ヤマレコ

記録ID: 1162872 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

平治岳のミヤマキリシマと温泉三昧の旅

日程 2017年06月05日(月) [日帰り]
メンバー
天候薄曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
飛行機

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
4時間10分
合計
10時間50分
S男池登山口04:2004:50かくし水05:30ソババッケ05:4006:40大戸越07:0007:30平治岳09:4010:10大戸越10:50坊がつる避難小屋11:00坊ガツル11:10法華院温泉12:3012:40坊ガツル12:50坊がつる避難小屋13:30大戸越13:4014:20ソババッケ14:40かくし水15:10男池登山口15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
晴れが続いていたので泥濘がなく快適
大戸越からは道が狭いので飛び出た枝などに注意
その他周辺情報法華院温泉山荘にて入浴
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

東京から大分へ向かう機内から北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京から大分へ向かう機内から北アルプス
2
九重夢大吊橋からの女滝・震動の滝と九重の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九重夢大吊橋からの女滝・震動の滝と九重の山々
ソババッケからのモルゲンロートの平治岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソババッケからのモルゲンロートの平治岳
5
大戸越からの平治岳南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大戸越からの平治岳南峰
3
華麗な鳴き声とは裏腹に地味なウグイス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
華麗な鳴き声とは裏腹に地味なウグイス
4
南峰斜面のMKと三俣山と硫黄山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰斜面のMKと三俣山と硫黄山
4
MK越しの大分方面とうっすら四国も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MK越しの大分方面とうっすら四国も
3
南峰から大戸越を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰から大戸越を見下ろす
3
見頃を迎えた平治岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見頃を迎えた平治岳
5
やっぱり目立つトンガリ頭の由布岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり目立つトンガリ頭の由布岳
2
本州も見えてる?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本州も見えてる?
2
花粉団子つけながら美味しそうに蜜を吸う蜂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花粉団子つけながら美味しそうに蜜を吸う蜂
1
平治岳を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治岳を振り返って
8
坊ガツル付近で全速力で駆け抜けるアナグマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊ガツル付近で全速力で駆け抜けるアナグマ
6
温泉で疲れた足をほぐして下山します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉で疲れた足をほぐして下山します
2
平治岳の山頂一帯がピンクに染まっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治岳の山頂一帯がピンクに染まっている
2
昼過ぎに再び大戸越に戻ったら平日だというのにこの賑わい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼過ぎに再び大戸越に戻ったら平日だというのにこの賑わい
3
ブナの大木に生えたサルノコシカケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木に生えたサルノコシカケ
1
男池だけど美しい湧水だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男池だけど美しい湧水だ
5
男池定番の岩を抱えたケヤキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男池定番の岩を抱えたケヤキ
3

感想/記録

朝一の便で大分空港へ。
一気に九重まで来てからは観光ポイントや温泉を回りました。
九重夢大吊橋では、数人で来ていた男女の中で男性の一人が数mの所で動けなくなり手すりにしがみ付いて、「オレもう無理・・・、めっちゃ揺れてるし高すぎるし><」と、弱音を吐いて戻って行きました。高いとこダメなら入場料払って中入る前に断って外で待っていればいいのにとも思いましたが、みんなが行く中で断るのが恥ずかしかったのかも知れませんね。
歳を取ると高い所が駄目になってくると言いますが、おっさんと言われる年齢になった私はまだ大丈夫なようで崖の先端に立つのも好きなほうです。
登山は男池を早朝出発したらかくし水からの登りで夜が明けました。
暗闇では動物の目が光っていて、夜明け頃は動物も活発に動いているようです。
大戸越からは撮影で立ち止ってばかりで時間を使いすぎたので、当初計画していた大船山は諦めて温泉入って下山の往復ルートにしました。
さすがに早朝は人はまばらでしたが、昼過ぎではかなりの人でした。
アナグマやヘビ、姿はなかなか見せないがあちこちで鳴いているウグイスなどの生き物、もちろんミヤマキリシマをはじめとするたくさんの花々も見ることが出来て大満足でした。
下山後は宿泊するホテルで何度も温泉に浸かって足を揉んでいたら筋肉痛にはならなかったのでやはり山と温泉はベストな組み合わせです。
今回の旅で回った温泉は16ヶ所、入りすぎて肌はスベスベだけど水分奪われて体に匂いが染みつきました。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ