また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1160120 全員に公開 山滑走白山

月刊 百四丈滝 6月号 それでもスキーで行きますか?

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩間道ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間11分
休憩
1時間16分
合計
9時間27分
Sスタート地点04:5004:58ハライ谷登山口05:0306:43檜新宮06:56しかり場分岐07:36口長倉山07:3708:17奥長倉避難小屋08:2508:30奥長倉山09:11美女坂の頭09:27百四丈滝展望台10:2510:50美女坂の頭11:22奥長倉山11:32奥長倉避難小屋11:3312:12口長倉山12:54しかり場分岐13:04檜新宮14:11ハライ谷登山口14:1414:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

さて本日もここからスタート
2017年06月04日 04:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて本日もここからスタート
ハライ谷登山口までチャリで来ました
2017年06月04日 05:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライ谷登山口までチャリで来ました
新緑たっぷり
スキーも薮に引っかかります
2017年06月04日 05:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑たっぷり
スキーも薮に引っかかります
サンカヨウ
2017年06月04日 05:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ
4
上りは縦シーで
2017年06月04日 06:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りは縦シーで
2
残雪見て喜ぶ
2017年06月04日 06:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪見て喜ぶ
3
ブナの新緑
2017年06月04日 06:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑
6
大笠山と笈ヶ岳
2017年06月04日 06:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山と笈ヶ岳
白山方面はガスが・・・
2017年06月04日 06:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山方面はガスが・・・
危険箇所には新しいロープが設置されてます
2017年06月04日 07:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険箇所には新しいロープが設置されてます
1
イワカガミ
2017年06月04日 07:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
シャクナゲ
2017年06月04日 07:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
3
通せんぼの薮、往生しました。
2017年06月04日 07:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通せんぼの薮、往生しました。
奥長倉避難小屋
2017年06月04日 08:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥長倉避難小屋
2
1階から入ります
2017年06月04日 08:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階から入ります
1
2階も覗いてみました
2017年06月04日 08:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階も覗いてみました
イワウチワ
2017年06月04日 08:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ
1
奥長倉山
2017年06月04日 08:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥長倉山
するとガスに・・・
2017年06月04日 08:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとガスに・・・
黒ナメクジ
2017年06月04日 08:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ナメクジ
1
美女坂の急登
2017年06月04日 09:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂の急登
美女坂の頭
2017年06月04日 09:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂の頭
まあまあ雪が出て来ました
2017年06月04日 09:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあ雪が出て来ました
1
展望台への分岐
2017年06月04日 09:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台への分岐
1
ガスが切れ始めました
2017年06月04日 09:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れ始めました
3
おっとその姿が!
2017年06月04日 09:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとその姿が!
8
ガスは晴れたり出たり
2017年06月04日 09:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスは晴れたり出たり
5
滑ってから登り返してビュースポットに
2017年06月04日 10:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってから登り返してビュースポットに
5
バッチリ!
2017年06月04日 10:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バッチリ!
10
だいぶ崩壊しましたがまだ氷壺はあります
2017年06月04日 10:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ崩壊しましたがまだ氷壺はあります
7
でもかなり薄いですね
2017年06月04日 10:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもかなり薄いですね
10
周辺の雪もずいぶんなくなりました
2017年06月04日 10:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺の雪もずいぶんなくなりました
3
来てよかった
2017年06月04日 10:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来てよかった
8
滝に向かって滑った跡、これで満足してます(笑)
2017年06月04日 10:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝に向かって滑った跡、これで満足してます(笑)
1
美女坂の頭から加賀禅定道方面
2017年06月04日 10:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂の頭から加賀禅定道方面
1
美女坂の頭の近くまで何とかスキーで滑ります
2017年06月04日 10:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂の頭の近くまで何とかスキーで滑ります
おっとここからも見えたんですね!
2017年06月04日 10:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとここからも見えたんですね!
1
またまた大笠山と笈ヶ岳
2017年06月04日 10:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた大笠山と笈ヶ岳
1
お花も一緒に
2017年06月04日 10:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花も一緒に
1
カタクリも開きました
2017年06月04日 11:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリも開きました
2
奥長倉避難小屋
2017年06月04日 11:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥長倉避難小屋
3
これが横シートラ、快適でした。
2017年06月04日 12:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが横シートラ、快適でした。
6
四塚山方面
2017年06月04日 12:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚山方面
1
長坂あたりももうスキーではちょっと苦しい感じ
2017年06月04日 12:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長坂あたりももうスキーではちょっと苦しい感じ
3
感謝を込めて檜新宮に土下座です!
2017年06月04日 13:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感謝を込めて檜新宮に土下座です!
8
ハライ谷登山口に到着
2017年06月04日 14:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライ谷登山口に到着
2

感想/記録

さて6月になって天気も悪くないので早々に6月号を発刊すべく百四丈滝の行ってきました。先月は市ノ瀬から白山経由で行きましたが、もう雪がだいぶ切れてるのでそれも大変、普通に加賀禅定道から行きます。さてスキーを持って行くのかどうか?そりゃスキーがない方が8kgくらい軽くなるので楽なのは間違いないですが、それでは変態ドM山スキーヤーではなくなってしまうでしょう。しっかりスキー道具一式担ぎました。
とはいえ昨日も楽々新道から小桜平まで行ってましたから体力有り余る〜という訳ではありません。ま、そんな細かいこと気にしないでスキー担いでチャリに跨ります。
ハライ谷登山口までは大した距離ではないので歩いても全然OKですが、昨日もチャリを使ったのでせっかくですから今日もチャリ。ちょうど二人組の方が少し前に出発しましたが途中で追い抜きました。
ハライ谷登山口でチャリをデポして、登山届をポストに入れていざスタートです。昨日はシートラで薮に引っかかって往生したので、今日はスキーの位置を低めにして薮に引っかかりにくいようにしました。だいぶマシですがそれでも時々引っかかります。ま、許容範囲なのでそのまま登ります。
登山道にはイノシシの新しいフンが転がっています。途中で不運にもうっかり踏んでしまったようで、登山靴が臭い臭い・・・枝でウンコを取りますがなかなか臭いは完全には消えません。結局残雪の上を歩くまでは微妙に臭かったです。
不ウンな糞をフンだ話はともかく、重いスキーを背負ってますが何とかしかり場分岐には2時間くらいで到着。そして口長倉、奥長倉と雪が少ない登山道は順調に進めます。
そして核心部の美女坂。と言っても登山道には雪はほとんどなく、普段通りの美女坂でした。もちろんかなりの急登ですが、確実に登ることができます。
美女坂の頭に着いてもまだ雪はありません。あれ〜そろそろ標高2000mなのに雪がないなんて。とはいえ雪のない方が速く歩けますから、スキー担いだまま展望台を目指します。しかし、ガスガス・・・。先ほど下山される方と出会いましたが、ガスガスで百四丈滝は見えなかったとのこと。うーん、もしガスで見えなかったら見えるところまでスキーで降りるしかないか、と思ったらテンションも上がります。
展望台の分岐からは一面雪なので、雪庇がどうなっているのかも不明瞭ですし、何より滝の音はしても姿は全く見えません。というわけでスキー滑降できそうなところまで歩いて移動し、そこでスキーに履き替えてドロップインします。
急斜面を数ターンしたところでガーっとばかりにガスが晴れました!うおー、ご利益(笑)しかし滑り込んだところからは氷壺の部分が見えませんから、そこからシール貼って登り返します。
しばらくはガスが出たり晴れたりしてましたが、最後にはガスもすっかり晴れたようです。美女坂の頭の近くまでスキーで滑って、雪がなくなってシートラに戻ったところで2名の方と遭遇、ラッキーですね。
滝に向かって少し滑ったり、ガスで諦めかけていた滝も拝めたりと結構楽しめました。やっぱりスキー持って来てよかったです(笑)
下山は昨日に続いて横シー、つまり横向けにスキーを装着するのですが、腰のあたりにザックの左右からうまくバランスを取ってスキーをぶら下げました。これだけ下山中にスキー後方が登山道に当たっても問題ありませんし、頭上の薮に引っかかることもありません。気をつけるのは左右バランスで、これが悪いと負担が大きくなります。
しかり場分岐までは6つくらい登り返しがあり、試練が続きます。しかり場分岐からはスキーなら登り返しも特になく超快適に下山できたのですが、今やスキー担いでイノシシの糞に注意しながら歩かないといけません(笑)
歩いての下りは結構足にきますが無事にゴール、あとはチャリで少し走ればゲートに着きます。

せっかくスキー担いで来たのにまさかのガスガスで百四丈滝の滝を拝めない6月号になりそうでしたが無事にその勇姿を捉えることができました。スキーで滑ったのはほんの少しですが、それでも心底楽しいなと感じられた山行でした。
訪問者数:390人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/7
投稿数: 597
2017/6/5 14:59
 ウンがついた
加賀禅定道情報参考になりました!
7月号の頃には氷壺なくなってそうで寂しい感じがします。
もうチェーンスパイクだけあれば四塚山まで行けそうですね、花も見たいし6月は機会あれば2〜3回は行こうと思っています。
ウンチを踏んだ事で運がつきましたね(笑
土下座祈願と併せてきっと良い事あるのでは^^
sou
登録日: 2012/5/27
投稿数: 793
2017/6/5 16:28
 謎は解けた
僕も昨日加賀禅定道登って来ました。
ゲート前の見覚えのある車を見て、momochannさんも来てると分かりましたがなぜか遭遇せず・・
おそらく滝展望台から美女坂の頭まで滑走されたということですれ違ったんでしょうね。
百四丈の滝への思い入れが伝わってきますが、お花には興味ないんですね〜
もう少し歩けばハクサンイチゲ咲いてましたよ。
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/6/5 19:36
 Re: ウンがついた
nakkiさんこんばんは!
6月でもうなくなってるかと思いましたが、意外とまだ残ってました
正直今回アイゼンを必要とするところはありませんでしたが、天池から先の巻きルートのトラバースだけはちょっと気になるところですね。
私も山スキーシーズンを締めくくったらまた訪れようかと思ってます〜っていつなんでしょうね!
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/6/5 19:37
 Re: 謎は解けた
souさんこんばんは!
再会はまた加賀禅定道で〜のはずがうまく?すれ違いましたね・・・これもウンの尽きかも
お花はなかなか覚えられなくて・・・キノコは別ですが(笑)
今日はツツドリの鳴き声が頭の中でこだましてます
登録日: 2011/2/21
投稿数: 938
2017/6/6 5:52
 それでも・・・好き(スキー)ねぇ
写真を見てますと滑れそうなところがほとんどないような・・・
それでも行きましたか、スキーで。
こだわりというか、根性というか、その思いに脱帽です。
藪も起きてきて歩くのも大変と思いきや、横スキーという手がありましたか。

さて、来月の発行は?
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1175
2017/6/6 7:07
 Re: それでも・・・好き(スキー)ねぇ
tekapoさんおはようございます!
はい・・・ほとんどありません(笑)
上りは目的地の百四丈滝展望台までシートラで担ぎました
滑ったのは滝に向かって100m弱と、展望台から美女坂の頭の近くにかけて700mほどでした
横スキーいいですよ。下手の横スキーってことわざもありますし(笑)
来月ももちろん行きますよ〜
これからお花と滝、紅葉と滝、初冬と滝という発行予定です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ