ヤマレコ

記録ID: 1163199 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山 日帰り

日程 2017年06月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鴨沢 丹波山村村営駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間28分
休憩
22分
合計
8時間50分
S丹波山村村営駐車場06:3007:55堂所07:5608:32七ッ石小屋下分岐08:3409:18ブナ坂09:1909:56奥多摩小屋10:03ヨモギノ頭10:0510:28小雲取山10:46雲取山避難小屋11:04雲取山11:1511:46雲取山荘11:4712:34小雲取山12:3512:51ヨモギノ頭12:5212:57奥多摩小屋13:22ブナ坂13:56七ッ石小屋下分岐13:5714:20堂所14:2115:20丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

車道から登山道に入るところに、今年限定?の大きな看板が立っていました。
2017年06月06日 06:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から登山道に入るところに、今年限定?の大きな看板が立っていました。
山頂にも2017年記念碑が建てられていました。
2017年06月06日 11:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にも2017年記念碑が建てられていました。
このバッチのために雲取山荘まで足をのばしました。
2017年06月07日 07:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このバッチのために雲取山荘まで足をのばしました。

感想/記録

都内在住で、小学生の頃、社会科で東京都の最高峰と知り、
登山もしたことないのに「これはいつかは行かなくちゃ!」と思っていました。
大人になって、登山を始めて、この山の難易度を知って、
行かないかも・・・というくらい後回しになっていました(笑)

しかし、言わずもがな、今年は行かねばならない山。
暑くなる前、空いてるうちに行ってしまおうと、梅雨入り直前に実行。

当初、一般的な山頂1泊で行く予定でしたが、
翌日天気が下り坂だったこと、
その日以降、夏休み時期まで忙しく、その日しか行かれないこと、
今夏にアルプスで小屋泊の山行計画があり、
現在の自分の行動力を試すことなどを目的に、
数日前から天気予報を見て、急きょ日帰りすることにしました。

コースが一番短いといわれる鴨沢コースピストンで計画。
七ツ石山は割愛。巻道を行きます。
山頂を経て、雲取山荘でバッチを購入し、来た道を戻ります。

マイカーでアクセスすると時間や距離が短縮でき、
早朝から行けば、日没までに降りられるだろうと、
時間や体調によっては計画変更、途中で引き返すことも視野にいれます。

コースは全体的に危ない個所や急斜面がなく、なだらかで歩きやすい道でした。
特に、大嫌いな木の階段もほとんどなく、
登りはもとより、下りの時は助かりました。
所々やや急登がありますが、ゆっくりペースで休みながらで行けました。

地図は持参しましたが、要所要所に看板や分岐の目印があり、
確認していけば迷うところはありませんでした。

今年の雲取山は、週末など、日によって大混雑の日もあるそうですが、
今回は、前後に誰もいない時間がたくさんあり、静かな山歩きができました。
途中、出会った人の数は、
登りでは、下ってきた、前日泊まったと思われる方々は15組程度、
同じような行程で、日帰りと思われる方は5組程度
下りでは、これから登って宿泊すると思われる方々は10組程度。
ツアーと思われる団体は全体で3組程度。
上記の半分くらいは単独行の方で、全体的に空いていました。

山頂では、ちょうど団体さんと遭遇。
運よく写真を撮ってもらうことができましたが、食事休憩終了後は誰もいない状態でした。

山荘では念願のバッチを購入。
山荘で聞いたところ、
当日もし泊まったとしたら、予約は30名程度、空いているほう、とのことでした。
土日は100名くらい予約がはいっている日があるとか。

休憩時間は、
座ると動けなくなってしまうので、座っての休憩はあまりとらず、
立ち止まって数分の休憩を多くとりました。
山頂でも食事休憩30分弱をとっただけで、ひたすら歩いていた印象です。
山を楽しんだという感じではなく、後から考えるとちょっと失敗です。

景色は、樹林帯が終わってからは、
雲が多かったものの、奥秩父の雄大な景色が見えました。富士山は見えず。

日帰りは健脚向きとの情報通りです。
最近は、往復6時間程度の山行ならば筋肉痛にもならなくなりましたが、
この行動時間になると、ひざや足の付け根などの関節に痛みがでました。
普段はストックを使いませんが、この日は持って行って正解。
なければもっと大変だったかもしれません。
翌日は、一日倦怠感ともに、関節痛でつらかったです。
訪問者数:101人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 急登 山行 ピストン 梅雨 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ