ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1111591 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

チョキ✌

日程 2017年04月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間58分
休憩
2分
合計
2時間0分
S三段の滝入り口(駐車場)13:1014:03チョキ14:0514:30920m地点14:58居合沢15:10三段の滝入り口(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
居合沢沿いのハイキングコース部分を除き、道はありません。
藪岩に慣れた登山者のみが楽しめるエリアです。

写真

登山道入り口にある水道施設のすぐ奥から、左手の斜面に取り付きます。
2017年04月22日 13:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口にある水道施設のすぐ奥から、左手の斜面に取り付きます。
胸を突く植林隊の急登の後、岩混じりの雑木林を急登。
2017年04月22日 13:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸を突く植林隊の急登の後、岩混じりの雑木林を急登。
一瞬緩やかになるも。
2017年04月22日 13:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬緩やかになるも。
いやらしい岩場が出現。
2017年04月22日 13:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやらしい岩場が出現。
登ってきたところを振り返りますが、急で何も見えない。藪があるので高度感は無くなっています。
2017年04月22日 13:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたところを振り返りますが、急で何も見えない。藪があるので高度感は無くなっています。
更に急登。四つん這いになって四輪駆動状態。麓の民家が足元になりました。
2017年04月22日 13:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に急登。四つん這いになって四輪駆動状態。麓の民家が足元になりました。
チョキに近づいてようやく平和。
2017年04月22日 13:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキに近づいてようやく平和。
チョキ北端に立ちました。
チョキの最高点に向かう痩せ尾根と、チョキのピークに覆いかぶさるように奥に碧岩。
2017年04月22日 13:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ北端に立ちました。
チョキの最高点に向かう痩せ尾根と、チョキのピークに覆いかぶさるように奥に碧岩。
チョキ西面の岩壁は予想外に大きくびっくり。数十メートルはあります。
ただし、脆そうな感じに見えるので、登ろうとは思えません。
2017年04月22日 13:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ西面の岩壁は予想外に大きくびっくり。数十メートルはあります。
ただし、脆そうな感じに見えるので、登ろうとは思えません。
1
アカヤシオが満開でした。奥のピークは鷹ノ巣岩。
2017年04月22日 13:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオが満開でした。奥のピークは鷹ノ巣岩。
2
チョキの稜上は幅2,3m程とかなり痩せていますが、木が生えているため高度感はそれほどでもないです。
2017年04月22日 13:57撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキの稜上は幅2,3m程とかなり痩せていますが、木が生えているため高度感はそれほどでもないです。
鷹ノ巣岩。
2017年04月22日 14:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣岩。
チョキの最高点から立岩と勧能集落を見る。左奥に経塚。
2017年04月22日 14:04撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキの最高点から立岩と勧能集落を見る。左奥に経塚。
1
碧岩と大岩。
2017年04月22日 14:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
碧岩と大岩。
1
碧岩アップ。
2017年04月22日 14:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
碧岩アップ。
チョキ南端からその先のコルへは壁になって下れず。ラペルするのも面倒と、左手からバンドを拾って落ちるような急下り。
2017年04月22日 14:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ南端からその先のコルへは壁になって下れず。ラペルするのも面倒と、左手からバンドを拾って落ちるような急下り。
左奥から下ってきました。うまい事コルまでつながっていました。
2017年04月22日 14:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥から下ってきました。うまい事コルまでつながっていました。
1
チョキ南端の壁を振り返る。
写真右手(東面)から巻き下ってきました。巻きもかなり悪く、下ってくる場合はラペルした方が良いと思います。滑落は致命的。
2017年04月22日 14:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ南端の壁を振り返る。
写真右手(東面)から巻き下ってきました。巻きもかなり悪く、下ってくる場合はラペルした方が良いと思います。滑落は致命的。
1
再び平和な尾根歩き。
2017年04月22日 14:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び平和な尾根歩き。
チョキ南側のコルから少し碧岩に向けて登るとまた岩場が出てきて、途中から引き返すのが面倒になるため、今日はここで引き返すことにします。
2017年04月22日 14:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ南側のコルから少し碧岩に向けて登るとまた岩場が出てきて、途中から引き返すのが面倒になるため、今日はここで引き返すことにします。
チョキ南側のコルからこの沢を下ってきました。
2017年04月22日 14:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ南側のコルからこの沢を下ってきました。
チョキ南側のコルから下りてきた沢は、この上流2,3分のところです。
2017年04月22日 15:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョキ南側のコルから下りてきた沢は、この上流2,3分のところです。
登山口に降りてきました。
2017年04月22日 15:07撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に降りてきました。
昔はこの民家も人が住んでいたような気がします。
2017年04月22日 15:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔はこの民家も人が住んでいたような気がします。

感想/記録

 午前中早めに用事を済ませるつもりが、要領悪く昼過ぎからの登山となってしまったため、短時間で楽しめそうな知る人も少ないと思われる「チョキ」というピークへ登ってきました。

 登りの半分以上は両手も動員の急登ばかり。途中の時点で、同じ道を引き返すことはあきらめました。登り着いたチョキは痩せた稜線で構成されており、碧岩を正面に見ながら南寄りの最高点までちょっとスリルのある稜歩き。右手(西面)の壁が大きくてびっくりでした。

 チョキ南側のコルへは壁になって行き詰まるため、その壁をラペルするか、少し戻って左から(東面)巻き下るかのいずれかになります。今回は左巻きしましたが落ちるような劇下りで、藪があるから精神的に突っ込めるものの、ロープを使用した方が安全です。

 南側のコル付近は広々して気持ちの良い場所。時間もないので周辺をぶらついて、居合沢へ下る沢筋にルートをとりました。ザレがひどくて、ここを登りに使う気にはなれない感じです。

 昔から名前が気になっていたピークでしたが、予想外に楽しめました。短時間でこんな小さなピークに登るだけでも、充実感を味わえるのが西上州の魅力です。
訪問者数:174人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 ザレ コル 滑落
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ