また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1102793 全員に公開 ハイキング東北

権太倉山から羽鳥ダムが見えるはずが・・・

日程 2017年04月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間5分
休憩
45分
合計
1時間50分
S聖ケ岩ふるさとの森登山口08:4009:45権太倉山09:5509:55聖ケ岩ふるさとの森登山口10:3010:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1時間で登れるかと思いましたが、雨によりペースが落ちたりと少し時間がかかってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
800m以上はそこそこに雪が残っていましたが、特にアイゼン・スノーシュー不要です
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 ヘッドランプ GPS 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック

写真

登り口は少し目立たないかもしれませんが、看板があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口は少し目立たないかもしれませんが、看板があります。
登山道は高頻度でピンクのテープがありますので迷うことはありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は高頻度でピンクのテープがありますので迷うことはありません
ただし、落ち葉のせいか道自体がどこにあるのか悩むところはあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただし、落ち葉のせいか道自体がどこにあるのか悩むところはあります
岩場と土、林がコロコロ変わる山ですが、岩場には風穴がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場と土、林がコロコロ変わる山ですが、岩場には風穴がありました
山頂までの看板は3か所に出てきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの看板は3か所に出てきます
岩場は少し滑りやすいので注意が必要です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場は少し滑りやすいので注意が必要です
少し雪も残っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪も残っていました
分岐には看板があるので安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐には看板があるので安心です。
雪で道がわからなくなりますが、ピンクのテープがありますのでそちらに向かいましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で道がわからなくなりますが、ピンクのテープがありますのでそちらに向かいましょう
雪の上が続きます。締まっており、アイゼンやスノーシューなどは不要です。この辺りから雨がそれなりに降り始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の上が続きます。締まっており、アイゼンやスノーシューなどは不要です。この辺りから雨がそれなりに降り始めました。
山頂までもう少しです。積雪は20〜30センチぐらいでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもう少しです。積雪は20〜30センチぐらいでしょうか
山頂が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました
山頂の看板は折れたのか直置きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の看板は折れたのか直置きです
1
三角点もあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もあります
1
矢吹原を潤す羽鳥ダムが俯瞰できます。心の綺麗な人には見えるはずです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢吹原を潤す羽鳥ダムが俯瞰できます。心の綺麗な人には見えるはずです
羽鳥ダムまで下りてきました。左端の山が権太倉山でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽鳥ダムまで下りてきました。左端の山が権太倉山でしょう
1

感想/記録

 この山は隈戸川の源流であり、矢吹原を潤す羽鳥ダムが見えるようなので、羽鳥ダムが2016日本ダムアワード低水管理賞を受賞したとのことですし、2017年の水不足にならないことを祈願して農業用水の通水が始まる前に訪問することにしました。
(参考:日本ダムアワード公式HP)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1102793.html

 天気は不安定な予報でしたが、せっかくの休日なので足を伸ばして登りに行くことにしました。

 登山道はかなり整備されており、迷うことがないようピンクのテープがかなりの頻度で設置されています。
 序盤は落ち葉で、中盤以降は積雪により、道がわからなくなったりしますが、テープのおかげで方向は間違えることなく進んでいきます。

 基本的にあまり大した標高差ではなく、途中に展望が開ける場所もないので一気に登りました。

 山頂に着く頃には雨が降り始めかなりの不利となっていたので、早々に下山しました。
 山頂から見ようと思っていた景色は天気により不満が残るものとなりました。近かったらリベンジしてもいいのですが、新潟からわざわざ登りに行くのも遠いので、機会があれば程度にしておきます。

 下りは40分程度で一気に下りてきました。

 羽鳥ダムの水は溢れるほどではなかったものの、今日の雨やまだ残る雪により今年は水不足に対して春から直ちに影響があるこということにはならないと思います。


 下山後、冷えた体を芦ノ牧温泉で温めた後、会津地方名物の馬肉の焼肉を食べて回復を図りました。
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 三角点 スノーシュー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ