10:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々落とし穴が。
2
振り返る。
2017年04月02日 10:41撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
2
雪原に流れる雲の影。
2017年04月02日 10:52撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原に流れる雲の影。
5
頭陀ヶ平から展望台まで、藤原岳の全ピークを一望。
2017年04月02日 10:56撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平から展望台まで、藤原岳の全ピークを一望。
3
窪みは黒のドリーネ?
2017年04月02日 10:56撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪みは黒のドリーネ?
3
「東ボタンブチ」
ここで食事にしよう。
2017年04月02日 11:08撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「東ボタンブチ」
ここで食事にしよう。
6
御在所岳-雨乞岳-綿向山
2017年04月02日 11:18撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳-雨乞岳-綿向山
3
空が一段と蒼く感じる。
2017年04月02日 11:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が一段と蒼く感じる。
8
西へ向かおう。
2017年04月02日 11:35撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西へ向かおう。
2
窪地には雪庇が。
2017年04月02日 11:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地には雪庇が。
2
土倉尾根を眺める。
2017年04月02日 11:42撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉尾根を眺める。
3
土倉岳下降点に広がる雪原。
2017年04月02日 11:43撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉岳下降点に広がる雪原。
3
テーブルランド南端から見る鈴北岳。
2017年04月02日 11:48撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランド南端から見る鈴北岳。
2
南端辺りを彷徨する。
2017年04月02日 11:50撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南端辺りを彷徨する。
2
もっと行きたいが、そろそろ戻る時間か・・・。
2017年04月02日 11:51撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと行きたいが、そろそろ戻る時間か・・・。
3
黒のドリーネ?
2017年04月02日 11:53撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒のドリーネ?
2
青のドリーネ
陽射しがありすぎ、陰影がぼけてしまった。
2017年04月02日 12:20撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青のドリーネ
陽射しがありすぎ、陰影がぼけてしまった。
5
東へ延びる尾根を見ながら奥の平へ戻る。
2017年04月02日 12:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東へ延びる尾根を見ながら奥の平へ戻る。
3
中里ダムを見下ろす。
2017年04月02日 12:41撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中里ダムを見下ろす。
3
【国道306号】
シキミ
2017年04月02日 16:35撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【国道306号】
シキミ
3
シロモジの蕾かな。
2017年04月02日 16:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロモジの蕾かな。
3
今年は四月に入ってもしばらく通行止めは続くようです。
2017年04月02日 16:42撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は四月に入ってもしばらく通行止めは続くようです。
4
撮影機材:

感想/記録

なかなかタイミングが合わず、延び延びになっていた
積雪期のテーブルランド歩きがやっとできそうだ。
待ちに待った雪のテーブルランドはどんな表情で迎えてくるだろう。

例年なら4月に開通するゲートも、今年は雪が多く今しばらくは
閉鎖が続くとの発表だ。今回も4kmの国道歩きを覚悟して
犬返谷左岸尾根を目指し出発する。

計画が4月にずれ込んだためアプローチになるコグルミ谷右岸尾根の
雪も消えすっかり春を迎えていたが、県境稜線に合流しカタクリ峠に
出るといっぺんに雪が増え、まだ1mは有りそうだ。

なかば期待していたトレースは、前日の雨?のせいかすっかり
消えて、まるで新雪後の雪山の様な眺めだ。
まさかこの時期にトレースを刻むと事になるとは・・・。

夏道は七合目から尾根を捲くように真ノ谷へ出るが、雪の急斜面の
トラバースは怖いので、このまま260度の方向へ山腹を上がり
徐々に左折するように谷地形の上部へ向かい県境尾根に合流、
幻池から尾根を乗越し鈴北・御池の分岐へ出る。

アプローチに雪は無く、御池岳の山懐にはたっぷりの雪、
そして空は快晴。絶好のテーブルランドを楽しめそうでワクワクする。
踏み跡もなく真っ新な御池岳はすぐそこだ。

谷筋を避け尾根を登ろうと準備していると後方からソロの登山者が
現れた。聞くと同じコースできたらしい。
しばらくの雑談後に後続者が「ここからは私が先に」と言うかのように
先行してくれた。トレースを追う感謝を告げて、後を追う。

御池の台地が近づくと、僅かに残った霧氷の間に展望が一気に開け
霊仙山-伊吹山-能郷白山が青空の下に輝いている。
適当な斜面から一気に御池岳山頂に上がる。
大半が雪の下に埋まった山頂の標柱をバックに写真を撮ったり、
展望を楽しんだりと贅沢な山頂のひとときを過ごし、
ここで後続者と別れ、テーブルランドを南東へ向かう。

歩きを邪魔するカレンフェルトも全て雪の下。
広い台地の見通しも良く、何処にルートを選ぶか自由自在だ。

奥の平から南峰を越えるとテーブルランドの東エリアに突入だ。
広大な雪原に点在する池やドリーネを眺めながら進む。
まゆみ池かな?、青のドリーネかな?、蒼と白が創り出す世界に
テンションは高まる。

締まった雪をザクザクと踏みしめてP1194を越えると、東ボタンブチも
すぐそこだ。
岩が乱立するボタンブチからは真ノ谷を隔てて、手が届きそうな位置に
藤原岳の全てのピークが望める。
足元には先日福寿草を探しで訪れた鉄の平の平坦地、更に巡らすと
竜ヶ岳から御在所岳、そして綿向山まで鈴鹿の主脈が一望だ。
展望をおかずに食事を摂り南端に沿って土倉岳下降点に向い、
南エリアの雪原を彷徨う。

紺碧の空に浮かぶ白い雲、光を受けて輝く雪原、雪に移る雲の影。
何処をとっても素晴らしい景色だ。
いつまでもこの景色に酔っていたいが、12時を過ぎたので戻る事にする。

シャーベット状に緩み、グズグズの雪を踏み抜きながら県境尾根を
越え、カタクリ峠まで戻るともう春の山だ。充分に雪山を楽しんだ後は
右岸尾根を下るのみだが、尾根は登りより下りの方が難しいものだ。
派生する尾根の分岐に気を付けて下ろう。

一本道の尾根が大きくたわみ、右手に杉の植林が現れるといよいよ
要注意だ。日当たりのよい尾根はコグルミ谷方向へ下るので、
日陰になる植林沿いを下ると小さな平坦地で犬返谷左岸尾根が
派生する。
登り時に確認したつもりだったが、改めて見ると馬酔木の茂みに囲まれた
曖昧な地形だ。コンパスを当てた方向へ下るが馬酔木の茂みが薄れ
急な下りが現れた。おかしいなと気づいた時はすでに100m近く
一本南の尾根を下っていた。(コンパスの当て方が雑だったようだ。)
尾根の景色も、足元に表れる「白石」の石標の間隔も良く似ており
気づくのが遅れてしまった。急な尾根を登り返し30分程のタイムロスで
平坦地へ戻る。

今度は念入りに方向を定め、馬酔木の茂みをぬって犬返谷左岸尾根を
下り無事国道に着地する。

最後の下りで気を抜いてルートを外してしまった。
数回登った尾根でもやはり初めて下る場合は難しいものだ。
より慎重さが必要だと反省しながら国道を戻る。


【最後にミスを犯したが雪のテーブルランドは最高だった。
初めて歩く雪のテーブルランドはこれ以上はない笑顔で迎えてくれた。
時間が無くて充分廻れなかったのが心残りだが、最初にこんな
経験をしてしまうと今後の楽しみが半減だろうなと贅沢な心配を
してしまうほど素晴らしい景色に出逢えた一日だった】

訪問者数:567人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/30
投稿数: 1594
2017/4/3 23:20
 これ程の青空は滅多にお目にかかれませんね🎵
こんばんはー
テーブルランドにまだ雪はたっぷりですね。最高のシチュエーションに恵まれての御池岳、何故かおめでとう🎁🎂🎉ございます❗とお祝いしたい感じです。
4月にもう一度テーブルランドを歩こうかな🎵雪が溶けた地面から福寿草が一気に顔を出して来そうですね☀
登録日: 2013/5/27
投稿数: 4179
2017/4/4 7:44
 新雪のテーブルランド
おはようございます。
素晴らしい景色ですね。
青い空に、真新しい白い雪原
美しいです

春のこの時期、花も素敵なんですが、これだけの光景を目の当たりにすると、やっぱり雪山はいいな〜とつくづく感じました
爽やかなテーブルランドに感激です
登録日: 2013/12/29
投稿数: 323
2017/4/4 18:10
 4月と言うのに
今年は雪深く、ゲートは未だ開けられないんですね。

それにしても、アスファルトの往復2時間は、辛いし
時間ももったいない。良く決行されましたね。

ゲート閉鎖時のこのルート、往路は県境尾根。復路は
標高700m前後の見極めと、針路を遮る藪が、どうも
私は苦手です。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2180
2017/4/4 18:33
 Re: これ程の青空は滅多にお目にかかれませんね🎵
yoshikun1さん 今晩は。

何度も見送った挙句、やっと雪のテーブルランドを歩くことができました。
お祝いいただき有難うございます。私も全くそんな気持ちです。
最初にこんな絶景に出会ってしまって良いんでしょうか?

御池の雪が消えたら、今度は鞍掛尾根から鈴ヶ岳へ福寿草狙いで
出かけるつもりですが、今年は遅れそうですね。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2180
2017/4/4 18:47
 Re: 新雪のテーブルランド
totokさん 今晩は。

昨年末から機会を逃していた積雪期のテーブルランド。
やっと実現したこの日は、なんとも素晴らしい日になりました。
溢れる光に輝く雪原を思いのままに歩いてきました。

雪山→花→雪山のローテーションで楽しめる今年の鈴鹿。
年始の大雪から始まって、いつまでも雪が消えないのも
最近では珍しいでしょうね。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2180
2017/4/4 19:14
 Re: 4月と言うのに
dedeppo5さん 今晩は。

ゲートからの国道歩きは長いですが、それでも雪のテーブルランドの
魅力に負けて行ってきました。

右岸尾根の登降はトレースが残っていれば比較的安心ですが、
雪が消えた尾根は、言われるように下りの標高700m前後で見極めを
誤ってしまいました。 やはり尾根の下りは難しいですね。
しっかり学習しなければ・・・。

また何処かへご一緒させて下さい。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5729
2017/4/4 22:11
 onetotaniさん、こんにちは。
やはり、山の印象で、晴天というのは
欠かせない要素ですね。
日差しがあるからこその眺めと
登山中の楽しさは、天気が悪いときとは
違いますね。
本当、きれいな雪原、トレースつけるのが
もったいなくも、楽しくなりますね。
週末の悪天予報、好転の兆しやいかに。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2180
2017/4/4 23:04
 Re: onetotaniさん、こんにちは。
komakiさん 今晩は。

長く憧れていた積雪期のテーブルランド。
4月までずれ込んでしまいましたが、天候も積雪も展望も、
どれをとっても最高の条件で迎えてくれ、もうワクワクが
止まりませんでした。

気温の上昇と共に春爛漫の季節も間もなくでしょう。
雪が消えたら御池もいよいよ福寿草の出番です。

追伸:今週末の天候好転を願う今日この頃です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ