また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1165191 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

くじゅう連山・・・九座ハイク

日程 2017年06月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アクセス
 往路
  下関→(関門トンネル)→門司→曽根→豊前→吉富→耶馬渓→玖珠→豊後中村→

  九酔渓→長者原→牧の峠
 復路
  牧の峠→長者原→まきばの湯(休館)→筌ノ口温泉・・・筌ノ口温泉から
  下関まで往路を戻る。
駐車場
 牧の峠向かい側の側道に停める。
  *6時過ぎ牧の峠に着くが駐車場は満車で停められない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間19分
休憩
2時間21分
合計
9時間40分
S牧ノ戸峠06:4106:51第一展望所06:5807:15沓掛山07:1807:41ブロッコリーの丘07:55扇ヶ鼻分岐08:25星生山08:3609:09久住分れ09:30久住山09:4009:55分岐09:5610:14稲星山10:5111:03稲星越11:24鳴子山11:2911:59稲星越12:11白口岳12:4212:54稲星越13:06中岳分岐13:0713:25九重山13:3513:44天狗ヶ城13:5514:14久住分れ14:40星生山分岐14:4114:49扇ヶ鼻分岐15:06扇ヶ鼻15:1815:35扇ヶ鼻分岐15:45ブロッコリーの丘16:03沓掛山16:11第一展望所16:1216:18牧ノ戸峠16:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況
 くじゅう連山ハイク全コースは道標も多く迷うことはないが、逆に道標が多く
 誤ることもあります。
 慣れ親しんだ山こそ牙をむいている所もあるので時間には十分余裕をもって
 楽しいハイクを楽しみましょう。
危険箇所・・・特にありませんが、強いて伝えるとすれば下記2項です。
   ^霎臼曚ら鳴子山に至るルート
    オオヤマレンゲ開花時期には多くの登山者の方が訪れますが、稲星越から
    鳴子山に向かうルートの延長線には大岩を跨ぐ所があるので注意して下
    さい。
   中岳分岐〜中岳
    山頂前に鋼製梯子、その先には補助ロープのある岩場の軽いトラバース
    文字に起こすと大したことはないが細心の注意をはらって通過
    して下さい。
その他周辺情報その他周辺情報
 ・登山ポスト・・・あります。
           但し、ポストの管理が不十分と見受けました。
           *登山者ご自身が遭難した場合貴重な手掛かりとなることは
           重々承知ですが、平時の取り扱いが不明?
            (個人情報がモレモレでは・・・???)
 ・店舗(コンビニ)・・移動時早目に準備下さい。
 ・トイレ・・・・・・登山口にあります。
           *他には、久住山下の避難小屋横にバイオトイレが
            あります。
・温泉・・・・・・・・筌ノ口温泉(共同風呂)を利用・・・200円/名
  (注)まきばの湯に入ろうと思ったが休館日でした・・・いつもそうだが
    まきばの湯はいつ開いている(営業)か不明です。
    これでは利用者から信頼を得られない、なので道路横に表示している
    案内板の撤去を願いたいと思うのは私だけでしょうか・・・
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

多くの登山者で賑わう牧の戸峠
6時過ぎ着いたが駐車場は既に満車で停められず、峠横の側道に停めスタートする。
2017年06月10日 06:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの登山者で賑わう牧の戸峠
6時過ぎ着いたが駐車場は既に満車で停められず、峠横の側道に停めスタートする。
牧の峠登山口より入山し九座踏破を目指す。
九座・・・沓掛山・星生山・久住山・稲星山・鳴子山・白口岳・中岳・ 天狗ケ城・扇ケ鼻
2017年06月10日 06:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧の峠登山口より入山し九座踏破を目指す。
九座・・・沓掛山・星生山・久住山・稲星山・鳴子山・白口岳・中岳・ 天狗ケ城・扇ケ鼻
1
入山後出合う展望台で一息入れる登山者
2017年06月10日 06:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山後出合う展望台で一息入れる登山者
展望台より望む眺望
猟師岳・合頭山を望む。
2017年06月10日 06:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台より望む眺望
猟師岳・合頭山を望む。
1
展望台より望む眺望
桶蓋山、右奥に英彦山が僅かに望める。
2017年06月10日 07:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台より望む眺望
桶蓋山、右奥に英彦山が僅かに望める。
1
展望台より望む眺望
阿蘇五岳
2017年06月10日 07:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台より望む眺望
阿蘇五岳
2
展望台で眺望を楽しんだ後、第一座の沓掛山に向かう。
2017年06月10日 06:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台で眺望を楽しんだ後、第一座の沓掛山に向かう。
沓掛山【標高:1503m】・・・第一座目
2017年06月10日 07:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山【標高:1503m】・・・第一座目
2
ブロッコリーの丘を通過
2017年06月10日 07:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッコリーの丘を通過
1
扇ケ鼻分岐過ぎから左に進路を取り星生山に向かう。
2017年06月10日 07:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ケ鼻分岐過ぎから左に進路を取り星生山に向かう。
1
星生山に続く登山道を見る。
2017年06月10日 07:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山に続く登山道を見る。
2
星生山登山道から振り返り望む扇ケ鼻
2017年06月10日 08:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山登山道から振り返り望む扇ケ鼻
3
星生山【標高:1762m】・・・第二座目
2017年06月10日 08:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山【標高:1762m】・・・第二座目
2
星生山から望む三俣山、右には平治岳を見ることが出来る。
2017年06月10日 08:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山から望む三俣山、右には平治岳を見ることが出来る。
1
稲星山山頂を離れ星生崎に向かう天空ロードに入る。
個人的にはこの光景が好きですね(^^)
左から中岳、天狗ケ城、稲星山、久住山など九重連山の名だたる山が望めるなど至極の時間を楽しめる。
2017年06月10日 08:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲星山山頂を離れ星生崎に向かう天空ロードに入る。
個人的にはこの光景が好きですね(^^)
左から中岳、天狗ケ城、稲星山、久住山など九重連山の名だたる山が望めるなど至極の時間を楽しめる。
2
久住別れ
2017年06月10日 09:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住別れ
久住山/中岳・天狗ケ城分岐
2017年06月10日 09:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山/中岳・天狗ケ城分岐
久住山山頂に続く急斜面の登山道を行きかう登山者
2017年06月10日 09:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山山頂に続く急斜面の登山道を行きかう登山者
久住山山頂は多くの登山者で賑わっています(^^)
2017年06月10日 09:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山山頂は多くの登山者で賑わっています(^^)
1
久住山【標高:1786.5m】・・・第三座目
2017年06月10日 09:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山【標高:1786.5m】・・・第三座目
1
久住山山頂を離れ稲星山に向かう。
2017年06月10日 09:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山山頂を離れ稲星山に向かう。
久住山の肩より望む稲星山
2017年06月10日 09:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山の肩より望む稲星山
1
赤川登山口分岐(久住山・稲星山鞍部)
2017年06月10日 09:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川登山口分岐(久住山・稲星山鞍部)
久住山と稲星山鞍部に続く登山道
2017年06月10日 09:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山と稲星山鞍部に続く登山道
1
稲星山【標高:1774m】・・・第四座目
2017年06月10日 10:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲星山【標高:1774m】・・・第四座目
1
稲星山から見る中岳(右)と天狗ケ城
2017年06月10日 10:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲星山から見る中岳(右)と天狗ケ城
1
同、白口岳(手前)と平治岳(左奥)と大船山(右奥)
2017年06月10日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同、白口岳(手前)と平治岳(左奥)と大船山(右奥)
2
鳴子山分岐
沢水から来る本山登山道は崩落のため入山(通過)禁止となっています
*分岐から鳴子山まで行けます。
2017年06月10日 11:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴子山分岐
沢水から来る本山登山道は崩落のため入山(通過)禁止となっています
*分岐から鳴子山まで行けます。
鳴子山を望む(左)
鳴子山に続く登山道には大岩の通過があります。
2017年06月10日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴子山を望む(左)
鳴子山に続く登山道には大岩の通過があります。
1
鳴子山【標高:1643m】・・・第五座目
2017年06月10日 11:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴子山【標高:1643m】・・・第五座目
1
鳴子山より復路を望む。
2017年06月10日 11:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴子山より復路を望む。
1
少し期待していた、オオヤマレンゲはまだ蕾の状態でした。
2017年06月10日 11:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し期待していた、オオヤマレンゲはまだ蕾の状態でした。
1
白口岳分岐に戻る。
2017年06月10日 11:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白口岳分岐に戻る。
分岐過ぎから望む白口岳
2017年06月10日 12:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐過ぎから望む白口岳
1
白口岳【標高:1720m】・・・第六座目
2017年06月10日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白口岳【標高:1720m】・・・第六座目
3
ミヤマキリシマ越しに望む、大船山と平治岳・・・白口岳にて
2017年06月10日 12:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマ越しに望む、大船山と平治岳・・・白口岳にて
3
本山登山道・稲星山分岐に戻り中岳に向かう。
2017年06月10日 12:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山登山道・稲星山分岐に戻り中岳に向かう。
中岳登山道取付き
2017年06月10日 13:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳登山道取付き
1
鋼製の梯子
2017年06月10日 13:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋼製の梯子
ロープ場もありますが、難易度は低いのでご安心下さい。
2017年06月10日 13:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場もありますが、難易度は低いのでご安心下さい。
中岳手前より望む稲星山
2017年06月10日 13:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳手前より望む稲星山
1
中岳【標高:1791m】・・・第七座目
2017年06月10日 13:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳【標高:1791m】・・・第七座目
2
中岳山頂から望む、天狗ケ城(右)と久住山(左)
2017年06月10日 13:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂から望む、天狗ケ城(右)と久住山(左)
2
天狗ケ城に続く登山道
2017年06月10日 13:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ケ城に続く登山道
2
天狗ケ城【標高:1780m】・・・第八座目
2017年06月10日 13:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ケ城【標高:1780m】・・・第八座目
2
天狗ケ城より中岳を振り返る。
2017年06月10日 13:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ケ城より中岳を振り返る。
1
御池(みいけ)を眼下に見る。
2017年06月10日 13:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池(みいけ)を眼下に見る。
2
中岳・避難小屋/天狗ケ城分岐
2017年06月10日 14:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳・避難小屋/天狗ケ城分岐
久住分れ
2017年06月10日 14:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住分れ
避難小屋
2017年06月10日 14:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋
星生崎下から望む久住山
2017年06月10日 14:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生崎下から望む久住山
2
扇ケ鼻分岐
今日のラストピークに向かう。
2017年06月10日 14:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ケ鼻分岐
今日のラストピークに向かう。
急斜面を登ると出合うお花畑
2017年06月10日 15:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登ると出合うお花畑
1
扇ケ鼻山頂
2017年06月10日 15:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ケ鼻山頂
1
扇ケ鼻【標高:1698m】・・・第九座目
2017年06月10日 15:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ケ鼻【標高:1698m】・・・第九座目
2
分岐に戻り、牧の戸登山口に下る。
2017年06月10日 15:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻り、牧の戸登山口に下る。
無事登山口に戻る。
長丁場でしかも適度なアップダウンがあるなど充実したハイクとなった、お疲れ様です。
2017年06月10日 16:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事登山口に戻る。
長丁場でしかも適度なアップダウンがあるなど充実したハイクとなった、お疲れ様です。
1

感想/記録

くじゅう連山ハイクに久し振り訪れました。

今回は久住の山開き(今年は大船山で神事が施されたようです)の後で、タイミング的にはミヤマキリシマ開花時期とあって多くの登山者の方が訪れ、登山基地となる長者原、そして私が出発した牧の戸峠にも多くの登山者の方が訪れるなど賑わっていた。

ここ最近私が主に登っている里山は、登山中離合を含め複数名の方に出合うことなど滅多にないが、ここ久住は多くの登山者の方が訪れるなど改めて人気の山であることを再認識させられた(^^)

で、今回は八座+鳴子山を追加した。
目的は鳴子山のオオヤマレンゲの開花状況を確かめたく追加したが、今日現在では蕾も固く開花には天候を考慮しても最低一〜二週間程度必要と思われる。

私自身の気持ちとして、今季もう一度鳴子山に出向きオオヤマレンゲに出合いたいと密かに計画中です。(^^)

今日のは、くじゅう連山、三俣山、平治岳、そして北大船山から大船山に向かう山肌がピンクで覆われるなど自然がいざなす爽快な姿に魅了されたハイクとなった。
訪問者数:264人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/19
投稿数: 273
2017/6/13 12:31
 スタートが同時刻でした(*'▽'*)
思わず何度も見比べてしまいましたが、同時刻スタートで、駐車した場所も同じようです。
道路を横断する時に横にいた方でしょうか?(笑)
peakさんがすぐ近くにいらっしゃったのに、とても残念です(TT)

ちなみに私も星生崎への天空ロード、好きですねぇ。
私はゴジラの背と呼んでいますが(笑)
登録日: 2011/8/25
投稿数: 225
2017/6/13 20:45
 Re: スタートが同時刻でした(*'▽'*)
tomukoさん こんばんは〜
6/10のあの日、牧の戸登山口にいたとはまさに奇遇ですね。
当日は天候に恵まれ、私同様久住に咲き誇るミヤマキリシマを堪能されたんですね(^^)・・・お疲れ様でした。

私はもう一つ欲張って鳴子山のオオヤマレンゲがもしかして一輪でも開花してるのではないかと期待し向かったが、残念ながら開花にはまだほど遠かったです。

駐車場所には困ったかもしれないが、この時期ならではお花に会えてよかったですね(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ