また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1099148 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

伯耆大山、弥山

日程 2017年04月01日(土) 〜 2017年04月02日(日)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米子自動車道、溝口ICから10km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間55分
休憩
2分
合計
1時間57分
S夏山道登山口(大山寺橋側)22:0222:39三合目22:54五合目23:11行者谷分かれ23:19六合目避難小屋23:2023:43八合目23:4423:50石室方面との分岐23:59大山頂上避難小屋
2日目
山行
54分
休憩
17分
合計
1時間11分
00:05大山00:0700:09大山頂上碑00:1000:14大山頂上避難小屋00:2400:29石室方面との分岐00:3000:43六合目避難小屋00:4400:48行者谷分かれ00:4900:58三合目00:5901:13夏山登山口01:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪山装備が必要
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ビーニー ネックウォーマー 長袖アンダー中厚 Tシャツ ソフトシェル インナーグローブ タイツ厚 トレッキングパンツ中厚 アルパインパンツ アルパインソックス厚 冬靴 チェーンスパイク アイゼン12本 トレッキングポール スコップ ヘッデン ザック45l 水筒(白湯) 携帯 デジカメ 救急用品 コンパス ツェルト 非常食 バラクラバ ゴーグル フリース薄 ハードシェル アウターグローブ スノーシュー ピッケル 予備手袋 予備電池

写真

南光河原駐車場、10数台が駐車。
路面に雪はありません。
2017年04月01日 21:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南光河原駐車場、10数台が駐車。
路面に雪はありません。
道端の雪は標識にかかる程度。とりあえずツボ足で出発します。
2017年04月01日 22:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端の雪は標識にかかる程度。とりあえずツボ足で出発します。
一合目。この付近は雪が腐っていて歩きにくいです。
2017年04月01日 22:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目。この付近は雪が腐っていて歩きにくいです。
雪はしっかりあります。
1000mから上付近では雪の表面が固まってきていたのでチェーンアイゼンを使用しました。
2017年04月01日 22:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はしっかりあります。
1000mから上付近では雪の表面が固まってきていたのでチェーンアイゼンを使用しました。
五合目。
2017年04月01日 22:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目。
五合目から米子方面。
2017年04月01日 23:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目から米子方面。
1
五合目を過ぎると木がほとんどなくなります。
2017年04月01日 23:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目を過ぎると木がほとんどなくなります。
急坂ですが直登します。
2017年04月01日 23:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂ですが直登します。
2
草鳴社ケルン。
2017年04月01日 23:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草鳴社ケルン。
八合目。急登が終わりました。
2017年04月01日 23:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目。急登が終わりました。
頂上台地付近ですが、暗くて何も写りません。
2017年04月01日 23:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地付近ですが、暗くて何も写りません。
若干木道が見えているところがありました。
日当たりのいいところは雪が解けかけているのでしょうか。
2017年04月01日 23:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干木道が見えているところがありました。
日当たりのいいところは雪が解けかけているのでしょうか。
頂上小屋。なかなか埋もれています。
2017年04月02日 00:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上小屋。なかなか埋もれています。
頂上碑付近。すべて雪に埋もれています。
2017年04月02日 00:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上碑付近。すべて雪に埋もれています。
1
三角点へ向かいます。
稜線は太っていて危険は少なそうに見えます。
2017年04月02日 00:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点へ向かいます。
稜線は太っていて危険は少なそうに見えます。
三角点手前。多少雪庇があります。
2017年04月02日 00:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点手前。多少雪庇があります。
1
三角点付近。
2017年04月02日 00:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点付近。
1
街を見下ろします。
頂上付近は穏やかでした。
2017年04月02日 00:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街を見下ろします。
頂上付近は穏やかでした。
2
頂上小屋入口で小休止。
下りはアイゼンを使用します。
2017年04月02日 00:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上小屋入口で小休止。
下りはアイゼンを使用します。
後は下るだけです。
2017年04月02日 00:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は下るだけです。
1
六合目避難小屋。
埋もれています。
2017年04月02日 00:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋。
埋もれています。
下りました。
2017年04月02日 01:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りました。
1

感想/記録

仕事が多忙を極め、休みもないような状況が続いています。
3月は大山に登れませんでした。
約2か月、大山に登っておらず、たまらなくなって深夜ハイクに出ました。

情報通り雪はたくさんあります。
さすがに解け始めているようで、二合目付近までは雪が緩んでいました。
三合目付近からは、夜の冷え込みで表面が固まってきており、チェーンアイゼンで楽に登れました。
五合目前付近、7合目付近は急登で、前歯のあるアイゼンがよさそうでした。
チェーンでも登り切ることはできました。

天候は始終穏やかで、頂上付近で、微風、−5度。
時間帯はおかしいのですが、やさしい大山を楽しめました。

下りは安全優先で12本爪アイゼンを使用しました。
1000mを切るくらいから、足元の凸凹で歩きにくさが気にかかりました。
面倒くさがらずにアイゼンを外したほうが良さそうです。
今季は雪の大山を堪能できず、課題が残りました。
それよりも、昼間の大山に登れるのかが大きな課題です。
訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ