また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1102982 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

日光男体山

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日夜に自宅を出発して0時に二荒山神社の登山者用第一駐車場に到着して車中泊。
時期的に登山者も少ないのか夜明けまでうちの車一台しかいませんでした。
いろは坂は走り屋さんが何台か走っているので注意が必要。鹿も何頭か見ることができました。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
1時間0分
合計
10時間0分
S二荒山神社前06:0011:00男体山頂12:0016:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

感想/記録

小学1年生7歳の長男と二人で男体山登頂を目指す。

二荒山神社の駐車場で車中泊したので、5時に起きて朝食、準備。
長男も着替えさせておにぎりを食べさせて6時前に出発。
駐車場から神社の前まで歩いて5分もかからず。
神社に入る前にトイレを済ましておく。
二荒山神社から男体山に入山するには受付で登拝料として、大人500円、子供300円を支払ってお守りをもらう。登山道の説明も丁寧だったし、写真も撮ってもらえました。

さぁ、いよいよ登拝!
1合目までは木の階段を上がっていくも、長男の腰の高さくらいの段もありよろけながら登っていく。
3合目までは熊笹に覆われた林の中を緩やかに登っていくが岩登りが好きな長男はつまらなさそうに、岩登りはまだ〜?とテンション下がり気味。
4合目までは舗装された工事用道路を歩く。山登りに来たはずが舗装路を歩かされさらにテンション下がる長男。
4合目から8合目は岩場が続いていて、四肢をフル活用。ようやくきた岩場に長男テンションマックス!。でも徐々に疲れてきて、6合目で「頂上まだ〜?」とぼやきが入る。
8合目からは破れた土嚢袋の上などをひたすら登る。岩場が終わって長男の疲労感マックス。。。
9合目を超えるとザレ場で足が滑る滑る。この状態にイヤイヤになる長男。しかし二荒山大神の像が見えると山頂とわかったようで、滑りながらもペースアップ!

11時に5時間かかって何とか登頂!

奥宮で記念写真を撮った後に、高台の剣の向う側にある三角点を触りに行く。
8合目くらいから雲がかかってきていて、ふもとの景色を楽しむことはできなかったが、高台から下りようとした時に目の前の雲がサーッと流れていって遠くまで広がる雲海を見ることができた。これに長男は興奮。テレビや飛行機からしか見たことがなかったので、自分の目で見ることができて喜んでいた。

山頂で昼食を取って1時間休憩。
インスタントのコーンスープが長男にヒット。おかわりと言われたが、1杯分ずつしかなく残念。今度は多めに持っていこう。

足にかなりの疲労が出ている長男を奮い立たせて、下山開始。
3時間を予定していたが、結果は4時間。でもケガもなく無事に二荒山神社中宮祠まで戻ってこれた。

7歳の長男にはキツイ山行だったがなんとか自力で登頂、下山。
こんなキツイ思いしたら男体山はもうないな、と思っていたが、
「また登りたいな〜」とポツリ。
もう少し体力が付いてきたら10月の紅葉の時期に一緒に行こう。

最後に、山行の最中にバテバテの長男に励ましの声をかけていただいたみなさまにこの場を借りてお礼申し上げます。みなさまのお声をいただいたおかげで長男も無事に登頂、下山できました。本当にありがとうございました。
またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています!
訪問者数:68人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ