また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1116058 全員に公開 ハイキング中国

伯州山(岡山県苫田郡鏡野町赤和瀬)岡山県北の春山2枚看板巡り〈2〉

日程 2017年04月22日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口付近に駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
10分
合計
2時間10分
S伯州山滝谷コース登山口14:2515:35伯州山荘15:40伯州山15:5015:55伯州山荘16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りは滝谷コース〜遊歩道〜新コース、下りは滝谷コース。復路の滝谷コースは残雪に覆われており、踏み抜きに注意して下山しました。
その他周辺情報農村レストラン、うたたねの里いっぷく亭が近くにあります。この日は時間の都合で鯖寿司をテイクアウトで購入しましたが、団子汁や囲炉裏の炭火で焼くアマゴの塩焼きにたいへん惹かれます。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

滝谷コース登山口。
14時30分近い昼下がりだったので、たくさんの下山の方とすれ違いました。午前中は大盛況だったことでしょう。
2017年04月22日 14:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷コース登山口。
14時30分近い昼下がりだったので、たくさんの下山の方とすれ違いました。午前中は大盛況だったことでしょう。
ところどころ雪渓になっている滝谷コースから遊歩道へ入ります。いよいよです。
2017年04月22日 13:58撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ雪渓になっている滝谷コースから遊歩道へ入ります。いよいよです。
遊歩道沿いの目覚め間近のブナ。そして谷間越しに新緑と残雪と青空。目の清涼剤のような早春の取り合わせ。
2017年04月22日 14:05撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道沿いの目覚め間近のブナ。そして谷間越しに新緑と残雪と青空。目の清涼剤のような早春の取り合わせ。
遊歩道を少し進むとちらほら…さらに狭い尾根道の「新コース」に入るとそこは乱舞するイワウチワ密集地帯!株も全体に一回り大きくなった感じです。想像以上、信じられないような光景です。
2017年04月22日 14:47撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を少し進むとちらほら…さらに狭い尾根道の「新コース」に入るとそこは乱舞するイワウチワ密集地帯!株も全体に一回り大きくなった感じです。想像以上、信じられないような光景です。
この日の朝開花したかのような、見るからに新鮮な花花。
2017年04月22日 14:47撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の朝開花したかのような、見るからに新鮮な花花。
一歩進むごとに小群落と出逢う。マジ最高です。(笑)
2017年04月22日 14:08撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩進むごとに小群落と出逢う。マジ最高です。(笑)
アクセントのようにイワナシと遭遇。
2017年04月22日 14:24撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクセントのようにイワナシと遭遇。
圧倒的な存在感を示すイワウチワのはざまで健気に咲くイワナシ。
2017年04月22日 14:24撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧倒的な存在感を示すイワウチワのはざまで健気に咲くイワナシ。
大げさじゃなく奇跡だと思う。よほど条件がそろっているのでしょうね。
2017年04月22日 14:39撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大げさじゃなく奇跡だと思う。よほど条件がそろっているのでしょうね。
クライマックス!那岐山が森林公園が霞んでしまう(もちろん彼の山山も大好きですが)。
2017年04月22日 14:48撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマックス!那岐山が森林公園が霞んでしまう(もちろん彼の山山も大好きですが)。
すべて「自生」の株。そここそに一番の感動がある。雪の下で冬を耐えた株から解き放たれたエネルギーの力強さを感じる。
2017年04月22日 14:41撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すべて「自生」の株。そここそに一番の感動がある。雪の下で冬を耐えた株から解き放たれたエネルギーの力強さを感じる。
Forever !
2017年04月22日 14:48撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Forever !
写真を撮るのと踏まないように慎重に歩いたのとでなかなか進まず(笑)、1時間半歩いて山頂に到着。
2017年04月22日 15:06撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮るのと踏まないように慎重に歩いたのとでなかなか進まず(笑)、1時間半歩いて山頂に到着。
西に大山東壁の雄姿。剣ヶ峰ピークから延びる稜線の先には三銛峰、矢筈ヶ山、甲ヶ山、勝田ヶ山、なだらかになっているのは船上山?さらに反対側は烏ヶ山に蒜山三座。毛無山に負けず劣らずの絶景です。
2017年04月22日 15:06撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に大山東壁の雄姿。剣ヶ峰ピークから延びる稜線の先には三銛峰、矢筈ヶ山、甲ヶ山、勝田ヶ山、なだらかになっているのは船上山?さらに反対側は烏ヶ山に蒜山三座。毛無山に負けず劣らずの絶景です。
縦走路は未開通。人形峠までのロングコース。開通したら辿りたい。
2017年04月22日 15:11撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路は未開通。人形峠までのロングコース。開通したら辿りたい。
山頂から伯州山荘(避難小屋)を見下ろす。絵になる山小屋。
2017年04月22日 15:11撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から伯州山荘(避難小屋)を見下ろす。絵になる山小屋。
名残惜しいですが16時を回り陽も傾いてきたので、滝谷コースを足早に下山。尾根の新コースとは様相の違う残雪のコース。踏み抜きには注意して慎重に下りました。
2017年04月22日 15:20撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが16時を回り陽も傾いてきたので、滝谷コースを足早に下山。尾根の新コースとは様相の違う残雪のコース。踏み抜きには注意して慎重に下りました。
1時間弱で滝谷コース登山口へ下山。
2017年04月22日 16:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で滝谷コース登山口へ下山。
伯州山麓の赤和瀬集落の美しい山村風景。
2017年04月22日 16:15撮影 by DSC-H50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯州山麓の赤和瀬集落の美しい山村風景。
農家レストラン「うたたねの里 いっぷく亭」。炭火で焼くアマゴの塩焼き、食べたい…。
2017年04月22日 16:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農家レストラン「うたたねの里 いっぷく亭」。炭火で焼くアマゴの塩焼き、食べたい…。

感想/記録

午前中の毛無山〜白馬山から鏡野町上齋原地区の赤和瀬集落へ移動、昼下がりの午後2時過ぎから伯州山へ。
イワウチワの山として話には聞いていたもののこれまでタイミングが合わず、念願の初訪問でした。期待にたがわず尾根筋の「新コース」沿いはイワウチワが乱れ咲く圧巻の光景で、思わず興奮してしまいました。
これまで岡山県立森林公園で少数の株がブナの根元に身を寄せ合うように咲いていたのを見たことがあっただけでしたが、それをはるかに凌ぐ段違いのスケールです。あらゆる条件がこの尾根に、奇跡的に整ったのではないかと思えてきます。
山頂からは裏大山を東から一望するアングルで、広大な山塊の位置関係が分かりやすかったです。毛無山と伯州山、何だか良きライバルに思えてきますね。こちらもいずれ縦走路も…(以前から人形峠に向けて切り拓かれていると聞きますがまだ開通しないのでしょうか?)。
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ