また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098800 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

【三角点探訪05】興吉山・横川・鳥城

日程 2017年04月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
16分
合計
4時間20分
Sスタート地点09:1409:52三等三角点「興吉山」10:52四等三角点「横川」11:561159mピーク12:25四等三角点「鳥城」12:4113:00平瀬林道終点13:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般コースではありません。
基本的に尾根道とはいえ、踏み跡等不明瞭な場所も多いです。
その他周辺情報昼神温泉郷にて。
いつもどおり物見湯産手形を利用。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー

写真

清内路の黒船桜。
開化は4月中旬〜下旬だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清内路の黒船桜。
開化は4月中旬〜下旬だろうか?
1
配電線巡視路を見つけたので、ここから上がることにした。
(本来狙っていた尾根とは違うのだが、結果オーライということで。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
配電線巡視路を見つけたので、ここから上がることにした。
(本来狙っていた尾根とは違うのだが、結果オーライということで。)
1
15分ほど登り、ようやく人工物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど登り、ようやく人工物。
1
このあたりはヒノキの人工林らしい。
さっきのは作業小屋の跡か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりはヒノキの人工林らしい。
さっきのは作業小屋の跡か?
1
もう少し登ったら、なんと電柱があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し登ったら、なんと電柱があった。
巡視路の終盤はこんな道。踏み跡らしい踏み跡がない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路の終盤はこんな道。踏み跡らしい踏み跡がない。
1
三等三角点「興吉山」は意外とあっさり見つかった。
ここの点の記を読むと、近くにテレビアンテナがあるようだが、周囲を探してもそれらしいものは見当たらなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「興吉山」は意外とあっさり見つかった。
ここの点の記を読むと、近くにテレビアンテナがあるようだが、周囲を探してもそれらしいものは見当たらなかった。
1
引き返して、興吉山から四等三角点「横川」へと続く尾根へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して、興吉山から四等三角点「横川」へと続く尾根へ。
1
時々こんな感じで、踏み跡っぽくなっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々こんな感じで、踏み跡っぽくなっている。
1
1,100m付近から残雪が出てきた。
多いところでは膝くらいまで埋まる。
ワカンを持ってくればよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,100m付近から残雪が出てきた。
多いところでは膝くらいまで埋まる。
ワカンを持ってくればよかった。
1
10時52分。1,301mの山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時52分。1,301mの山頂に到着。
1
手ごろな枝をゾンデ棒代わりにして探したら、以外にもすぐに見つかった。
場所は前の写真に写っている木のすぐ手前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手ごろな枝をゾンデ棒代わりにして探したら、以外にもすぐに見つかった。
場所は前の写真に写っている木のすぐ手前。
1
10分ほどかけて掘り出し、四等三角点「横川」確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどかけて掘り出し、四等三角点「横川」確認。
1
「横川」から尾根伝いに南へ歩き、夜烏山の尾根を目指す。
ここは最後の急登。踏み跡はなく、ササだらけだが、たいして支障にはならない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「横川」から尾根伝いに南へ歩き、夜烏山の尾根を目指す。
ここは最後の急登。踏み跡はなく、ササだらけだが、たいして支障にはならない。
1
11時50分。夜烏山の尾根に出た。
今回はここを北東へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時50分。夜烏山の尾根に出た。
今回はここを北東へ。
1
1259mのピークを過ぎて、今回はそのまま平瀬集落へは下りず、そのまま北東へ。ここからが正念場。
ちょっとでも気を抜くと、違う尾根へと行ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1259mのピークを過ぎて、今回はそのまま平瀬集落へは下りず、そのまま北東へ。ここからが正念場。
ちょっとでも気を抜くと、違う尾根へと行ってしまう。
1
「鳥城」の三角点付近は平坦な尾根かと思っていたら、等高線では示されないヤセ尾根だった。
そのため尾根を登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鳥城」の三角点付近は平坦な尾根かと思っていたら、等高線では示されないヤセ尾根だった。
そのため尾根を登り返す。
1
まっすぐ行っていたら、そのまま下りるところだった。
地形図を読み切れていなかったと反省。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ行っていたら、そのまま下りるところだった。
地形図を読み切れていなかったと反省。
2
何はともあれ、四等三角点「鳥城」発見。
最初に見つけたときは頭しか出ていなかったので、普通に通り過ぎるところだった。
昭和56年埋標の比較的きれいな三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何はともあれ、四等三角点「鳥城」発見。
最初に見つけたときは頭しか出ていなかったので、普通に通り過ぎるところだった。
昭和56年埋標の比較的きれいな三角点。
1
下りは踏み跡無し。この先で背の高いササに阻まれるも、意地で乗り切る。
(本当は右側の斜面に作業道があったのだが・・・。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは踏み跡無し。この先で背の高いササに阻まれるも、意地で乗り切る。
(本当は右側の斜面に作業道があったのだが・・・。)
1
途中でそれに気づいて進路修正し、なんとか作業道に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でそれに気づいて進路修正し、なんとか作業道に出る。
1
予定していた場所とはちょっと違ったが、結果として作業道伝いに平瀬林道の末端に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定していた場所とはちょっと違ったが、結果として作業道伝いに平瀬林道の末端に出た。
1
「清内路はなもも発祥の木」そんなものがあるのね。
ちょっと寄り道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「清内路はなもも発祥の木」そんなものがあるのね。
ちょっと寄り道。
1
途中で見つけた、地図には載らない図根三角点。
清内路で見つけたのは3つめ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見つけた、地図には載らない図根三角点。
清内路で見つけたのは3つめ。
1
結局、花桃の木はどこにあるのかわかりませんでした(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、花桃の木はどこにあるのかわかりませんでした(笑)
1

感想/記録

ようやく雪もおさまってきたので、山中の三角点探しを再開しました。

今回のコースにある三角点は3つですが、最も標高の高い「横川」は雪に埋もれていることが十分予想できたので、それ以外の2つが見つかればいいやと思ってました。
なんだかんだで「横川」も、ダメ元で探してみたら案外あっさりと見つかっちゃったわけですが(笑)

標石が地面に埋もれてしまっていたら、たぶん見つからなかったでしょう。
なんか三角点を探すときだけは運がいい方向に働いてますね(笑)

下界はいい感じに気温が上がってきましたが、山に入ると残雪が多いわ、尾根は風が吹き付けてきて寒いわで、雪山とまではいかずとも、山はまだまだ冬ですね。

さて今回のコース、興吉山までの登りは巡視路を使ったので踏み跡がはっきりしていましたが、それ以外の場所は基本的に尾根筋を辿っただけです。一般コースではないのでご注意ください(偉そうなことを言っておいて、私自身も最後のほうで読図の詰めが甘かったのですが・・・)。

次はどこ行こっかな〜。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 4599
2017/4/3 18:05
 雪減りましたね!
こんにちは。
ナント夜烏北東尾根ですか
「鳥城」尾根は、1週間前と比べて、随分雪が減ってますね!
その分、藪がうるさかったのではないでしょうか?

「横川」の尾根も行ってみたいと思っています。
はなもも発祥の木は、地形図に載っている廃屋の裏にありましたよ
「図根」の三角点は、私も見つけたのですが、地形図に載っていなかったのでスルーしてしまいました
標高基準点かと思っていました。
地形図に載ってない三角点もあるんですね。

阿智の裏セブン、興味持っています
登録日: 2012/3/7
投稿数: 38
2017/4/3 18:31
 Re: 雪減りましたね!
記録を見て、同じコースをたどっているんだと驚きました。
雪の時期にあの尾根ですか!私は真似したくないです(笑)

鳥城付近は笹やぶはあるもののたいして支障にはなりませんでした。
横川への尾根も同じような感じです。4月下旬なら歩きやすくなっているかも?

花桃の木は思っていたよりもずっと奥なんですね。私は廃屋までは行きませんでした。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ