また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1130628 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳(風雪のため敗退)

日程 2017年03月25日(土) 〜 2017年03月26日(日)
メンバー
天候初日:晴れ、二日目:雪
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
茅野駅集合解散
コース状況/
危険箇所等
降雪により硬い雪の上に新雪が積もって雪崩の危険があった。結果、文三郎尾根の中盤で敗退。ガイドによると登れても下りて来られない、とのこと。
その他周辺情報美濃戸口まで下りて来て、J&Nでゆっくりお風呂と慌てて食事
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

準備万端!
2017年03月24日 23:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備万端!
行くぜ!
2017年03月25日 07:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くぜ!
いつものコレで行きます。
2017年03月25日 07:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものコレで行きます。
美濃戸で休憩
2017年03月25日 12:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸で休憩
いよいよ
2017年03月25日 14:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ
雪の稜線が見えて来ました
2017年03月25日 14:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の稜線が見えて来ました
この時期でもアイスキャンディ健在です。
2017年03月25日 14:36撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期でもアイスキャンディ健在です。
けっこうな賑わいです
2017年03月25日 14:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうな賑わいです
結構、戻ってくる人がいる
2017年03月25日 14:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、戻ってくる人がいる
明日を思い、胸が高鳴ります
2017年03月25日 14:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日を思い、胸が高鳴ります
夕食は念願のステーキ!
2017年03月25日 17:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は念願のステーキ!
美味しくいただきました。
2017年03月25日 17:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味しくいただきました。
朝の食堂
2017年03月26日 05:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の食堂
単独行の方もいました
2017年03月26日 09:09撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単独行の方もいました
視界はこの程度
2017年03月26日 09:35撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界はこの程度
行者小屋まで戻りました。
2017年03月26日 10:11撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋まで戻りました。
また来年、リベンジくるぜ!
2017年03月26日 11:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来年、リベンジくるぜ!

感想/記録

3/25土曜
 前日3/24金曜は、22時まで残業したので、帰宅して食事して1時まで登山準備していた。朝10:20茅野駅集合場所に着いて見ると、意外にも女性が多い。女性6名+男性3名、ガイド男性3名だ。男性はガイドなしで友達とかと登ってしまうのだろうか。
ジャンボタクシーに相乗りして、美濃戸口に向かう。美濃戸口でレインパンツ、ゲイター装着して、準備運動後、ツボ足でスタート。整然と1列で歩く。比較的ペースが早い。冬は汗をかかないために「ゆっくりと動き続ける」が鉄則と思っていただけに意外に感じる。堰堤広場でアイゼン装着。この方が歩きやすい。
 14時半ごろ赤岳鉱泉着、去年はこの時期クローズしていたアイスキャンディも実施中だ。この日の天気は最高だった。続々と登山者が山から赤岳鉱泉に降りてくる。
夕食までは、ガイドの内輪話、武勇伝がメイン。ためになることもあるけど面白くはない。酒盛りが始まり、ただの飲み会の様相を呈してきた。
夕食は3度目の正直で、ステーキにありつけた。山の上で、レアステーキをいただけるのは、ありがたい。
一服したりして部屋に戻ると暑い。人が多いからだろうか。
でも比較的ぐっすり眠れた。山小屋にもだいぶ慣れて来たようだ。

3/26日曜
 朝は5時起きだ。窓の外は雪。今日の山行が危ぶまれる。行けるところまで、行って様子を見る前提でスタート。行者小屋を過ぎ、文三郎尾根に取り付く。途中から、ガイド1+メンバ3でアンザイレンして進む。一番後ろについて、ゆっくり進む。途中尾根の中盤あたりで、ガイドが状況確認のため、少し上まで様子を見にいく。強風、風雪、ガスのため、撤退が決定された。登れたとしても下りられないとのことだ。2年前の硫黄岳ツアーに続いて、途中撤退となった。ツアー山行の限界だ。自分たちだけなら行けたかも、という気持ちも無くはないが、実際は行ったら遭難してしまうかもなー。
 悶々として下山。J&Nでのんびり風呂のあと生ビール、パスタをいただこうと思ったら、タクシーが時間通りに来たので、ダッシュでかっこんで、茅野駅へ。

総括
 ガイドがいることの安心感とツアーで行くことの息苦しさのバランスなんだろうが、目標達成(登頂)できれば、満足感、達成感で結果オーライなのかもしれないが、行けなかった場合は、もやもやした気持ちで帰ることになる。来シーズンもガイド付きで冬の赤岳に挑戦したい。アルパインツアー以外でどこかいいとこないかなー。
訪問者数:62人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ