ヤマレコ

記録ID: 1154333 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

御正体山はでっかいな〜

日程 2017年05月27日(土) 〜 2017年05月28日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
富士急都留市駅よりバス、御正体入口下車。宿泊は菰釣山避難小屋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

富士急線都留市駅08:06着、
ここからバス08:10発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士急線都留市駅08:06着、
ここからバス08:10発
御正体入口バス停着8:35
20名ほどの乗客がありましたが下車したのは3名でした。道坂峠から歩かれる方がほとんどのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体入口バス停着8:35
20名ほどの乗客がありましたが下車したのは3名でした。道坂峠から歩かれる方がほとんどのようです。
1時間ほどの林道歩きです。工事中で結構頻繁にこんなダンプが通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどの林道歩きです。工事中で結構頻繁にこんなダンプが通ります。
ここが工事現場。向かいの山の崩壊地を修復されているみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが工事現場。向かいの山の崩壊地を修復されているみたい。
1
登山口は工事現場のすぐ脇にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は工事現場のすぐ脇にあります。
1
コンクリートを満タンにしたゴンドラを向かいの山に運んでいるんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリートを満タンにしたゴンドラを向かいの山に運んでいるんですね。
1
登山口からいきなり急登の連続。初めて現れた標識がコレ、宮峰跡の分岐。ベンチもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からいきなり急登の連続。初めて現れた標識がコレ、宮峰跡の分岐。ベンチもあります。
1
登山道はず~と樹林帯で眺望無し。登り切ったご褒美がこの富士。”額縁にはいった富士山”ですね(^_-)-☆。
天気も良くてよかった〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はず~と樹林帯で眺望無し。登り切ったご褒美がこの富士。”額縁にはいった富士山”ですね(^_-)-☆。
天気も良くてよかった〜!
3
御正体山山頂到着。
眺望は全くなし!!自慢じゃありませんが(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体山山頂到着。
眺望は全くなし!!自慢じゃありませんが(笑)
3
どなたかが投稿されていた”宙に浮いた木”。タネは枯れ木の大木が引っかかっていた〜でした(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どなたかが投稿されていた”宙に浮いた木”。タネは枯れ木の大木が引っかかっていた〜でした(笑)
1
山頂からの下りは結構急坂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの下りは結構急坂です。
この尾根も眺望は無し!木々の間から富士山が見え隠れ。広葉樹が多いみたいなので冬は見られるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根も眺望は無し!木々の間から富士山が見え隠れ。広葉樹が多いみたいなので冬は見られるのかな?
じみ〜な”前ノ岳”
眺望どころか見過ごしそうな感じ(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じみ〜な”前ノ岳”
眺望どころか見過ごしそうな感じ(~_~;)
中ノ岳
これまた眺望無し。ベンチが2個あるだけ。
冬は眺望あるのかな??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳
これまた眺望無し。ベンチが2個あるだけ。
冬は眺望あるのかな??
クラブツーリズムの18名のパーティにお会いしました。
あとで調べたら犬伏峠から御正体山を経て御正橋を歩かれるんですね。”登山中級A”の歩く難易度らしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラブツーリズムの18名のパーティにお会いしました。
あとで調べたら犬伏峠から御正体山を経て御正橋を歩かれるんですね。”登山中級A”の歩く難易度らしいです。
次に現れた標識。トレイルがはっきりしているので標識が少ないのかな?ほとんど標識はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に現れた標識。トレイルがはっきりしているので標識が少ないのかな?ほとんど標識はありません。
鉄塔場。ここは唯一開けた場所です。南西に富士山、東に丹沢の峰々が一望!ホッとします。広いし休憩に最適な場所ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔場。ここは唯一開けた場所です。南西に富士山、東に丹沢の峰々が一望!ホッとします。広いし休憩に最適な場所ですね。
1
富士山が雄大!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が雄大!
3
振り返ると御正体山です。
でかいですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると御正体山です。
でかいですね〜
2
胸の高さほどのスズタケが出てきます。ヤブこぎを楽しんで(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸の高さほどのスズタケが出てきます。ヤブこぎを楽しんで(笑)
石割山分岐
6名の方がランチ休憩中でした。鉄塔まで行けばもっとおいしい?のにね(*^_^*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石割山分岐
6名の方がランチ休憩中でした。鉄塔まで行けばもっとおいしい?のにね(*^_^*)
犬伏峠までぬかるんだところが、、、すべって歩きにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬伏峠までぬかるんだところが、、、すべって歩きにくいです。
山中湖高原ホテルの廃墟が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖高原ホテルの廃墟が見えます。
ホテル脇にある祠の手水鉢にホースで水が流れていたので水の補給をさせていただきました。スミマセン。助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテル脇にある祠の手水鉢にホースで水が流れていたので水の補給をさせていただきました。スミマセン。助かりました。
山伏峠です。菰釣山へ向かう途中、ここからバスで帰るというご夫婦にお会いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏峠です。菰釣山へ向かう途中、ここからバスで帰るというご夫婦にお会いしました。
山伏峠分岐に到着。甲相国境尾根との合流地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏峠分岐に到着。甲相国境尾根との合流地点です。
途中の鉄塔場から見る箱根の山。神山の雄姿と大涌谷の噴煙。その手前のとんがった山は特徴的な金時山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の鉄塔場から見る箱根の山。神山の雄姿と大涌谷の噴煙。その手前のとんがった山は特徴的な金時山。
石保戸山山頂。テーブルが一つあるだけです。眺望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石保戸山山頂。テーブルが一つあるだけです。眺望はありません。
1
甲相国境尾根名物?土留の階段です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲相国境尾根名物?土留の階段です。
油沢ノ頭付近から目指す菰釣山が見えます。双耳峰?なのかな菰釣山は。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油沢ノ頭付近から目指す菰釣山が見えます。双耳峰?なのかな菰釣山は。
ブナノ丸を過ぎるといよいよ菰釣山への登りが始まります。これが意外にキツイです。疲れた脚には、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナノ丸を過ぎるといよいよ菰釣山への登りが始まります。これが意外にキツイです。疲れた脚には、、、
山頂直前の一コマ。ミツバツツジと富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直前の一コマ。ミツバツツジと富士山。
1
菰釣山山頂到着。
思わずここで酎ハイを1本空けてしまいました(*^_^*)
うまかった〜!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山山頂到着。
思わずここで酎ハイを1本空けてしまいました(*^_^*)
うまかった〜!!
3
山頂からみる富士山。西日にかがやいています
手前は山中湖。
まったりと休憩しました。
風が冷たくなってきたのでこれから避難小屋へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からみる富士山。西日にかがやいています
手前は山中湖。
まったりと休憩しました。
風が冷たくなってきたのでこれから避難小屋へ向かいます。
2

感想/記録

甲相国境尾根を歩くと気になる山、”御正体山”です。でっかい山容が目を引きます。一度歩いてみたいな〜と思っていました。

今回御正体山を歩くにあたって、檜洞丸のシロヤシオが見ごろだろうとコースを設定し、2泊3日の山行を計画。初日が御正体山〜菰釣山、2日目は甲相国境尾根を歩いて犬越路(泊)、最終日は檜洞丸から丹沢主稜・主脈と縦走して大倉までとしました。

初日のスタートは、都留市駅。バスが土日しかないので土曜日のスタートとなりました。バスは全員?が登山客。御正体入口のバス停で下りたのは3名(私のほかは1組だけ)。

林道をのんびりと歩きます。工事中みたいでダンプ等が頻繁に通ります。
樹林が尽きたところが工事現場で登山口でした。

登山口から御正体山頂への登りは結構急こう配で、眺望も全くないこともあってキツイ登りです。やっと出会えた最初の立派な標識が、そこが峰宮跡。ご褒美にくれる富士山の絶景を拝める場所。天気がよくてしばし見とれてしまいました。

到着した御正体山の山頂も眺望は全くありません。上部は開けていて日差しの中ランチを楽しみましたよ。山頂にいたのは2組とソロが2名です。静かなところはグ〜ですね。

犬伏峠への下りは、これもまた全く眺望はありません。
この山はある意味忍耐の山ですね(笑)
鉄塔が出てきて、芝の広場がひろがるポイントが唯一明るくなれる場所かな?富士山や丹沢の山塊が一望出来て休憩にもってこいです。

犬伏峠の山中湖高原ホテルに寄ったのは、「丹沢・山ものがたり」(著 とよた時)に水を補給しに下ったとの記述があったのを覚えていたから。もう今は廃墟で、脇にあった祠の手水鉢に流れている水をいただきました。ありがとうございました。

犬伏峠分岐から甲相国境尾根へ合流し、一路菰釣山へと向かいます。
山中湖方面へと向かう方数名とすれ違います。
このトレイルはアップダウンはありますが、ブナを中心にしたやわらかな樹林が続き歩きやすい道です。
静かで知る人ぞ知るトレイルですね。コアなファンも多いのかな?

到着した菰釣山では富士の絶景を眺めつつ持参した酎ハイ500ML缶を思わず空けてしましました。小屋で飲もうと思っていたやつです。
”うま〜!!”
1日の疲れが癒されます(*^_^*)

小屋では、先着の方々と山の話で盛上がりました。
おいしいつまみのごちそうにもあずかり、2日分の酒を一晩で空けてしましました(笑)

明日もいい1日なりそう〜〜
訪問者数:252人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ