また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108042 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

爺ヶ岳 デブリ撤退→八方尾根 転進[柏原新道登山口-扇沢-1684m地点まで][八方池-無名沢-ガラガラ沢-押出沢-二股]

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れるも風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場-------------------------------------------------------------------
*爺ヶ岳
扇沢橋の路肩駐車スペースは満車だったため、トンネル(大町側)入口付近の路肩駐車スペースに駐車しました。

*八方尾根
下山口の二股に一番近い八方尾根スキー場の第5ゲレンデに駐車しました。(ゴンドラまで徒歩15分・二股から徒歩40分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
1時間22分
合計
7時間46分
S駐車スペース06:4306:49柏原新道登山口08:05扇沢1684m地点(撤退)08:1108:45柏原新道登山口08:55駐車スペース09:1009:40八方尾根第5駐車場09:5510:15八方尾根ゴンドラ駅10:2510:50八方池山荘10:5111:11石神井ケルン11:20第2ケルン11:40八方池手前(ドロップポイント)12:0012:50南股入13:0513:51白馬八方温泉 おびなたの湯 14:29八方尾根第5駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※爺ヶ岳のGPSログは計画書ページに登録してあります。

※コースタイムについては爺ヶ岳編と八方尾根編を合算したものとなっています。
コース状況/
危険箇所等
■コース状況--------------------------------------------------------------
*爺ヶ岳
・扇沢は多数のデブリ祭り。まだこれからもデブリ発生しそうな状況のため、デブリが落ちきって雪が溶けて平滑になるまでしばらくは滑走は難しそうでした。

*八方尾根
・ガラガラ沢は上部はまだ滑れそうでしたが、下部は落石や土砂崩落多数でシーズン終了間際といった印象。
・押出沢は雪崩痕はありませんでしたが、クラックが散見されましたのでこちらも時間の問題だと思われます。
・10日前は二股まで林道を滑走可能でしたが、日当たりのいい箇所などは滑走不可となってました。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

■爺ヶ岳BC編

前日に開通したアルペンルート。柏原新道登山口の路肩の駐車スペースが満車だったため、大町側のトンネルの手前の路肩に駐車。
2017年04月16日 06:44撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■爺ヶ岳BC編

前日に開通したアルペンルート。柏原新道登山口の路肩の駐車スペースが満車だったため、大町側のトンネルの手前の路肩に駐車。
5
柏原新道登山口のある扇沢橋。
扇沢をシールでハイクアップするので扇沢橋を渡り扇沢の右岸から取りつきます。
2017年04月16日 06:50撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道登山口のある扇沢橋。
扇沢をシールでハイクアップするので扇沢橋を渡り扇沢の右岸から取りつきます。
2
雪がつながっているかわからなかったのでとりあえず板担いでツボ足でスタート。
2017年04月16日 06:53撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がつながっているかわからなかったのでとりあえず板担いでツボ足でスタート。
6
結局、雪は扇沢橋からつながっていましたが、第6堰を過ぎたところでシール登行にチェンジ。
2017年04月16日 07:05撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、雪は扇沢橋からつながっていましたが、第6堰を過ぎたところでシール登行にチェンジ。
5
どなたかがつけてくださった真新しい赤テープを目印に登って行くと?
2017年04月16日 07:09撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どなたかがつけてくださった真新しい赤テープを目印に登って行くと?
2
うぅ。。。右岸からの雪崩痕がお出迎え。
2017年04月16日 07:19撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぅ。。。右岸からの雪崩痕がお出迎え。
9
雪崩を乗り越えて先へ進みます。
2017年04月16日 07:22撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩を乗り越えて先へ進みます。
1
最終堰を超えて扇沢の河床へ。
硬く凍った縦縞と奥には再び雪崩痕。
2017年04月16日 07:28撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終堰を超えて扇沢の河床へ。
硬く凍った縦縞と奥には再び雪崩痕。
1
左手に見える奥小沢。
奥にそびえるのは岩小屋沢岳と2532mピーク。
2017年04月16日 07:34撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に見える奥小沢。
奥にそびえるのは岩小屋沢岳と2532mピーク。
5
岩小屋沢岳を左に見遣りながら先へ進むと?
2017年04月16日 07:37撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳を左に見遣りながら先へ進むと?
1
・・・。
2017年04月16日 07:46撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・。
5
・・・・。
2017年04月16日 08:01撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・・。
8
ダメだこりゃ。。

沢全体が雪崩に埋め尽くされており滑るどころの話じゃなし。このまま行けば爺ヶ岳は登頂できるとは思いましたがココは南斜面の扇沢。午後にはさらに雪崩れる可能性もあり無理せず1684m地点で撤退を決断。
2017年04月16日 08:05撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダメだこりゃ。。

沢全体が雪崩に埋め尽くされており滑るどころの話じゃなし。このまま行けば爺ヶ岳は登頂できるとは思いましたがココは南斜面の扇沢。午後にはさらに雪崩れる可能性もあり無理せず1684m地点で撤退を決断。
12
ということで、撤退シャキーン。
2017年04月16日 08:11撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、撤退シャキーン。
6
「向こうにしとけばよかった…」と向かいにそびえる針ノ木岳を蓮華岳を恨めしく眺めながらデブリ痕を避けながらズリズリ滑走。
2017年04月16日 08:12撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「向こうにしとけばよかった…」と向かいにそびえる針ノ木岳を蓮華岳を恨めしく眺めながらデブリ痕を避けながらズリズリ滑走。
7
これは雪じゃなくてもはや土・・・。
2017年04月16日 08:18撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは雪じゃなくてもはや土・・・。
4
扇沢を振り返り。未練はなし。
むしろ撤退判断が遅かった。要反省。
2017年04月16日 08:25撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢を振り返り。未練はなし。
むしろ撤退判断が遅かった。要反省。
8
ということで扇沢橋に戻ってきました。
2017年04月16日 08:43撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで扇沢橋に戻ってきました。
1
撤退完了!

しかしまだ時間は9時前。まだ時間的に転進できる…。
針ノ木?山頂まで4〜5時間。時間的に厳しいか。
立山?室堂まで1時間半。しかし標高購入費が高すぎる…。

となると、、、あそこしかないか。。
2017年04月16日 08:44撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤退完了!

しかしまだ時間は9時前。まだ時間的に転進できる…。
針ノ木?山頂まで4〜5時間。時間的に厳しいか。
立山?室堂まで1時間半。しかし標高購入費が高すぎる…。

となると、、、あそこしかないか。。
3
■八方尾根BC編
という事で、扇沢から車を飛ばし30分で八方尾根の第5駐車場着。

また来ちゃったσ^_^;
2017年04月16日 09:39撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■八方尾根BC編
という事で、扇沢から車を飛ばし30分で八方尾根の第5駐車場着。

また来ちゃったσ^_^;
4
膨らみ始めた春を探しながら、
2017年04月16日 09:55撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膨らみ始めた春を探しながら、
3
空を見上げテクテクと。
2017年04月16日 10:04撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空を見上げテクテクと。
2
板を担いでゴンドラ駅まで歩きます。
2017年04月16日 10:06撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板を担いでゴンドラ駅まで歩きます。
14
10日前は真っ白だったゴンドラ駅前の斜面はこの通り。
この10日間で急速に春が近づいたようです。
2017年04月16日 10:14撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10日前は真っ白だったゴンドラ駅前の斜面はこの通り。
この10日間で急速に春が近づいたようです。
4
兎平に到着。混んでますねー。

雪はタップリ。
兎もタヌキもコブがみっちりです。
2017年04月16日 10:28撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎平に到着。混んでますねー。

雪はタップリ。
兎もタヌキもコブがみっちりです。
5
ゲレンデトップに到着。

シールを貼っていざっ!
2017年04月16日 10:51撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップに到着。

シールを貼っていざっ!
3
右手には白馬三山
2017年04月16日 10:56撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には白馬三山
10
左手には長大な遠見尾根と五竜岳、そして鹿島槍。
2017年04月16日 11:03撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には長大な遠見尾根と五竜岳、そして鹿島槍。
8
ガイドスキー御一行。
2017年04月16日 11:10撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドスキー御一行。
1
広くて長大な八方尾根。
2017年04月16日 11:11撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くて長大な八方尾根。
5
登山者もハイカーもBCも。
多くの人を受け入れても余りある懐の深さがココにはあります。
2017年04月16日 11:15撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者もハイカーもBCも。
多くの人を受け入れても余りある懐の深さがココにはあります。
8
不帰。天気が悪化して来ました。
2017年04月16日 11:19撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰。天気が悪化して来ました。
3
息ケルン(第2ケルン)に到着。
2017年04月16日 11:21撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息ケルン(第2ケルン)に到着。
4
風もかなり強くなってきたのでココからドロップする事に。
2017年04月16日 11:41撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もかなり強くなってきたのでココからドロップする事に。
5
シャキーン
2017年04月16日 12:00撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャキーン
6
一見良さそげに見える雪ですが、ネットリと足元にまとわりつく湿雪&ストップスノーで、滑っていて1mmも楽しくない( ´△`)
2017年04月16日 12:09撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見良さそげに見える雪ですが、ネットリと足元にまとわりつく湿雪&ストップスノーで、滑っていて1mmも楽しくない( ´△`)
6
ま、こんな日もあるさ。

怪我しないようにゆっくり帰ろう。
2017年04月16日 12:10撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ま、こんな日もあるさ。

怪我しないようにゆっくり帰ろう。
6
無名沢側からガラガラ沢を見下ろします。
ガラガラ沢は雪崩&落石祭り。
まさに名は体を表す。
2017年04月16日 12:13撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢側からガラガラ沢を見下ろします。
ガラガラ沢は雪崩&落石祭り。
まさに名は体を表す。
5
という事でガラガラ沢に滑り込むのはやめ、
2017年04月16日 12:21撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
という事でガラガラ沢に滑り込むのはやめ、
1
トラバースし隣の押出沢へ。
2017年04月16日 12:22撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースし隣の押出沢へ。
3
ガラガラ沢の上部はまだ滑れそうですが、
2017年04月16日 12:27撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラガラ沢の上部はまだ滑れそうですが、
3
下部は雪崩&クラック多数でシーズン終了の気配。
2017年04月16日 12:27撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部は雪崩&クラック多数でシーズン終了の気配。
2
唐松沢、烏帽子沢、湯ノ入沢、ガラガラ沢の出合に向かって滑り降ります。
2017年04月16日 12:31撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松沢、烏帽子沢、湯ノ入沢、ガラガラ沢の出合に向かって滑り降ります。
4
そのまま右岸を滑り、
2017年04月16日 12:42撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま右岸を滑り、
1
堰の手前でブリッジを渡り対岸へ。
2017年04月16日 12:43撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰の手前でブリッジを渡り対岸へ。
1
林道手前で休憩していると後続の方が降りてきました。
皆さん雪質に苦労したようです。
2017年04月16日 12:54撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道手前で休憩していると後続の方が降りてきました。
皆さん雪質に苦労したようです。
4
南股入からは林道へ。
10日前は二股までほぼ全線滑れましたが、日当たりのいい箇所はかなり雪解けが進んでいました。
2017年04月16日 13:14撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南股入からは林道へ。
10日前は二股までほぼ全線滑れましたが、日当たりのいい箇所はかなり雪解けが進んでいました。
3
今回も無理やりスキーヽ(´o`;
2017年04月16日 13:29撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も無理やりスキーヽ(´o`;
11
う〜む、、ここまでか。。。
2017年04月16日 13:37撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜む、、ここまでか。。。
1
雪の終わり。そして春の始まり。

担ぎます。
2017年04月16日 13:43撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の終わり。そして春の始まり。

担ぎます。
5
二股のゲートに到着。

しかし今日はタクシーではなく八方まで歩きます。
2017年04月16日 13:49撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股のゲートに到着。

しかし今日はタクシーではなく八方まで歩きます。
1
春を探してテクテクと。
2017年04月16日 14:03撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春を探してテクテクと。
2
一斉に咲き始めた水仙の花。
2017年04月16日 14:27撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一斉に咲き始めた水仙の花。
9
車道を歩く事40分。第5駐車場に到着です。
2017年04月16日 14:29撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を歩く事40分。第5駐車場に到着です。
3
駐車場脇の側溝で汚れたブーツをジャブジャブ。
2017年04月16日 14:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇の側溝で汚れたブーツをジャブジャブ。
3
板もジャブジャブ。

すぐ近くの倉下の湯で身体もジャブジャブし、実家の松本へ車を走らせます。
2017年04月16日 14:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板もジャブジャブ。

すぐ近くの倉下の湯で身体もジャブジャブし、実家の松本へ車を走らせます。
3
時間があるので北アルプスの山際を走る山麓線で松本へ。

暑さ寒さを防ぐため、各戸に屋敷林が植えられている安曇野の風景。
GWは田植えの時期。水鏡に北アルプスが映る季節となります。
2017年04月16日 16:27撮影 by DMC-GX7MK2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるので北アルプスの山際を走る山麓線で松本へ。

暑さ寒さを防ぐため、各戸に屋敷林が植えられている安曇野の風景。
GWは田植えの時期。水鏡に北アルプスが映る季節となります。
9
松本に帰るたびに寄っている登山と山スキーの専門店のカモシカスポーツ。

今日は湿雪とストップスノーに苦労したのでワックスコーナーでじーっと品定めをしていると、エキスパートな店員さんにコレを勧められました。
白馬にあるチームレスキューというメーカーの春スキー用の生塗り用のワックスですが、滑走前に板の真ん中に1本チョークを引くように塗るだけで、驚くほどよく滑るようになるとの事。次回が使うのが楽しみです!
2017年04月16日 18:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本に帰るたびに寄っている登山と山スキーの専門店のカモシカスポーツ。

今日は湿雪とストップスノーに苦労したのでワックスコーナーでじーっと品定めをしていると、エキスパートな店員さんにコレを勧められました。
白馬にあるチームレスキューというメーカーの春スキー用の生塗り用のワックスですが、滑走前に板の真ん中に1本チョークを引くように塗るだけで、驚くほどよく滑るようになるとの事。次回が使うのが楽しみです!
9

感想/記録
by zawada

=爺ヶ岳撤退からの八方尾根転進=

4/15にアルペンルートが開通し扇沢まで車で入れるようになった為、爺ヶ岳の扇沢を滑りに行ってきました。

同じ入山口である立山か針ノ木雪渓かで迷ったのですが、立山は標高購入費がハンパない&針ノ木雪渓は5月に入ってからも滑れそうという事で、爺ヶ岳の扇沢を滑る事にしました。

扇沢から爺ヶ岳へのこの時期の登行ルートは、板を担いで南尾根を登るか扇沢をシール登行するかの2択のようですが、雪の状態を確認したかったので扇沢をシールで登ることに。

しかし写真キャプションに書いた通り扇沢は雪崩祭りで撤退劇となり、急遽八方尾根に転進。しかし転進先の八方尾根も雪質が最悪で、今回は滑りに関しては1mmも楽しいシーンがない山スキーとなってしまいました。

10日前の唐松沢での山スキーは本当に気持ちよく滑れたのですが、今回はこの体たらく。人生楽ありゃ苦もあるさ。反省点だらけの山行となりました。

爺ヶ岳の南尾根を登ってたら帰りの扇沢の滑走はデブリに阻まれ完全に詰んでたと思うので、雪の状態を確認しながら扇沢を登った点は良かったと思いますが、撤退判断はもう少し早く出来たと思いますし、そもそも経験豊富な方だったら、今日の気候で扇沢を選ばなかったと思います。

雪の状態に大きく左右される山スキーの難しさを思い知った今回の山行でした。
これもまた経験!
訪問者数:980人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ