ヤマレコ

記録ID: 1165498 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山外輪山周回(黒斑山)

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車山峠への道路は北側が未舗装路となっている
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
34分
合計
4時間16分
S車坂峠04:1305:06トーミの頭05:1105:22黒斑山05:3205:48蛇骨岳06:08仙人岳06:19虎ノ尾06:26Jバンド06:2906:49賽の河原分岐06:59湯ノ平分岐07:0007:31トーミの頭07:4607:51槍ヶ鞘08:09開けたガレ場08:21車坂山08:29車坂峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
車坂峠からトーミの頭へ向かう中コースはルートを外れた踏み跡があり間違えやすい
Jバンドは浮き石が多く落石となりやすいので注意が必要
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

山行中に日の出を迎えたかったが
車坂峠へ車で登っていく途中で空が白んできて、少し出発が遅かったようだ
車坂峠からは中コースで登っていく
2017年06月11日 04:11撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山行中に日の出を迎えたかったが
車坂峠へ車で登っていく途中で空が白んできて、少し出発が遅かったようだ
車坂峠からは中コースで登っていく
中コースの最初は谷筋を進んでいく。途中で方向を変えて南へ向かうのを見落とし、踏み跡を頼りにそのまま奥へと進んでしまった
ずっと森の中の登りで展望がなかったが、表コースとの合流地点で開けた稜線に出た
2017年06月11日 05:02撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中コースの最初は谷筋を進んでいく。途中で方向を変えて南へ向かうのを見落とし、踏み跡を頼りにそのまま奥へと進んでしまった
ずっと森の中の登りで展望がなかったが、表コースとの合流地点で開けた稜線に出た
トーミの頭に遮るものは何もなくて、全方向で景色がよい
浅間山の山容を全て捉えることができる
2017年06月11日 05:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭に遮るものは何もなくて、全方向で景色がよい
浅間山の山容を全て捉えることができる
来た道を振り返った南側には雲海の向こうに八ヶ岳の稜線が
2017年06月11日 05:08撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返った南側には雲海の向こうに八ヶ岳の稜線が
北側に見えるのが黒斑山。その後ろの蛇骨岳、仙人岳とこれから進んでいく外輪山の様子がはっきりとわかる
2017年06月11日 05:08撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に見えるのが黒斑山。その後ろの蛇骨岳、仙人岳とこれから進んでいく外輪山の様子がはっきりとわかる
黒斑山に到着。黒い浅間山が朝焼けをバックにして一層黒い
2017年06月11日 05:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山に到着。黒い浅間山が朝焼けをバックにして一層黒い
外輪山の日が当たらない登山道にはまだ溶けきっていない雪が残っていた
2017年06月11日 05:35撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山の日が当たらない登山道にはまだ溶けきっていない雪が残っていた
霜柱を踏む感触がたまらなく好き
これは朝一番に登山道を歩いている人だけが楽しめる特権
2017年06月11日 05:44撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱を踏む感触がたまらなく好き
これは朝一番に登山道を歩いている人だけが楽しめる特権
蛇骨岳
風の通り道になっており強い風が吹いている、遮る樹木もなくなるのでバランスを崩さないように注意が必要
2017年06月11日 05:51撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳
風の通り道になっており強い風が吹いている、遮る樹木もなくなるのでバランスを崩さないように注意が必要
北側は、右手前の四阿山・根子岳の奥に妙高
2017年06月11日 05:56撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は、右手前の四阿山・根子岳の奥に妙高
西側は、北アルプス
2017年06月11日 05:59撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側は、北アルプス
仙人岳
2017年06月11日 06:04撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳
Jバンド取付
ここの右側を下っていく
2017年06月11日 06:24撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンド取付
ここの右側を下っていく
岩肌の急坂だが、幅があるので危なさは感じない
浮いている石が多いので落石には注意したい
2017年06月11日 06:25撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌の急坂だが、幅があるので危なさは感じない
浮いている石が多いので落石には注意したい
あっという間に降りて、Jバンド付近を見上げる
2017年06月11日 06:35撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に降りて、Jバンド付近を見上げる
賽ノ河原は、風もなく、アップダウンもなく静か
かといって悠長なことは言ってられない、浅間山が噴火したら危険な場所だろうし
2017年06月11日 06:36撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原は、風もなく、アップダウンもなく静か
かといって悠長なことは言ってられない、浅間山が噴火したら危険な場所だろうし
湯の平に向かうに連れ、徐々に植生が変わっていき、森林の中へと進んでいく
2017年06月11日 06:45撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の平に向かうに連れ、徐々に植生が変わっていき、森林の中へと進んでいく
前掛山の山頂までは立入禁止
2017年06月11日 06:48撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前掛山の山頂までは立入禁止
草すべりを登っていく
2017年06月11日 07:12撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりを登っていく
下りは表コースで
こちらはアップダウンがあり、中コースよりも時間はかかるが所々に展望がよい場所がある
2017年06月11日 07:50撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは表コースで
こちらはアップダウンがあり、中コースよりも時間はかかるが所々に展望がよい場所がある
土の流出が激しくハードルのようになってる木段
下りだと楽だけど、登りの場合は障害になって面倒くさそう
2017年06月11日 07:53撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土の流出が激しくハードルのようになってる木段
下りだと楽だけど、登りの場合は障害になって面倒くさそう
無事下山できて、山の神に感謝
2017年06月11日 08:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山できて、山の神に感謝

感想/記録

景色、道、風、植生が目まぐるしく状況が変わって満足度の高い山行となった

続けて四阿山に登るため、慣れない未舗装路での運転にヒヤヒヤしながら車坂峠を北に下っていった
訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ