また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1166895 全員に公開 ハイキング丹沢

祝★タケ山古道開通でタケ山からジタンゴ山へ

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田〜田代向
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
4分
合計
3時間15分
S田代向10:0411:37タケ山12:37シダンゴ山12:3912:54水場13:03猪防護柵(1)13:0413:08トイレ13:18宇津茂の大きなしだれ桜13:1913:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

いつもの寄バス停でなく田代向からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの寄バス停でなく田代向からスタート
まずは はなじょろ道の道標に沿って進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは はなじょろ道の道標に沿って進みます
1
このコースはいつも路傍の花が多いです 赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)か 今は夕方ではないけど昼にも咲くそうで・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースはいつも路傍の花が多いです 赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)か 今は夕方ではないけど昼にも咲くそうで・・
2
これは?・・と調べたがまだ分かりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?・・と調べたがまだ分かりません
5
マツバギク(松葉菊)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツバギク(松葉菊)
2
ツルニチニチソウ(蔓日々草)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルニチニチソウ(蔓日々草)
2
花を見ながら古道の名前と同じ虫沢川まで来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を見ながら古道の名前と同じ虫沢川まで来ました
1
意外と少ないホタルブクロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と少ないホタルブクロ
2
川沿いにはキセキレイが飛んでいるのを3回ほど見ましたが写せたのはこれだけ 逆光だったのでコントラスト補正
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いにはキセキレイが飛んでいるのを3回ほど見ましたが写せたのはこれだけ 逆光だったのでコントラスト補正
6
タケ山の名前が現れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケ山の名前が現れました
1
虫沢川に架かる橋を渡って・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫沢川に架かる橋を渡って・・
すぐにこれがあり ここから急坂の始まり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにこれがあり ここから急坂の始まり
1
少し行くと「近道」とあったので当然近い方を選択
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行くと「近道」とあったので当然近い方を選択
薄暗いここを入って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗いここを入って行きます
細い道を上がっていくと一旦開けてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い道を上がっていくと一旦開けてます
ニワゼキショウ(庭石菖)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニワゼキショウ(庭石菖)
4
八坂神社 この少し上の道標で名前が分かりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八坂神社 この少し上の道標で名前が分かりました
おー 横断幕がありますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー 横断幕がありますね
こんなイベントあったのを見逃していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなイベントあったのを見逃していました
8
横断幕からすぐに瞑想室・・廃屋です この右側にも朽ちた建物があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横断幕からすぐに瞑想室・・廃屋です この右側にも朽ちた建物があります
1
そして植林帯となり・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして植林帯となり・・
1
作業道のようなはっきりとしてとても歩きやすい道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道のようなはっきりとしてとても歩きやすい道が続きます
1
山ビル対策の塩がここと山頂の反対側にあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ビル対策の塩がここと山頂の反対側にあります
1
山頂が近付き植林帯から自然林に変化します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近付き植林帯から自然林に変化します
ようこそ・・が現れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようこそ・・が現れました
2
こいのぼりまである・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こいのぼりまである・・
1
展望台です が、遠くは曇って見えません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台です が、遠くは曇って見えません
2
かろうじて表尾根が少し見える程度
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて表尾根が少し見える程度
3
展望台過ぎると木の種類が一変
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台過ぎると木の種類が一変
1
アブラチャンでしょうか これだけが群生しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アブラチャンでしょうか これだけが群生しています
再び開けて富士見台 当然見えません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び開けて富士見台 当然見えません
タケ山からジタンゴ山までずっとヒメウツギが満開
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケ山からジタンゴ山までずっとヒメウツギが満開
7
花色が咲き始めの白から次第に黄色に変化するところから金銀花とも呼ばれます・・と書かれていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花色が咲き始めの白から次第に黄色に変化するところから金銀花とも呼ばれます・・と書かれていました
3
そして山頂ですが・・眺望ないので単なる通過点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして山頂ですが・・眺望ないので単なる通過点
2
少し下って鉄塔の下まで来て振り返る・・道標によると右側から来るのが正解のようで・・何で間違ったのか全く認識ありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って鉄塔の下まで来て振り返る・・道標によると右側から来るのが正解のようで・・何で間違ったのか全く認識ありません
少しの間美しいやせ尾根風ですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの間美しいやせ尾根風ですが・・
2
一旦舗装林道に出てしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦舗装林道に出てしまいます
イノバラですね 日本のノバラの代表的な種です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノバラですね 日本のノバラの代表的な種です
2
そしてダルマ沢の頭とジタンゴ山への分岐点 ここは眺めが抜群なんですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてダルマ沢の頭とジタンゴ山への分岐点 ここは眺めが抜群なんですが・・
雲っているので近くの山しか認識できません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲っているので近くの山しか認識できません
2
昼食後ジタンゴ山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後ジタンゴ山へ
おなじみの何回も通っている階段をひたすら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの何回も通っている階段をひたすら・・
と思ったら、あれ?女坂なんであったんだ・・ということで右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、あれ?女坂なんであったんだ・・ということで右へ
大きく迂回するので確かに楽なルートでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく迂回するので確かに楽なルートでした
この左のベンチには3名の方が休憩中です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左のベンチには3名の方が休憩中です
1
途中2組の家族に出会いながら下りてきました この扉、登りで開けるのは問題ないですが下りだとロックの金具が見えずガチャガチャとやってしまいますな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中2組の家族に出会いながら下りてきました この扉、登りで開けるのは問題ないですが下りだとロックの金具が見えずガチャガチャとやってしまいますな
1
蜜標(みつひょう)と呼ばれる花びらにある赤い斑点状の模様が上品な感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜜標(みつひょう)と呼ばれる花びらにある赤い斑点状の模様が上品な感じです
3

感想/記録

BOBO さんのレコで知ったタケ山古道開通
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/kankou-sub/takeyamakodou.html
これは行ってみなくては・・ということで曇っているのであまり暑くなく歩きやすい低山ハイクに好条件の中ジタンゴも絡めて歩いてみました。

ジタンゴ山と言えばジタンゴ山〜宮地山が初心者向け定番コースになっていますが、タケ山⇔ジタンゴ山も十分にお勧めのコースですね。
バッチリ整備された古道はとても歩きやすく家族連れでも全く問題なしです。曇っていなければ展望台や富士見台からの眺めがジタンゴ山よりはるかに優れるので人気のコースになるでしょう。
訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/1
投稿数: 2647
2017/6/12 23:20
 ゼニアオイ
WeeklyClimさん、こんばんは。

レコは良く拝見させて頂いておりますが初コメントです。
お調べになっても分からなかった花ですがゼニアオイだと思います。
生命力が強く雑草の様に繁殖していますが結構綺麗な花ですね。

これからも花沢山の山行をお楽しみ下さい。

Landsberg
登録日: 2011/5/28
投稿数: 247
2017/6/13 7:07
 Re: ゼニアオイ
こんにちは Landsbergさん

花の名前教えていただきありがとうございます。
時間があるときはじっくり調べるのですが、そうでないとあきらめてしまうので、分かるとすっきりします。
特に、美しいけど名前が分からないととても気になりますね。
登録日: 2013/9/15
投稿数: 1078
2017/6/17 21:44
 お疲れ様です
表題の”タケ山古道”ですが、乗っ越しの道なのでしょうか。
眺望がいい!!これはいいです
登録日: 2011/5/28
投稿数: 247
2017/6/18 7:19
 Re: お疲れ様です
こんにちは Honoca さん

タケ山古道は、虫沢地区〜林道秦野峠を結ぶ従来の虫沢林道の南半分をショートカットするような道ですが、松田町寄の住民がかつてタケ山にある茅場(かやば)へ向かう生活道路として使っていた古道だそうで、かやぶき屋根に使うカヤを採りに行くための生活道路だったそうです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 ガチャ ホタルブクロ 近道 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ