また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1167268 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

芦屋地獄谷〜山頂〜魚屋道ついに崩れる

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々ぱらつく小雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
阪急 芦屋川駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
18分
合計
4時間10分
Sスタート地点11:3411:40芦屋川、高座の滝方面分岐11:44城山・荒地山方面分岐点11:4511:57高座の滝12:08芦屋地獄谷12:14小便滝12:1712:54風吹岩12:5513:10荒地山への分岐13:32雨ヶ峠13:45東お多福山13:5214:04土樋割峠14:32一軒茶屋14:3414:39六甲山14:4014:43一軒茶屋14:4615:39かんぽの宿 有馬15:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯(GPS) 時計 タオル カメラ 虫よけ

写真

久しぶりの谷は曇り空のもとうっそうとしてました。
2017年06月11日 12:13撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの谷は曇り空のもとうっそうとしてました。
1
直登ルートに入りました。
2017年06月11日 12:18撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートに入りました。
2
2段の滝の踊り場。
2017年06月11日 12:28撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段の滝の踊り場。
晴れると緑が鮮やかにさえます。
黒岩谷西尾根にて。
2017年06月11日 14:16撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れると緑が鮮やかにさえます。
黒岩谷西尾根にて。
1
ついにう回路が設けられました。
2017年06月11日 14:58撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにう回路が設けられました。
4
う回路は尾根道で歩きやすい良い道です。
2017年06月11日 14:59撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う回路は尾根道で歩きやすい良い道です。
2
下から見ると一筋ですが道から斜面が完全に崩れています。
2017年06月11日 15:01撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見ると一筋ですが道から斜面が完全に崩れています。
2

感想/記録

仕事やら何やらで山から一か月ほど遠ざかっているとやはり勘が鈍ったり身体がなまっていました。
曇り空でしたが、午後晴れるという天気予報を信じて谷へ突入しました。
うっそうとして湿度が高くても緑に囲まれた岩道を歩くと気持ち良いな、とおもっていると雨がぱらついてきました。天気図をチェックすると弱い雨雲が近づいています。しかし、「午後は晴れる」と信じました。足運びがうまくいかずに何度もよろけました。斜面も思ったよりきつかったですね。
何度も通いなれた場所なのに道間違いもしました。
東お多福山あたりでは天気が回復し、緑の草原を楽しめました。しかし、少しバテ気味です。
黒岩谷西尾根に出るともう新緑ではありませんが緑が鮮やかです。
山頂から有馬温泉への下り魚屋道を帰りのバスに間に合わせるためにかなり速足で下りました。以前から崩れかかっていた斜面がついに崩壊。う回路の尾根道かなり歩きやすいしっかりした登山道です。
崩壊した道を再び歩けるようにするには、橋を架けるしかないでしょう。残念です。
う回路を大切に歩きましょう。
訪問者数:201人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ