ヤマレコ

記録ID: 1166149 全員に公開 ハイキング近畿

三嶽・小金ヶ嶽は多紀アルプスの盟主たい

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き:篠山口駅からバス下立町BS タクシーで火打岩まで 片道¥2500ぐらい
帰り:小金口からタクシー下立町まで バスで篠山口駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
2時間2分
合計
6時間20分
Sスタート地点08:0208:48鳥居堂跡09:03大岳寺跡09:0709:50三嶽(御嶽)10:3511:05大タワ駐車場11:2412:12小金ヶ嶽13:0613:12迷い込みやすい谷14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
名の通り岩場の多いコースですが、
三点支持をしっかりとればそう問題ないかと。
やはり下りの方が厄介かな。

コースは明瞭ですが、
小金ヶ嶽の下りは標識・赤テープの見落としを極力少なく。
岩場以外は登りも下りもやたら階段多し。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

篠山口駅からバス。
下立町までgo
2017年06月11日 07:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠山口駅からバス。
下立町までgo
下立町BSの真向かいが日交のタクシー事務所。
誰も居られないようなので電話でタクシーを呼びます。
(乗り合いの時間帯ではないので正規料金)
2017年06月11日 07:37撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下立町BSの真向かいが日交のタクシー事務所。
誰も居られないようなので電話でタクシーを呼びます。
(乗り合いの時間帯ではないので正規料金)
火打岩到着。
運転手さんに
「帰りもお願いします」
と一言。
2017年06月11日 07:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打岩到着。
運転手さんに
「帰りもお願いします」
と一言。
登山口はすぐ。
登山道は民家の間を通っていきます。
2017年06月11日 08:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口はすぐ。
登山道は民家の間を通っていきます。
今から向かうで三嶽さん。
2017年06月11日 08:07撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から向かうで三嶽さん。
防獣ゲート開けて閉めて。
2017年06月11日 08:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防獣ゲート開けて閉めて。
尾根に乗るまできつめの登り。
20分少々でまず一汗。
2017年06月11日 08:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗るまできつめの登り。
20分少々でまず一汗。
尾根に乗りました。
2017年06月11日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。
ほぼ平坦なトラバース道。
快適。
2017年06月11日 08:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ平坦なトラバース道。
快適。
右手に小金ヶ嶽がチラと。
2017年06月11日 08:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に小金ヶ嶽がチラと。
鳥居堂跡。
2017年06月11日 08:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居堂跡。
クリンソウ群生地との分岐。
時期的に終わっているらしいので
そのまま登山道を。
2017年06月11日 08:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウ群生地との分岐。
時期的に終わっているらしいので
そのまま登山道を。
大岳寺跡。
2017年06月11日 09:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳寺跡。
地形的に如何にもという感じの寺院跡。
2017年06月11日 09:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形的に如何にもという感じの寺院跡。
斜度がきつくなりはじめます。
2017年06月11日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度がきつくなりはじめます。
岩場のはじまり。
山頂直下まで続きます。
2017年06月11日 09:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場のはじまり。
山頂直下まで続きます。
オオヤマツツジ
…かな?
2017年06月11日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマツツジ
…かな?
展望の良さそうな岩場でひとやすみ。
2017年06月11日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望の良さそうな岩場でひとやすみ。
西ヶ嶽からさらに伸びる多紀連山。
2017年06月11日 09:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ヶ嶽からさらに伸びる多紀連山。
1
スタート地点から通ってきた尾根を見下ろす。
2017年06月11日 09:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点から通ってきた尾根を見下ろす。
1
真南に靄がかった六甲。
やはり目立つ大船山。
2017年06月11日 09:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真南に靄がかった六甲。
やはり目立つ大船山。
1
南東、左から、
半国山・深山・剣尾山・高岳・弥十郎ヶ嶽・大野山と続く摂丹を隔てる山塊はまさに国境。
2017年06月11日 09:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東、左から、
半国山・深山・剣尾山・高岳・弥十郎ヶ嶽・大野山と続く摂丹を隔てる山塊はまさに国境。
1
こんなところに。
2017年06月11日 09:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところに。
小金ヶ嶽再び。
目線が同じくらいに。
2017年06月11日 09:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金ヶ嶽再び。
目線が同じくらいに。
1
岩場が終わり、
ラスト植林の中を。
2017年06月11日 09:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が終わり、
ラスト植林の中を。
思わぬ場所に東屋。
2017年06月11日 09:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わぬ場所に東屋。
石室で縦走路合流。
2017年06月11日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室で縦走路合流。
まもなく三嶽山頂。
一等三角点「御岳山」。
2017年06月11日 09:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく三嶽山頂。
一等三角点「御岳山」。
1
展望は北を中心に90度程と
南が一部。
2017年06月11日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は北を中心に90度程と
南が一部。
1
真北、
舞鶴・宮津方面の由良ヶ岳や槙山。
由良ヶ岳の右の薄く見えるのは
海を隔て丹後半島の蝙蝠岳。
2017年06月11日 10:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真北、
舞鶴・宮津方面の由良ヶ岳や槙山。
由良ヶ岳の右の薄く見えるのは
海を隔て丹後半島の蝙蝠岳。
1
少し視線を右にずらすと
若狭の名峰青葉山。
2017年06月11日 10:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し視線を右にずらすと
若狭の名峰青葉山。
同じく丹波の盟主長老ヶ岳の稜線からもやっとした白いの。
やはり調べたら加賀白山で間違いなさそう。
179km彼方。
2017年06月11日 10:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく丹波の盟主長老ヶ岳の稜線からもやっとした白いの。
やはり調べたら加賀白山で間違いなさそう。
179km彼方。
1
南西、
篠山盆地を挟んで
松尾山・白髪岳・西光寺山が対峙。
2017年06月11日 09:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西、
篠山盆地を挟んで
松尾山・白髪岳・西光寺山が対峙。
1
真ん中の虚空蔵山。
その左は雌岡山がうっすら。
播磨灘はこの靄りだとちときびしいか。
2017年06月11日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の虚空蔵山。
その左は雌岡山がうっすら。
播磨灘はこの靄りだとちときびしいか。
少し戻って石室横の岩場。
ここも展望が開けてます。
2017年06月11日 10:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って石室横の岩場。
ここも展望が開けてます。
山頂よりもワイド感あり。
2017年06月11日 10:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂よりもワイド感あり。
1
福知山市街の東部と烏ヶ岳。
背後に大江山と赤石ヶ岳。
2017年06月11日 10:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福知山市街の東部と烏ヶ岳。
背後に大江山と赤石ヶ岳。
1
左が粟鹿山。
うっすらと中央妙見山、
右が蘇武岳。
2017年06月11日 10:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が粟鹿山。
うっすらと中央妙見山、
右が蘇武岳。
北側の眼下、
鼓峠は中央分水界。
2017年06月11日 10:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の眼下、
鼓峠は中央分水界。
では小金ヶ嶽へ。
まず大タワ向けて下り。
2017年06月11日 10:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では小金ヶ嶽へ。
まず大タワ向けて下り。
愛宕山を借景に小金ヶ嶽。
2017年06月11日 10:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山を借景に小金ヶ嶽。
1
愛宕山方面の靄も晴れつつありそう。
2017年06月11日 10:40撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山方面の靄も晴れつつありそう。
名前は知りませんが小木にかわいらしい白い花。
よく見かけた。
2017年06月11日 10:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前は知りませんが小木にかわいらしい白い花。
よく見かけた。
急な下りになってきつつ。
トラロープも。
2017年06月11日 10:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りになってきつつ。
トラロープも。
振り返って見上げる。
結構な岩場。
2017年06月11日 10:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見上げる。
結構な岩場。
次は階段地獄。
どこまで続くねん感。
2017年06月11日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は階段地獄。
どこまで続くねん感。
またも振り返って。
2017年06月11日 10:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またも振り返って。
大タワ到着。
2017年06月11日 11:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大タワ到着。
あそこから下りてきたのね。
2017年06月11日 11:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこから下りてきたのね。
北側に展望。
先程より随分高度が下がってますな。
2017年06月11日 11:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に展望。
先程より随分高度が下がってますな。
県道を越え小金ヶ嶽登山口へ。
自販機もあります。
フォレストアドベンチャー気になる。
2017年06月11日 11:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道を越え小金ヶ嶽登山口へ。
自販機もあります。
フォレストアドベンチャー気になる。
1.3kmとのこと。
2017年06月11日 11:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1.3kmとのこと。
これかフォレストアドベンチャー。
面白そうじゃん!
2017年06月11日 11:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これかフォレストアドベンチャー。
面白そうじゃん!
スギ林を黙々と登ります。
2017年06月11日 11:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギ林を黙々と登ります。
また来たな階段w
2017年06月11日 11:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来たな階段w
階段を登り切って一旦ピーク。
特に何もなし。
2017年06月11日 11:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り切って一旦ピーク。
特に何もなし。
少し進むと小金ヶ嶽が眼前。
2017年06月11日 11:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと小金ヶ嶽が眼前。
いよいよ鎖場。
身支度整えまず下りから。
2017年06月11日 11:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ鎖場。
身支度整えまず下りから。
更に近く。
岩場剥き出してますなあ。
2017年06月11日 11:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に近く。
岩場剥き出してますなあ。
トラバース気味の箇所。
思っていたよりは難易度は高く無さげ。
2017年06月11日 12:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース気味の箇所。
思っていたよりは難易度は高く無さげ。
ヤマツツジを愛でる余裕?
2017年06月11日 12:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジを愛でる余裕?
1
三点支持基本。
鎖無くても行けそうですが念のため。
下が見えないのが精神的に楽。
2017年06月11日 12:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三点支持基本。
鎖無くても行けそうですが念のため。
下が見えないのが精神的に楽。
見晴らしの良いところで振り返る。
半ばですが結構な到達感。
2017年06月11日 12:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良いところで振り返る。
半ばですが結構な到達感。
高度感ハンパなし。
すくむ足w
2017年06月11日 12:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感ハンパなし。
すくむ足w
そして小金ヶ嶽山頂到達。
すぐに後続が次々登られて来はりました。
2017年06月11日 12:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして小金ヶ嶽山頂到達。
すぐに後続が次々登られて来はりました。
北を中心に180°以上の見晴らし!
天気も更に回復。
2017年06月11日 12:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北を中心に180°以上の見晴らし!
天気も更に回復。
東に武奈ヶ岳。
2017年06月11日 12:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に武奈ヶ岳。
北に日本海。
2017年06月11日 12:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に日本海。
西に氷ノ山。
2017年06月11日 13:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に氷ノ山。
かすていら on the mountain.
小金ヶ嶽で黄金色。
2017年06月11日 13:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすていら on the mountain.
小金ヶ嶽で黄金色。
さて下山。
初手から岩場の激下り。
2017年06月11日 13:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山。
初手から岩場の激下り。
直進して行くと大岩に突き当たります。
右から巻いて下る道があるのでそちらが正解。
展望がいいので小休止。
2017年06月11日 13:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進して行くと大岩に突き当たります。
右から巻いて下る道があるのでそちらが正解。
展望がいいので小休止。
堂々笠形山。
2017年06月11日 13:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂々笠形山。
三重・滋賀県境の笹ヶ岳まで見えました
特徴ある形なので判別。
2017年06月11日 13:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重・滋賀県境の笹ヶ岳まで見えました
特徴ある形なので判別。
頻繁にある標識と赤テープには助けられました。
2017年06月11日 13:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頻繁にある標識と赤テープには助けられました。
下り唯一の鎖場。
2017年06月11日 13:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り唯一の鎖場。
岩場を下り切って福泉寺跡方面へ少し登り返し。
2017年06月11日 13:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を下り切って福泉寺跡方面へ少し登り返し。
福泉寺跡。
2017年06月11日 13:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福泉寺跡。
沢筋へ下る分岐。
早速倒木のおみまい。
2017年06月11日 13:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋へ下る分岐。
早速倒木のおみまい。
沢筋をなだらかに下ります。
2017年06月11日 13:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋をなだらかに下ります。
クリンソウの群生地のようです。
2017年06月11日 13:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウの群生地のようです。
実がなってました。
いつかは花も拝見したいもの。
2017年06月11日 13:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実がなってました。
いつかは花も拝見したいもの。
少し膝上の筋肉が痛み出し気味…
2017年06月11日 13:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し膝上の筋肉が痛み出し気味…
何度か渡渉があったり起伏もあるので飽きの来ないコース。
逆に言うとちょっと疲れるw
2017年06月11日 14:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か渡渉があったり起伏もあるので飽きの来ないコース。
逆に言うとちょっと疲れるw
出口が近そうな雰囲気…!
2017年06月11日 14:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出口が近そうな雰囲気…!
防獣ゲート開けて閉めて。
しばし舗道歩き。
2017年06月11日 14:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防獣ゲート開けて閉めて。
しばし舗道歩き。
小金口到着。
乗り合いの時間には早すぎたので、
行き同様正規でタクシーをよびました。
2017年06月11日 14:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金口到着。
乗り合いの時間には早すぎたので、
行き同様正規でタクシーをよびました。
三嶽・小金ヶ嶽、
程良い疲れと満足感。
なるほど人気の山だなと。
2017年06月11日 14:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶽・小金ヶ嶽、
程良い疲れと満足感。
なるほど人気の山だなと。
再び篠山市街に戻って軒先に。
2017年06月11日 14:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び篠山市街に戻って軒先に。
おつかれにゃー。
2017年06月11日 14:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おつかれにゃー。

感想/記録

事前から岩場が難敵かもという心積もりで臨みましたが、
想像よりは難しくなかったというのが率直なところ。
眼下の視界がうまく遮られていて精神的に大きかったかなと。
ただどこへ臨むにも言えますが
気構えと身支度は念を入れるのは重要と改めて。
勿論岩登りも楽しかったですし、
疲労度とのバランスも丁度いい塩梅でした、個人的に。

何といっても展望の良さに心躍りました。
当日は梅雨前線が南の洋上にあったので北を目指したのが正解。
日本列島の幅を感じることが出来たのも
中央分水嶺ならではなのでしょうね。



訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ