また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108625 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

強風の一切経山&吾妻小富士☀🌪

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ&強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浄土平ビジターセンターまで自家用車でアクセス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
1時間20分
合計
5時間28分
Sスタート地点10:0911:03酸ヶ平避難小屋12:14一切経山12:2612:53酸ヶ平避難小屋13:4615:14浄土平15:2915:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浄土平ビジターセンター〜酸ケ平:積雪した湿原。雪が重くなっているため、トレースを追っていけば、それほど踏み抜くことはありませんでした。スノーバスケットをつけたストックを使用し、アイゼンは着用しませんでした。
酸ケ平〜一切経山:酸ケ平避難小屋から50mほど標高をあげて一切経山の稜線に出ると雪がなくなります。体がよろけるほどの強風が吹いていました。
その他周辺情報登山後、土湯温泉 山根屋に宿泊。接客の雰囲気のよい宿でした。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ(メリノウール) ズボン(厚手) 靴下(二重) グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着(ダウン) ゲイター(ロング) ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ

写真

ビジターセンターに設置された案内板
案内板の横から湿原に入りました。
まず酸ケ平避難小屋に向かいます。
2017年04月16日 10:08撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターに設置された案内板
案内板の横から湿原に入りました。
まず酸ケ平避難小屋に向かいます。
浄土平からの一切経山(山頂は見えません)
2017年04月16日 10:15撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土平からの一切経山(山頂は見えません)
浄土平からの吾妻小富士
2017年04月16日 10:15撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土平からの吾妻小富士
1
亀のような大岩
2017年04月16日 10:43撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀のような大岩
徐々に登っていきます。アイゼンは着用しませんでした。
2017年04月16日 10:43撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に登っていきます。アイゼンは着用しませんでした。
蓬莱山方面
2017年04月16日 10:46撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山方面
酸ケ平避難小屋から鎌池方面
2017年04月16日 11:30撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ケ平避難小屋から鎌池方面
1
酸ケ平避難小屋。中に入って休憩ができます。
2017年04月16日 11:30撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ケ平避難小屋。中に入って休憩ができます。
前大嶺方面。雪崩れた痕跡があります。
2017年04月16日 11:58撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前大嶺方面。雪崩れた痕跡があります。
吾妻小富士。火口が大きい!
2017年04月16日 12:08撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士。火口が大きい!
2
一切経山の三角点
2017年04月16日 12:21撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山の三角点
中吾妻山、西吾妻山方面
2017年04月16日 12:21撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中吾妻山、西吾妻山方面
高山の後ろに安達太良山が見えます。
2017年04月16日 12:21撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山の後ろに安達太良山が見えます。
一切経山山頂 1948.8m!
2017年04月16日 12:22撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山山頂 1948.8m!
1
山頂からの北側の展望
2017年04月16日 12:23撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの北側の展望
五色沼の魔女の瞳。氷が薄そうな部分がありました。
2017年04月16日 12:25撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色沼の魔女の瞳。氷が薄そうな部分がありました。
2
空気大感謝塔。これは一体なんなんでしょう?
2017年04月16日 12:29撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気大感謝塔。これは一体なんなんでしょう?
ひたすらに風が強く、体がよたりそうになることに耐えて歩きました。
2017年04月16日 12:31撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらに風が強く、体がよたりそうになることに耐えて歩きました。
一切経山の山頂方面を振り返ります。
2017年04月16日 12:47撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山の山頂方面を振り返ります。
酸ケ平。凍っていました。
2017年04月16日 13:55撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ケ平。凍っていました。
酸ケ平。浄土平方面
2017年04月16日 13:55撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ケ平。浄土平方面
鎌沼。凍っていました。
本当は鎌沼をぐるって回って帰ってくるつもりでしたが、強風で気持ちが萎えたためやめました。
2017年04月16日 14:02撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌沼。凍っていました。
本当は鎌沼をぐるって回って帰ってくるつもりでしたが、強風で気持ちが萎えたためやめました。
一切経山の噴火口
2017年04月16日 14:30撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山の噴火口
浄土平レストハウス
2017年04月16日 15:15撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土平レストハウス
浄土平看板
2017年04月16日 15:16撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土平看板
1
吾妻小富士
2017年04月16日 15:16撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士
吾妻小富士の登山道から振り返ります。
2017年04月16日 15:25撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士の登山道から振り返ります。
噴火口の縁に到着しました。
2017年04月16日 15:25撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火口の縁に到着しました。
噴火口の縁。
2017年04月16日 15:25撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火口の縁。
噴火口の縁。
2017年04月16日 15:26撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火口の縁。
一切経山。
2017年04月16日 15:31撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山。

感想/記録

晴天の一方、強風吹き荒れた山行となりました。
雪原歩きは気持ちよかったのですが、稜線に出てからは風との戦いでした😅
一切経山の山頂からはもう少しでお目覚めの綺麗な魔女の瞳が見えました👁
酸ケ平の湿原も鎌沼もまだ凍っていましたが、雪の白さと空と水の青さによるこの季節ならではの美しさがありました。
吾妻小富士は駐車場から100mほど登ってすぐに火口の縁までいけます。風が恐ろしく強く残念ながら火口の内側を覗き込むには至らず。お鉢巡りも危なそうなのでやめました(1人歩いている方がいましたが)。
火山特有の地形と残雪の美しさが心に残る山行でした✨
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ