また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1161769 全員に公開 トレイルラン日光・那須・筑波

高山

日程 2017年06月05日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
27分
合計
5時間0分
S西ノ湖入り口バス停10:3410:37赤岩滝入口10:3810:47西ノ湖10:4911:51熊窪11:5212:58高山13:1814:17小田代原BS14:2014:39小田代原北分岐15:01青木橋15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 赤沼茶屋からの低公害バスは、休日でもないのに始発から満員ということであったので、ハイキングはともかく、休日のトレランは不向き。
 また、木道は、ハイカーのほか一般の観光客もいるので走るのは控えること。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
その他周辺情報休日はハイカー多し
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 雨具 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ サングラス

写真

赤沼茶屋から西湖入口まで低公害バス利用。料金一人300円。月曜日なのに満員。
2017年06月05日 10:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼茶屋から西湖入口まで低公害バス利用。料金一人300円。月曜日なのに満員。
西湖へのトレイル。以前開催されていた奥日光パークマラソンでのコースの一部となっていたような記憶が。
2017年06月05日 10:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖へのトレイル。以前開催されていた奥日光パークマラソンでのコースの一部となっていたような記憶が。
西湖に到着。
2017年06月05日 10:45撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖に到着。
間違って、こちらの西湖から千手ヶ浜への道に入ってしまった。舗装道路に出たので間違いに気づき元に戻った。
2017年06月05日 10:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って、こちらの西湖から千手ヶ浜への道に入ってしまった。舗装道路に出たので間違いに気づき元に戻った。
この案内に従って千手ヶ浜を目指す。
2017年06月05日 11:06撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この案内に従って千手ヶ浜を目指す。
快適なトレイルが続く。
2017年06月05日 11:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なトレイルが続く。
途中、「山の神」の看板があったので、少し寄り道。
2017年06月05日 11:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、「山の神」の看板があったので、少し寄り道。
中禅寺湖に出た。このあたりが千手ヶ浜。
2017年06月05日 11:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖に出た。このあたりが千手ヶ浜。
湖に沿って進むと高山への案内板があった。ここが熊窪。
2017年06月05日 11:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖に沿って進むと高山への案内板があった。ここが熊窪。
ここから登りとなるが、高山山頂分岐までは傾斜もそれほどでなく、快適なトレイルが続く。
2017年06月05日 11:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登りとなるが、高山山頂分岐までは傾斜もそれほどでなく、快適なトレイルが続く。
高山山頂への分岐。
2017年06月05日 12:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山山頂への分岐。
山頂直下では、シロヤシオ(五葉ツツジ)がまだ開花中。
2017年06月05日 12:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下では、シロヤシオ(五葉ツツジ)がまだ開花中。
高山山頂。広さも十分あり、ベンチ代わりの丸太が数本ある。ここでお昼休憩。
2017年06月05日 12:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山山頂。広さも十分あり、ベンチ代わりの丸太が数本ある。ここでお昼休憩。
分岐まで戻り、小田代ヶ原方面へ。ここからまた快適なトレイルが始まる。
2017年06月05日 13:45撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻り、小田代ヶ原方面へ。ここからまた快適なトレイルが始まる。
斜度がなくなると、低公害バスが走る舗装道路も近い。
2017年06月05日 13:56撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度がなくなると、低公害バスが走る舗装道路も近い。
舗装路に出た。ここから舗装路を少しの間進む。
2017年06月05日 14:03撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に出た。ここから舗装路を少しの間進む。
小田代ヶ原の「貴婦人」
2017年06月05日 14:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原の「貴婦人」
1
舗装路を離れ、小田代ヶ原に入る。
2017年06月05日 14:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を離れ、小田代ヶ原に入る。
小田代ヶ原の木道。
2017年06月05日 14:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原の木道。
ズミの花が満開。香りもすごい。
2017年06月05日 14:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミの花が満開。香りもすごい。
小田代ヶ原から戦場ヶ原へ入る。
2017年06月05日 14:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原から戦場ヶ原へ入る。
男体山が近づくと赤沼茶屋駐車場も近い。
2017年06月05日 15:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山が近づくと赤沼茶屋駐車場も近い。
1

感想/記録

 雑誌「ターザン」に奥日光西湖から湯の湖までのコースが紹介されていた。高山には登ったことがなかったので、妻と一緒に出かけた。紹介されていたコースのうち、戦場ヶ原から湯の湖までのコースは、何回か経験があるので今回は省略。
 紹介されていたコースは、高山山頂へは登っていなかったが、せっかくなので登ってみた。なお、この部分だけが走るのが困難な部分で、コースのほとんどは、走ることが可能だ。景観も素晴らしく、雑誌が紹介したのも頷ける。
 トレランのカテゴリーに投稿したが、妻と一緒だったので、走ったのは3分の1程度。コースのほとんどを走れば、途中お昼休憩をゆっくり取っても所要時間は3時間程度。舗装路(約7kmと思う)を走ってもよければ、バスを利用しなくてもOK.
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ