ヤマレコ

記録ID: 1160064 全員に公開 ハイキング北陸

花には少し遅かったけれど久々にしっかり歩いた荒島岳(中出コースから勝原コース)

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中出コースも勝原コースも登山道入り口に十分は広さの駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
39分
合計
5時間56分
S中出コース駐車場07:3107:36中出コース登山口07:3709:24小荒島岳09:3309:50しゃくなげ平09:5810:13もちが壁10:39前荒島10:55荒島岳11:1011:20前荒島11:34もちが壁11:50しゃくなげ平11:5512:22深谷ノ頭12:38トトロの木12:3913:26勝原スキー場13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
シャクナゲ平〜山頂の間に「モチガカベ」と称する急登がある。「それほど大したことは無い」という向きもあるようだが、転落は致命的な事故につながりかねない。特に下山時は慎重に。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

林道あるきからスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道あるきからスタート
登山道はよく整備されている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はよく整備されている。
小荒島岳の山頂にて。荒島岳の山頂は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒島岳の山頂にて。荒島岳の山頂は雲の中。
1
イワカガミ 残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ 残っています。
あそこまで行けば山頂・・・ではない。到着したら「山頂まで412m」の標識でがっかり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで行けば山頂・・・ではない。到着したら「山頂まで412m」の標識でがっかり。
まだまだ登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登り。
漸く山頂の祠が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く山頂の祠が見えた。
山頂に到着。晴れています!! 白山方面。風が強い。おかげで雲が晴れたのだろうなと思いつつも寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。晴れています!! 白山方面。風が強い。おかげで雲が晴れたのだろうなと思いつつも寒い。
1
眼下に美しい田んぼ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に美しい田んぼ
2
方位板によれば、猿投山・茶臼山などが見えるはずだが・・・残念ながらわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位板によれば、猿投山・茶臼山などが見えるはずだが・・・残念ながらわかりません。
時間の神秘を感じる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間の神秘を感じる

感想/記録

前から気になっていた荒島岳に。折角なので、中出コースから登り勝原コースに降りることにした。問題は下山後の足。勝原から乗車して下唯野まで2駅を乗車、下唯野から登山口までは40分ほどの歩きで車を回収できるはず。ただ、問題は列車はほぼ4時間おきだということ。14:46の発車に乗り遅れてはならじ、と朝5:00に家を出る。思いの外早く、2時間半で中出コースの登山口に到着。ふむふむ、これなら十分間に合う時間に下山できる、
中出コースの登山口には十分な大きさの駐車場があり、すでに15台くらいがとまっているが、まだ十分なスペースがある。シャクナゲ平までは整備された登山道。始めは穏やかな勾配が段々急になってくる。花には2週間ほど遅かったかな、とは思うが、ウツギ、オオカメノキなどの花が目を楽しませてくれる。谷筋の道なので暑くはなく歩きよい。見上げるとうつくしいブナの葉が空に透けて見える。
小荒島岳からは荒島岳が見通せる。荒島岳の山頂は雲に覆われていて、先が思いやらる。どうか、雨ではありませんように。
シャクナゲ平から荒島岳にかけては「もちが壁」の名のある急登。岩場だったり急な階段だったり。水分を含んだ粘土質の土の部分も多い。黙々と登る。道がせまく下山する人とすれ違うので、思いの外に時間がかかる。・・・といいつつ、実はすれ違いを口実に一息入れていたりもする。
荒島岳に到着するとなんと晴れ。四方に展望が開ける。風が強く吹いて雲を吹き飛ばしたようだ。ちょっと寒い。
シャクナゲ平までもどって、勝原に降りる。中出コースよりは急だ。たまたま一緒になった方と、山の話クライミングの話花の話などしながら下山。けっこうお喋りに霧中で有名な「トトロの木」は見逃してしまったらしい。
樹林帯をぬけるとスキー場の跡地で、距離はさほどではないが、ガレ場、木が無いから日にさらされて暑いし、最後は急なコンクリートの道・・と、くたびれた身体にはしんどい仕上げ。
列車には相当間のある時間に着いたので、勝原から中出登山口まで送っていただいた。ありがとうございました。
6時間くらいの時間だが、しっかり歩いたな、という気がする。登山口から山頂までの標高差は1178メートル。例えば去年登った上高地〜明神岳の標高差が1418メートル。こちらの行動時間は6時間、明神の行動時間はその倍だから(クライミングセクションはあるが)、それも当然か、と思う。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ