また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1160692 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

谷川岳 決してもう二度と。そしてもう一度。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年06月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雨、強風
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク、 ケーブルカー等
土樽駅に車を止め、AM 6:28発JR 上越線上り電車に乗り、土合駅AM 6:37着、身仕度してAM 6:52スタート。帰りはPM 5:58土合駅発、土樽駅PM 6:06着の電車で戻る。(運賃片道240円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計は23,000歩でした。
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは土樽駅、土合駅、谷川岳登山指導センターにあります。

西黒尾根稜線の手前辺りから登山道に残雪あり。(この辺は問題なし)ラクダの背先にも残雪あり。(南側に切れているので要注意)ガレ沢の頭先の岩場 登山ルート上に所々に残雪あり。(特に問題は無いが、氷河跡付近の踏み抜きに注意)肩の広場の大量の雪田をトラバースし肩の小屋へ。(南側急斜面の為、要注意)

肩の小屋から天神尾根の下りは まず肩の広場の大雪田の急斜面を真っ直ぐ下りる。(ステップが刻んであるが、雪は固く凍っている所もあり要注意)熊穴沢避難小屋からビューテラスてんじん までの間にも、複数箇所残雪あり。(すべて東側に切れている所をトラバースする為、要注意。ステップもロープもありますが、一歩間違うと 谷底へ・・・)

以上 残雪部分はすべて 軽アイゼンやピッケルは無くても慎重に歩けば 全く問題はありません。
その他周辺情報下山後は 日帰り温泉「岩の湯」(値上げになって500円)がお薦めです。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

ミヤマニガタイチゴ
2017年06月03日 08:09撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマニガタイチゴ
ブナの直角君とA ちゃん
2017年06月03日 08:14撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの直角君とA ちゃん
1
ベニサラサドウダンツツジ
2017年06月03日 08:35撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダンツツジ
1
ムラサキヤシオツツジ、ユキグニミツバツツジは無かったです。
2017年06月03日 09:17撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオツツジ、ユキグニミツバツツジは無かったです。
1
やっと西黒尾根稜線に出てきたAちゃん
2017年06月03日 09:38撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと西黒尾根稜線に出てきたAちゃん
アズマシャクナゲ
2017年06月03日 09:44撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ
2
第一鎖場のA ちゃん
2017年06月03日 09:47撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一鎖場のA ちゃん
ヒメイワカガミ
2017年06月03日 09:47撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメイワカガミ
1
第二鎖場のA ちゃんとマチガ沢
2017年06月03日 09:48撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二鎖場のA ちゃんとマチガ沢
クモイイカリソウかキバナイカリソウ?初めて見つけました。
2017年06月03日 09:54撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモイイカリソウかキバナイカリソウ?初めて見つけました。
クモイイカリソウかキバナイカリソウ?
2017年06月03日 09:54撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモイイカリソウかキバナイカリソウ?
ユキワリソウ
2017年06月03日 09:59撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキワリソウ
1
アズマシャクナゲ
2017年06月03日 10:00撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ
1
第三鎖場のA ちゃん
2017年06月03日 10:01撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三鎖場のA ちゃん
タチツボスミレ
2017年06月03日 10:05撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
1
ラクダの背のA ちゃん、天気が良ければ最高のVS 、マチガ沢越しに西黒尾根とトマノ耳とオキノ耳が見えるはずが、残念ながら何にも見えません。
2017年06月03日 10:09撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背のA ちゃん、天気が良ければ最高のVS 、マチガ沢越しに西黒尾根とトマノ耳とオキノ耳が見えるはずが、残念ながら何にも見えません。
ガレ沢の頭のCJ です。
2017年06月03日 10:15撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ沢の頭のCJ です。
出ました!ホソバヒナウスユキソウ
2017年06月03日 10:28撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました!ホソバヒナウスユキソウ
1
ホソバヒナウスユキソウ
2017年06月03日 10:28撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ
1
ホソバヒナウスユキソウ
2017年06月03日 10:32撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ
1
ユキワリソウ、花びらの切れ込みが浅いのと岩場に咲いているのでハクサンコザクラではないと思います。
2017年06月03日 10:34撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキワリソウ、花びらの切れ込みが浅いのと岩場に咲いているのでハクサンコザクラではないと思います。
2
岩場中腹の鎖場のA ちゃん
2017年06月03日 10:34撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場中腹の鎖場のA ちゃん
出ました!咲き始めのハクサンイチゲ
2017年06月03日 10:37撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました!咲き始めのハクサンイチゲ
3
期待している方も若干名いるようなので、期待に応えて こんな事もして見ました。
2017年06月03日 11:17撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待している方も若干名いるようなので、期待に応えて こんな事もして見ました。
2
ゴリラ岩(ザンゲ岩)手前の岩場を登るA ちゃん
2017年06月03日 11:24撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴリラ岩(ザンゲ岩)手前の岩場を登るA ちゃん
ショウジョウバカマ
2017年06月03日 11:31撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
1
イワナシ
2017年06月03日 11:41撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシ
1
アカモノのつぼみ
2017年06月03日 11:43撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノのつぼみ
1
もう少しで渡りきるA ちゃん
2017年06月03日 11:50撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで渡りきるA ちゃん
肩の小屋から主脈稜線に少し入ったお花畑に咲いていた、咲き始めたばかりのハクサンイチゲ
2017年06月03日 11:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋から主脈稜線に少し入ったお花畑に咲いていた、咲き始めたばかりのハクサンイチゲ
2
肩の小屋前に咲いているバイカオウレン
2017年06月03日 12:09撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋前に咲いているバイカオウレン
1
肩の小屋前に咲いているバイカオウレン
2017年06月03日 12:09撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋前に咲いているバイカオウレン
1
天神ザンゲ岩のA ちゃん
2017年06月03日 12:19撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ岩のA ちゃん
天狗の留まり場のA ちゃん
2017年06月03日 12:40撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場のA ちゃん
まだ咲いているイワウチワ
2017年06月03日 13:01撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ咲いているイワウチワ
2
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキのコラボ
2017年06月03日 13:02撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキのコラボ
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキのコラボ
2017年06月03日 13:02撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキのコラボ
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキとA ちゃんのトリオ
2017年06月03日 13:03撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しいムラサキヤシオツツジとオオカメノキとA ちゃんのトリオ
熊穴沢避難小屋先の登山道にある残雪、東側に切れている所をトラバースなので要注意。
2017年06月03日 14:40撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋先の登山道にある残雪、東側に切れている所をトラバースなので要注意。
天神平スキー場とA ちゃん
2017年06月03日 14:53撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平スキー場とA ちゃん

感想/記録
by climbj

【山に感謝、自分に称賛を、この景色を見るために生まれてきた・・・】

【山に登るたびに新たな発見や新しい学びがあり、山の魅力は尽きることがありません・・・】(by 皇太子殿下)
 
6/11(日)に 西黒尾根登山口〜平標山登山口への主脈縦走を予定していて、西黒尾根の雪の状況を確認したくて、西黒尾根登山口〜谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜茂倉岳登山口へのプチ縦走を幼馴染みのA ちゃんと二人で決行いたしました。とても甘い考えでしたが 前日の「てんきとくらす谷川岳」の天気予報は 6/3(土)当日は一日中C判定でした。雨は降らない様だったので、気温の低さと風の強さは あまり気にしないようにして(目をつむって)登ってしましました。これが 大きな間違いでした。

土合駅から 小雨&弱い風、レインウェアの上着とザックカバーをして出発。谷川岳登山指導センターで登山届けを提出。西黒尾根登山口から登山開始。このころから風が強くなり始める。(小雨はそのまま)

氷河跡付近でスライドした下山中の方の話では 山頂稜線では強風で満足に歩けないとのこと。(風速30m位に感じたとか?)とりあえず 肩の小屋まで行ってから この後の事を検討する事にする。

肩の小屋に到着するも、やはり強風、風速20m位に感じた。このまま 当初の予定を続けると危険と判断し、トマノ耳とオキノ耳も断念し、エスケープルートで考えていた天神尾根を下山する事にしました。通常ですと 眺望も良く、花も沢山咲いている肩の小屋近辺で昼食とする所ですが、強風と小雨で体感気温もグッと下がるので 熊穴沢避難小屋まで下りて昼食とする事にしました。

当然 これだけまだ雪がある状態なので、花はまだ咲き始めか、まだ 眠りについている物達が大半です。肩の小屋少し先の主脈稜線上のお花畑のハクサンイチゲはまだつぼみでした。

また 眺望はほぼゼロ。行動開始の土合駅付近では白毛門が見えましたが、それ以後は何も見えず、下山時 熊穴沢避難小屋手前で 少し晴れ間が現れ 群馬方面が一部拝めましたが・・・

“決してもう二度と”こんな悪天候の日には登りません。“そして もう一度” 好天の日に大好きな谷川(連峰)に登ります。

そして 明日(6/6)天気が良さそうなのでリベンジプチ縦走を予定しています。

皆さんも是非・・・
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:657人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ