また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1112542 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

鉄山・安達太良山 野仏巡礼

日程 2017年04月23日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
40分
合計
7時間33分
Sスタート地点06:0307:04八の字07:0507:27勢至平分岐07:2808:00くろがね小屋08:0408:50峰の辻09:13峰ノ辻分岐10:28鉄山避難小屋10:4110:54鉄山10:5611:23沼尻分岐11:2411:36安達太良山11:5012:12峰の辻12:41勢至平分岐12:53八の字12:5713:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は締まっていて歩きやすい。
念のためアイゼンを携行したが、使用する機会はなかった。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

風はあるものの最高の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はあるものの最高の天気
6
ゲレンデの雪も消えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデの雪も消えた
5
登山道は少なくなったとは言え、まだ雪に覆われている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は少なくなったとは言え、まだ雪に覆われている
3
烏川橋
所々で地面が露出している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏川橋
所々で地面が露出している
もうすぐ消えてしまうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ消えてしまうね
2
八の字
案内標識が壊れかかっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八の字
案内標識が壊れかかっている
どこまでが雪なのだろう
全部ではないよね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでが雪なのだろう
全部ではないよね?
5
くろがね小屋
右下に石仏が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋
右下に石仏が
7
袈裟を着ている様に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袈裟を着ている様に見える
5
安達太良山頂が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山頂が見えてきた
1
まだたっぷりの雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだたっぷりの雪
2
峰の辻から安達太良
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の辻から安達太良
2
まだまだ厳しい季節
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ厳しい季節
6
ガンコウランの樹氷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンコウランの樹氷
5
牛の背
安達太良への縦走路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛の背
安達太良への縦走路
4
桧原湖、秋元湖がとんでもなく綺麗だった
一人で歓声を上げた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桧原湖、秋元湖がとんでもなく綺麗だった
一人で歓声を上げた
10
この時期が一番美しいのかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期が一番美しいのかも
11
矢筈森から馬の背への下りに、岩が転がっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈森から馬の背への下りに、岩が転がっていた
1
どうやらここから崩落した模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらここから崩落した模様
3
磐梯山が凜々しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山が凜々しい
9
稜線は強風で顔が痛いくらいだったが、鉄山の登りで岩陰に入ると嘘のように無風に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は強風で顔が痛いくらいだったが、鉄山の登りで岩陰に入ると嘘のように無風に
1
つぼみは膨らんできているのだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぼみは膨らんできているのだろうか
4
やっぱりカッコいいよねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりカッコいいよねぇ
8
鉄山の山頂台地の端まで来てみた
絶壁は身がすくむ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山の山頂台地の端まで来てみた
絶壁は身がすくむ
3
箕輪山と吾妻連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕輪山と吾妻連峰
2
飯豊連峰が顔を出した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰が顔を出した
7
マフラーのように見えるのは、廃仏毀釈で首を落とされたものを修復したあとか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マフラーのように見えるのは、廃仏毀釈で首を落とされたものを修復したあとか
10
風化してしまいお顔は判別できないが、心洗われるお姿でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風化してしまいお顔は判別できないが、心洗われるお姿でした
4
西向地蔵の視線の先は
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西向地蔵の視線の先は
2
磐梯山の向こうに越後の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山の向こうに越後の山々
3
鉄山避難小屋で休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山避難小屋で休憩
5
鉄山山頂
四等三角点:鉄山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山山頂
四等三角点:鉄山
4
安達太良の沼の平と、磐梯山の沼の平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良の沼の平と、磐梯山の沼の平
4
安達太良神社の祠にお地蔵様
神仏混淆ですね
日本人の大らかさを表しているようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良神社の祠にお地蔵様
神仏混淆ですね
日本人の大らかさを表しているようです
8
猪苗代湖が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪苗代湖が見える
3
那須連峰も良く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須連峰も良く見える
3
飽きることがない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飽きることがない
2
さて、帰りますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰りますか
3
篭山の向こうには福島盆地に浮かぶ信夫山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山の向こうには福島盆地に浮かぶ信夫山
5
最後に婆ケ前(ばあがまえ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に婆ケ前(ばあがまえ)
3
首を落とされた地蔵尊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首を落とされた地蔵尊
2
かつては陽日温泉への登山道だったのだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつては陽日温泉への登山道だったのだろう
3
馬車道から薬師岳
天気に恵まれた一日
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬車道から薬師岳
天気に恵まれた一日
3

感想/記録
by GON56

昨年末、鉄山の一角に西向地蔵と呼ばれる石仏があると言うことを知った。
長年安達太良に登り続けているが、恥ずかしながら知らなかった。
雪解けを待って訪ねてみることにした。

まず最初に訪ねたのは、くろがね小屋下の野仏。
風化が進んで文字を判別できない。ある方の話によれば、八幡大菩薩像ではないかとのこと。確かに石像は袈裟を着た僧形。僧形八幡神か。
次は本日の目的地、西向地蔵を訪ねた。
おおざっぱな位置しか知らなかったので、探すのに難儀した。
ついでにと言う訳ではないが、山頂台地の端まで行って見た。
当然のことながら高度感が半端でなく、足がすくんだ。
避難小屋に戻りながら探していくうち、ようやく見つけた。
イメージとは異なり小柄なお姿で、石積みの中に立っておられた。
風化してお顔も判別できないが、端正なお姿に心洗われるようだ。

安達太良山頂のお地蔵様も野仏と呼んで良いものやら。
それはさておき、多くの登山者から愛されるそのお姿に、古からの野仏に通じるものがあると思う。
下山途中に婆ケ前に寄ってみた。存在は知っていたのだが、訪ねるのは初めてだ。
素朴な姿の姥神は、多くの人々に愛されてきたのだろうと思う。

時の権力者の財にものを言わせた大伽藍も、それはそれで良いのだが、庶民が身近な人々の健康、安全を祈って日々手を合わせて来たであろう野仏に、心温まる思いがして来る。

※江戸時代、現在のくろがね小屋付近は陽日温泉と呼ばれ、遠く京の都まで聞こえた名湯でした。越後の国から来た多くの娘さん達がここで働いていたそうです。
彼女たちは、故郷が恋しくなると鉄山に登り、遠く磐梯山の向こうに見える越後の山々を望み、故郷を思ったそうです。
鉄山崩落による山津波で、彼女たちの多くも犠牲となりました。
そんな彼女たちの思いを、西向地蔵は慰めてくれているようです。



厳冬期の山々は真っ白で素敵なのだが、この季節、雪と地面とのコントラストが美しいと再確認。
雪面でも真っ白な所と、少し汚れて茶色になった雪と様々な姿があり、実に美しいものだと感じた。
あと一ヶ月で安達太良の山開き。
一気に雪解けが進むのだろう。
訪問者数:840人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/5/6
投稿数: 33
2017/4/23 20:55
 お疲れ様です。
GON56さん今晩は。
大分雪解けが進んでいるようですね。
写真も楽しく拝見しました。
好きな矢筈が森の写真もたくさん見る事が出来て良かったです。
お天気も良くていい山行でしたね。
登録日: 2016/6/14
投稿数: 1
2017/4/24 5:19
 無題
写真上手です。鉄山まで行くなんてすごい。飯豊美しい。
登録日: 2013/11/27
投稿数: 403
2017/4/24 6:12
 Re: お疲れ様です。
tubasaさん、おはようございます。

このところの暖かさで、一気に雪解けが進んでいるようです。
山開きの頃には例年並みの残雪になるのでしょうね。
私も矢筈森が大好きです。なんか格好良いんですよね。
最高の天気に恵まれ、楽しい一日となりました。
コメント、ありがとうございました。
登録日: 2013/11/27
投稿数: 403
2017/4/24 6:15
 Re: 無題
pikoroさん、おはようございます。

お褒め頂いてありがとうございます。
数打ちゃ当たる的な撮り方をしていますので、選ぶ段になって苦労します。
稜線まで登ってしまえば比較的平坦なので、鉄山も時間さえ許せば誰でも行けると思います。
pikoroさんも是非
登録日: 2014/7/2
投稿数: 601
2017/4/24 12:24
 GON56 さん こんにちは(^^)
ようやく見つけたのですね
すごいです!
私もこの目で拝見させて頂きたいです(^^)でも、見つけるのに大変そうcoldsweats01
お顔はよく分かりませんでしたが、きっと優しい表情されているのでしょうね
江戸時代の解説もありがとうございました(^^)
登録日: 2013/11/27
投稿数: 403
2017/4/24 12:31
 Re: GON56 さん こんにちは(^^)
topazさん、こんにちは!

やっと会えたという感じです(*^_^*)
天気も良かったので、気持ち良い山行でした。素朴なお姿に晴れやかな気持ちになり、疲れも忘れる一時でした(^_^)v
登録日: 2015/3/1
投稿数: 371
2017/4/24 21:25
 残雪とのコントラスト…(^^♪
GON56さん、こんばんは〜(^^♪

写真35ステキですね〜‼
本当に厳冬期の真っ白な山々も良いですが、この時期の雪と地面とのコントラストも美しくて良いですね〜(^_^)v

私も雪が無くなる前に地元の山へ登りに行かなくちゃ〜(^_-)-☆

ロングコースお疲れ様でした〜\(^o^)/
登録日: 2013/11/27
投稿数: 403
2017/4/25 6:49
 Re: 残雪とのコントラスト…(^^♪
marimituさん、おはようございます

雪解けが進んでいますので、日々景色が変わっているのでしょうね。
今しか見ることの出来ない景色ですね。
天気にも恵まれ、気持ち良い一日でした。
コメントありがとうございます。
登録日: 2013/6/22
投稿数: 405
2017/4/25 20:48
 こんばんは!
安達太良山久しく行けてないですが、GONさんのレコで安達太良を拝見できうれしいです

鉄山の石仏など今度拝見しに行きたいと思います!
登録日: 2013/11/27
投稿数: 403
2017/4/25 21:57
 Re: こんばんは!
-hiro-さん、こんばんは!

安達太良にはずいぶん登っているつもりですが、まだまだ知らないことばかりです。
安達太良の魅力は尽きることがないですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ