ヤマレコ

記録ID: 1163636 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

鍋割山〜搭の岳〜丹沢山:ふう、きつかった。

日程 2017年06月07日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急線渋沢駅よりバスにて大倉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間33分
休憩
1時間7分
合計
10時間40分
S大倉バス停07:0608:05黒竜の滝08:1108:33二俣08:3408:52本沢渡渉点08:57ミズヒ沢渡渉点08:5909:25後沢分岐09:2609:27後沢乗越09:2910:36鍋割山10:4611:05鍋割山荘11:0711:24鍋割山稜11:2511:30小丸11:3111:40小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)12:04金冷シ12:0512:24塔ノ岳12:28尊仏山荘12:3312:59日高13:17竜ヶ馬場13:38丹沢山13:43みやま山荘13:5514:12竜ヶ馬場14:27日高14:53尊仏山荘14:53塔ノ岳14:5715:02尊仏山荘15:1315:18塔ノ岳15:1915:32金冷シ15:37花立15:44花立山荘16:02天神尾根分岐16:17堀山の家16:1916:27堀山16:2816:36駒止茶屋17:04見晴茶屋17:0817:12雑事場ノ平17:25観音茶屋17:46大倉山の家G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

いつもより多めの水量
2017年06月07日 08:28撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもより多めの水量
ちょっとだけ協力しました。
2017年06月07日 08:52撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ協力しました。
安定の鍋焼きうどん
2017年06月07日 10:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安定の鍋焼きうどん
1
何も見えない。標識さえよく見えない
2017年06月07日 12:17撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えない。標識さえよく見えない
1
やっとたどり着いた。
2017年06月07日 13:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとたどり着いた。
霧で幻想的(?)な道
2017年06月07日 16:15撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧で幻想的(?)な道
下界は明るい
2017年06月07日 16:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は明るい

感想/記録

今にも降り出しそうな空。でも、もう今日しか残ってない。
なので、丹沢大縦走を強行することにする。
なぜ、鍋割山と丹沢山を残してしまったのだろう。

雨が降って川が増水したら嫌なので鍋割山から行くことにする。
長い長い長い林道。うんざりしたころにやっと二股につく。
長い長い道を歩いてやっと登りに入る。

今回寝不足もあり、途中でバテたら元も子もないので1本だけの協力とする。
じゃあ、なぜ来るんだと言われれば、スタンプラリーの春の分に来られる日程がもう今日しか残ってないから。もっとこまめに来ておけばよかった。

自分だけのペースで登れるので急登も何とかこなし、鍋割山到着。
ここはおにぎりにしようかと思ったが、おなかが空いてしょうがなかったのでやっぱり鍋焼きうどんを注文。外で食べようか迷ったが、結構風も強かったので室内で食べる。靴が脱げて足が少し楽になる。

気を取り直して搭の岳に向かう。ここは地味にアップダウンがある。
しかも雨も降りだした。

少々ヘロヘロになって搭の岳到着。小屋でコーヒーでも飲んで休もうかとも思ったが、ここで休んだらもう歩けなくなりそうな気がしたので、トイレ休憩だけにして丹沢山に向かう。

さあ、頑張って登るぞ!時々人にすれ違うのに驚く。しかも子供も結構いる。
こんな天気になんてもの好きな。

着いたあ!忘れずにスタンプを押してコーヒーを注文する。
ホッとしてしばらく休む。

搭の岳に戻る。おなかが空いた。持ってきたおにぎりをここで食べることにする。
結構遅かったのでどうも私が最後の客らしい。

おなかもいっぱいになって少し元気に下山する。
道に霧がかかってよく言えば幻想的な道。悪く言えば行く先がよく見えない。
しかも天気が良くないので道も暗い。

何とか大倉到着。
ここはさすがに明るかった。
今度はいい天気の時に来よう。




訪問者数:198人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ