また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1132219 全員に公開 ハイキング比良山系

武奈ヶ岳 ~大にぎわいの花、春の武奈〜 <釈迦岳からぐるっと周回>

日程 2017年05月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候ポカポカ陽気のめっちゃいい天気☀
しか〜し今日は黄砂もいっぱい飛んでいたみたい
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
イン谷口の駐車場に車を停めさせていただきました。 40~50台 無料
朝7時頃でまだ数台のみ
■トイレ
イン谷口から少し進んだ駐車場に有ります。イン谷口の駐車場にはありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
1時間13分
合計
6時間39分
Sスタート地点07:2209:02釈迦岳09:1709:26カラ岳09:53八雲ヶ原10:08イブルギノコバ10:1010:37コヤマノ分岐10:51武奈ヶ岳11:3511:47コヤマノ分岐11:4812:09八雲ヶ原12:1612:26北比良峠12:2812:58金糞峠13:0013:23青ガレ13:44大山口14:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<行き>
■大津ワンゲル道〜釈迦岳
 イン谷口の駐車場から小さな橋を渡り大津ワンゲル道に入ると、しばらくは緩い傾斜の坂が続きます。徐々に傾斜がきつくなり崖になっている個所もあります。ロープのある岩登りの場所があり、また道幅も狭い尾根の個所もあります。現在、このコースではイワカガミが乱れ咲き状態です。
■釈迦岳〜八雲ヶ原
 釈迦岳から気持ちのよい尾根歩きが続きます。多少のアップダウンはありますが、全体的に緩やかな傾斜で歩きやすいです。現在コースではイワウチワの群生地がたくさんあり乱れ咲き状態です。
■八雲ヶ原〜イブルキのコバ
 ややイブルキのコバへのコース入口が分かりにくいですが、コース全体は少しぬかるんでいるところはありますが歩きやすいです。このコースでもイワウチワがあちこちで咲いています。
■イブルキのコバ〜武奈ヶ岳山頂
 谷間を進み高度を上げていき、コヤマノ分岐に到着するともうわずかです。谷間には雪が残っている箇所もありますが全く支障はありません。コヤマノ分岐からの急坂を登ると武奈ヶ岳山頂が見えます。山頂手前の急坂では、現在ショウジョウバカマがあちこちに咲き乱れています。

<帰り>
■武奈ヶ岳山頂〜八雲ヶ原
 武奈ヶ岳山頂からの急坂を下り、ブナ林のきれいなコヤマノ岳方面に向かいます。八雲ヶ原への分岐の二つ目となる比良スキー場跡を眺めるコースを進みました。樹林帯を下っていくと視界が開け比良スキー場跡を眺めるながら急坂を下ります。
■八雲ヶ原〜北比良峠
八雲ヶ原を横断するように進むと北比良峠への道標が現れます。比較的道幅の広く歩きやすい道が続きます。北比良峠は絶景を楽しめるビューポイントで休憩もしっかりできます。
■北比良峠〜金糞峠(シャクナゲ尾根)
多少のアップダウンはありますが、ところどころで琵琶湖の景色の見えるコースです。この季節はなんといってもシャクナゲですが、まだしばらくはシャクナゲを楽しめそうです。
■金糞峠〜イン谷口(駐車場)
 金糞峠からは急坂とガレ場、岩場の激下りが続きます。青ガレを過ぎると沢の流れの音や堰堤を眺めながら気持ちのよい林道を下りて行きます。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

<イン谷口駐車場>
7時過ぎに到着して駐車場はまだ2台目
さあ出発だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イン谷口駐車場>
7時過ぎに到着して駐車場はまだ2台目
さあ出発だ!
2
<大津ワンゲル道>
駐車場の脇から下りて小さな橋を渡り大津ワンゲル道に入ります。しばらくは緩い傾斜の上りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
駐車場の脇から下りて小さな橋を渡り大津ワンゲル道に入ります。しばらくは緩い傾斜の上りが続きます。
3
<大津ワンゲル道>
倒木が何箇所かあり、くぐったり、またいだりです。足が長いのでまたぐのは簡単なハズなんですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
倒木が何箇所かあり、くぐったり、またいだりです。足が長いのでまたぐのは簡単なハズなんですが・・・。
1
<大津ワンゲル道>
高度が上がるにつれ、イワカガミがあちこちに咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
高度が上がるにつれ、イワカガミがあちこちに咲いています。
19
<大津ワンゲル道>
登山道の両脇には右を向いても左を向いてもイワカガミ。
イワカガミ祭りになっている!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
登山道の両脇には右を向いても左を向いてもイワカガミ。
イワカガミ祭りになっている!
8
<大津ワンゲル道>
おっと、これはシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
おっと、これはシャクナゲ
22
<大津ワンゲル道>
朝日を浴びるイワカガミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
朝日を浴びるイワカガミ
5
<大津ワンゲル道>
こちらはミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
こちらはミツバツツジ
7
<大津ワンゲル道>
徐々に傾斜がきつくなりロープのある岩登りの場所があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
徐々に傾斜がきつくなりロープのある岩登りの場所があります。
<大津ワンゲル道>
タチツボスミレかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
タチツボスミレかな
8
<大津ワンゲル道>
この標識が見えると山頂までもうわずか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
この標識が見えると山頂までもうわずか
<大津ワンゲル道>
もう少しだ、ガンバ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<大津ワンゲル道>
もう少しだ、ガンバ!
4
<釈迦岳山頂>
山頂にとうちゃこ!
誰もいないボッチ山頂で自撮りタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<釈迦岳山頂>
山頂にとうちゃこ!
誰もいないボッチ山頂で自撮りタイム
14
<釈迦岳山頂>
新緑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<釈迦岳山頂>
新緑
4
<カラ岳>
カラ岳には電波塔があり、カラではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<カラ岳>
カラ岳には電波塔があり、カラではない。
3
<カラ岳〜八雲ヶ原>
気持ちがよくて小走りになる稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<カラ岳〜八雲ヶ原>
気持ちがよくて小走りになる稜線
2
<カラ岳〜八雲ヶ原>
おっと、イワウチワを発見!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<カラ岳〜八雲ヶ原>
おっと、イワウチワを発見!
20
<カラ岳〜八雲ヶ原>
イワウチワが咲き乱れてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<カラ岳〜八雲ヶ原>
イワウチワが咲き乱れてる
9
<カラ岳〜八雲ヶ原>
祭りだ!イワウチワ祭りだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<カラ岳〜八雲ヶ原>
祭りだ!イワウチワ祭りだ!
10
<八雲ヶ原>
静かな八雲ヶ原を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原>
静かな八雲ヶ原を通過
3
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
こちらにもイワウチワ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
こちらにもイワウチワ
4
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
ミヤマカタバミかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
ミヤマカタバミかな?
9
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
この辺りもイワウチワがすげ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原〜イブルギノコバ>
この辺りもイワウチワがすげ〜
14
<イブルギノコバ>
ここでちょっと小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イブルギノコバ>
ここでちょっと小休止
<イブルギノコバ〜コヤマノ分岐>
ここからは谷に沿って登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イブルギノコバ〜コヤマノ分岐>
ここからは谷に沿って登っていきます。
1
<イブルギノコバ〜コヤマノ分岐>
日当たりの悪い谷間には残雪がありますが登山道の影響はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イブルギノコバ〜コヤマノ分岐>
日当たりの悪い谷間には残雪がありますが登山道の影響はありません。
3
<コヤマノ分岐>
武奈ヶ岳の山頂が見える。もう少しだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐>
武奈ヶ岳の山頂が見える。もう少しだ!
1
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
ここからはショウジョウバカマがたくさん咲いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
ここからはショウジョウバカマがたくさん咲いている
8
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
これはイワナシですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
これはイワナシですね
19
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
標識が見えてきた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐〜武奈ヶ岳山頂>
標識が見えてきた!
3
<武奈ヶ岳山頂>
と〜ちゃこ!
でっかい三角点にタッチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
と〜ちゃこ!
でっかい三角点にタッチ
7
<武奈ヶ岳山頂>
ご無沙汰しております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
ご無沙汰しております。
5
<武奈ヶ岳山頂>
今日も飽きずにこれで昼食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
今日も飽きずにこれで昼食
5
<武奈ヶ岳山頂>
記念に一枚撮っていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
記念に一枚撮っていただきました。
29
<武奈ヶ岳山頂>
残念ながら黄砂で琵琶湖がかすんでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
残念ながら黄砂で琵琶湖がかすんでいる
<武奈ヶ岳山頂>
こちらは釣瓶岳。読みは「つるべ岳」と名前がいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
こちらは釣瓶岳。読みは「つるべ岳」と名前がいい。
2
<武奈ヶ岳山頂>
蓬莱山(琵琶湖バレー)方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
蓬莱山(琵琶湖バレー)方面
1
<武奈ヶ岳山頂>
新緑が鮮やかなコヤマノ岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
新緑が鮮やかなコヤマノ岳方面
2
<武奈ヶ岳山頂>
じゃ〜またね!
そろそろ下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<武奈ヶ岳山頂>
じゃ〜またね!
そろそろ下山です。
17
<コヤマノ分岐>
新緑が鮮やかで見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐>
新緑が鮮やかで見上げる
<コヤマノ分岐>
ここから八雲ヶ原まで一気に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<コヤマノ分岐>
ここから八雲ヶ原まで一気に下ります。
2
<八雲ヶ原>
ちょっと散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原>
ちょっと散策
1
<八雲ヶ原>
ミズバショウはもう終盤かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<八雲ヶ原>
ミズバショウはもう終盤かな
11
<北比良峠>
今回は琵琶湖の景色を見ようと北比良峠を経由してみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠>
今回は琵琶湖の景色を見ようと北比良峠を経由してみました。
3
<北比良峠>
黄砂の影響でしょうか、すっきりしない琵琶湖の風景ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠>
黄砂の影響でしょうか、すっきりしない琵琶湖の風景ですね。
9
<北比良峠〜金糞峠>
琵琶湖大橋もなんとか見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠〜金糞峠>
琵琶湖大橋もなんとか見えています。
2
<北比良峠〜金糞峠>
タムシバ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠〜金糞峠>
タムシバ
7
<北比良峠〜金糞峠>
シャクナゲ尾根のシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠〜金糞峠>
シャクナゲ尾根のシャクナゲ
12
<北比良峠〜金糞峠>
シャクナゲはもうしばらく楽しめそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<北比良峠〜金糞峠>
シャクナゲはもうしばらく楽しめそうです。
5
<金糞峠>
読みは「かなくそ」。もう少しいい名前は付けられなかったのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<金糞峠>
読みは「かなくそ」。もう少しいい名前は付けられなかったのか?
<金糞峠〜大山口>
ガレ場を急降下します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<金糞峠〜大山口>
ガレ場を急降下します。
3
<金糞峠〜大山口>
慎重に進めば大丈夫、大丈夫
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<金糞峠〜大山口>
慎重に進めば大丈夫、大丈夫
4
<金糞峠〜大山口>
ダケ道との分岐点まで下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<金糞峠〜大山口>
ダケ道との分岐点まで下りてきました。
<イン谷口>
バス停の近くに鮮やかに咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イン谷口>
バス停の近くに鮮やかに咲いています。
6
<イン谷口>
駐車場まで帰ってきました。まだたくさんの車が停まってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<イン谷口>
駐車場まで帰ってきました。まだたくさんの車が停まってます。
3
<その他>
琵琶湖の対岸から先ほど登った比良山系の山を眺めてみました。
今日もお疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<その他>
琵琶湖の対岸から先ほど登った比良山系の山を眺めてみました。
今日もお疲れ様でした。
30

感想/記録

今回は武奈ヶ岳を訪れました。

田中陽希さんにお会いしに訪れて以来の約1年半ぶりです。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-754774.html)

武奈ヶ岳は、標高1214.4mの比良山系の最高峰で日本二百名山、近畿百名山のひとつで中腹部にブナの木が多く生えていることに由来していると言われています。頂上からは360度の展望を楽しむことができ、滋賀県の百名山の伊吹山に引けを取らない名山です。

ただこの日は、黄砂の影響でしょうか絶景のはずの景色もいまひとつでした。

GWの最終日となり、サボり癖のついた体と昨日寝る前に食べてしまった大盛りラーメンのお腹にメスを入れようと周回コースを選んでみましたが、なんと帰って体重計に乗ってもさほど変化なし。
ちょっとラーメンの食べすぎかぁ・・・。

今回は、イワウチワやイワカガミがお祭り状態で満腹感がいっぱい。
しばらくラーメンも我慢できるかな??

さて、次はどこの山に行こうかな。
訪問者数:696人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/18
投稿数: 2114
2017/5/10 16:33
 どうや??
アシカさん こんにちは

シャクナゲ尾根のシャクナゲ って
今年はどんな感じ??
ドバーッって咲いてるんか
日野のしゃくなげ渓へ行ったけど
パッとせえへんかったゎ

しかし・・・・
夜食に大盛りラーメンとは ┐(´д`)┌ 
当然シーフードやな
でも大盛りってあったかな〜〜〜
ひょっとして2カップ食べたな
(´▽`*)アハハ
登録日: 2013/11/23
投稿数: 121
2017/5/10 23:46
 Re: どうや??
ビタロさん、こんばんは

大にぎわいの花はイワカガミとイワウチワ。
シャクナゲは大にぎわい言うと怒られそうです。
シャクナゲ尾根は蕾のほうが多いくらいで、しばらくは楽しめそうだけど
ドバっとというほどは期待できないかな??
今年は、鈴鹿も比良も雪が多かったせいか花は全体的に遅くて少ない印象ですね。
やはり西山公園あたりが最高かぁ (^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ