また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1161473 全員に公開 ハイキング北陸

籾糠山 水芭蕉を求めて天生湿原

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天生峠へは現在、飛騨古川側からしか入れません。白川郷までの道は工事中とのことで当分、通行止めです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
1時間9分
合計
6時間23分
S天生峠07:4908:24天生湿原08:4110:56籾糠山11:3012:34木平湿原12:3913:34天生湿原13:3614:00天生峠14:1114:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
籾糠山に登っていくと、残雪が少しあります。歩行に支障はありませんが、場所によってはぬかるんでいるので、汚れが気になる方はそれなりの対策が必要。慣れた方は長靴もいいかも。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

天生湿原に入るとかわいい水芭蕉が其処此処に咲いていました。
2017年06月04日 08:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天生湿原に入るとかわいい水芭蕉が其処此処に咲いていました。
コバイケイソウとショウジョウバカマ
2017年06月04日 08:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウとショウジョウバカマ
水芭蕉とリョウキンカ
2017年06月04日 08:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉とリョウキンカ
1
コゴミとサンカヨウ
2017年06月04日 09:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゴミとサンカヨウ
1
咲き乱れてます。
2017年06月04日 09:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き乱れてます。
1
巨木もあります。
2017年06月04日 09:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨木もあります。
評判(?)の緑のニリンソウもよく見かけます。
2017年06月04日 09:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
評判(?)の緑のニリンソウもよく見かけます。
2
奥の方の湿原。こちらは一面、水芭蕉ですね。パトロールの方によるともう少し開くとのこと。もう少し楽しめそうです。
2017年06月04日 09:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の方の湿原。こちらは一面、水芭蕉ですね。パトロールの方によるともう少し開くとのこと。もう少し楽しめそうです。
1
水芭蕉で真っ白。
2017年06月04日 09:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉で真っ白。
1
休憩するところもいっぱいあります。
2017年06月04日 10:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩するところもいっぱいあります。
当然、籾糠山にも登りますよ。
2017年06月04日 10:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然、籾糠山にも登りますよ。
結構、雪が残ってますね。
2017年06月04日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、雪が残ってますね。
ムラサキヤシオとのことです。綺麗ですね。
2017年06月04日 10:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオとのことです。綺麗ですね。
頂上にて。相方とクマにガリガリされた標識と猿ケ馬場山。
2017年06月04日 10:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にて。相方とクマにガリガリされた標識と猿ケ馬場山。
2
北アルプスは見えず、チョット残念。
2017年06月04日 11:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスは見えず、チョット残念。
2
残雪が綺麗です。
2017年06月04日 11:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が綺麗です。
2
リョウキンカもいいですね。
2017年06月04日 12:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リョウキンカもいいですね。
1
今日は木平湿原へ行ってみよう。
2017年06月04日 12:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は木平湿原へ行ってみよう。
木平湿原へ向かう途中からの籾糠山
2017年06月04日 12:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木平湿原へ向かう途中からの籾糠山
2
木平湿原、ここは水芭蕉はなかったですね。
2017年06月04日 12:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木平湿原、ここは水芭蕉はなかったですね。
1
こじんまりとして落ち着いた感じです。
2017年06月04日 12:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こじんまりとして落ち着いた感じです。
2
クマはこういうものが好きなのだろうか?
2017年06月04日 12:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマはこういうものが好きなのだろうか?
1
アッチャコッチャ花だらけです。
2017年06月04日 13:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アッチャコッチャ花だらけです。
1
最初の湿原は一方通行の周回コースになっているので、狭い木道でも大丈夫。
2017年06月04日 13:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の湿原は一方通行の周回コースになっているので、狭い木道でも大丈夫。
戻ってきました。
2017年06月04日 13:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
1
来てよかった、季節を変えてまた訪れたい。
2017年06月04日 13:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来てよかった、季節を変えてまた訪れたい。
1

感想/記録

水芭蕉を見に天生峠から天生湿原に行ってみました。去年も訪れたのですが、その時は雪解けが早くて水芭蕉はほとんど終わっていたのでした。今年は満開の水芭蕉を期待しての再訪問です。天生湿原は探勝路がよく整備されているので、今日は嫁さんとのハイキングも兼ねて楽しもうという作戦?です。

さて、協力金一人500円を納め、探勝路に進む。しばらくすると最初の湿原が広がります。やった!かわいらしい水芭蕉が咲いてる。サニーレタスみたいな葉っぱもいいね。どんどん進んでカラ谷分岐に来ると、そこはサンカヨウとニリンソウが咲き乱れる素敵な場所。さら進むと水芭蕉で一面、真っ白になっている湿原がある。このあたりが今日のハイライトかな。パトロールの方によるともう水芭蕉は少し開くのだそうだ。そんなことを聞くとまた来たくなってしまうではないですか!まあ来年の楽しみに取っておこうかな。

水芭蕉とお花畑だけならここで帰ってもいいのだが、山頂があると聞くと行かざるをえない。あまり乗り気ではない相方をなだめて籾糠山に向かう。山頂に近くなると残雪も出てくるが、危険なところはない。ぬかるんでいるところがあるくらい。汚れるのが気になるのなら、スパッツか長靴がいいかもしれない。山頂からは北アルプスは見えなかったが近くの山は眺めることができ、残雪の稜線が美しい。そういえば其処此処に角材の木の標識があるのだけれども、ことごとくガリガリに削らている。パトロールの方に聞くと、クマの仕業だとのこと。うーん、なんでこんなことするのかな〜縄張りの関係かな〜怖いというより疑問の方が湧きました。やっぱりクマ鈴はあったほうがいいかな。

下山は前回行かなかった木平湿原経由にした。水芭蕉はなかったけど、静かで落ち着いた感じの場所でした。ダケカンバやブナの原生林に圧倒されます。カラ谷分岐まで戻るとあとは来た道を戻って駐車場に無事到着。楽しいハイキングでした。
訪問者数:566人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ