また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1101192 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

花曇りの荒地山

日程 2017年04月08日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

コース状況/
危険箇所等
前日の雨で、樹林帯は合羽が欲しいほど濡れますが、
蒸し暑さも半端ではありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

花盛りの芦屋川1.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花盛りの芦屋川1.
1
山は、花霞みではなく、
雲に押し潰されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山は、花霞みではなく、
雲に押し潰されています。
2
散歩の如く、のんびり歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散歩の如く、のんびり歩きます。
2
鳥達も楽しそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥達も楽しそう。
1
いつ飛び込むのかと、
待ちあぐねてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ飛び込むのかと、
待ちあぐねてしまいました。
1
別れ惜しみながら、
登山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別れ惜しみながら、
登山開始。
2
今日は、此処から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、此処から。
1
山の花は、今は未だ、此処が限界。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の花は、今は未だ、此処が限界。
右の階段を使わず、
真っ直ぐの方が楽です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の階段を使わず、
真っ直ぐの方が楽です。
梯子を利用して、越えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を利用して、越えます。
荒地山岩尾根に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒地山岩尾根に合流。
1
気になる標識を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になる標識を下ります。
思いっきり下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いっきり下ります。
分岐を右に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右に登ります。
高座谷左俣の分岐に合流。
左から来たところを、振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座谷左俣の分岐に合流。
左から来たところを、振り返って。
戻って、分岐を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って、分岐を下ります。
高座谷左俣に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座谷左俣に合流。
キャッスルウォールまで登り詰めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャッスルウォールまで登り詰めます。
2
荒地山岩尾根に合流後、
分岐を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒地山岩尾根に合流後、
分岐を下ります。
ブラックフェースを見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラックフェースを見上げる。
1
途中から見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から見下ろす。
お日様が覗くが、
怪しい雲行きに。。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お日様が覗くが、
怪しい雲行きに。。。。
此処でも。。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処でも。。。。
帰り仕度で、最後の休憩。。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り仕度で、最後の休憩。。。。
1
考えあぐねて、頂からこのコースへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
考えあぐねて、頂からこのコースへ。
地面から咲いているかのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面から咲いているかのよう。
奥高座滝上の広場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥高座滝上の広場です。
餃子を頂いて居る内に、激しい桜雨に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餃子を頂いて居る内に、激しい桜雨に。
2

感想/記録

来週では遅いので、怪しい天気だが強行。
花盛りの芦屋川沿いは、寒くも無く、暑くも無く、
のんびりと1時間以上楽しみました。

その後の登山の樹林帯が最悪で、
前夜の雨が滴となって落ちてくる。
生い茂った羊歯がパンツを濡らす。
おまけに、蒸し暑い。
蒸し蒸し、虫虫でした。
カタカナのムシに出会わなかったのは幸いでした。

来週は、山の中の花盛りの木を探します。
運と時間との競争ですが。。。。。。。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

左俣 巻き道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ