また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1167489 全員に公開 ハイキング甲信越

山梨県 七面山 表参道ルート

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
着いた時は登山口前の駐車場は満車だったので、少し戻って道沿いの空き地に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
0分
合計
6時間25分
Sスタート地点10:2016:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
なぜか途中の通過ポイントの記録が残ってない…。山頂までは休憩を含めて約3時間半、下りは約2時間弱だったと思います。参考にならずすいません。
コース状況/
危険箇所等
基本的に危険箇所は無し。ただし、なないたがれ付近はロープがありその先は断崖絶壁の為かなり危険。
その他周辺情報国道52号から別れたあとはコンビニはありませんでした。買い物はお早めに。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

入口 元丁目。このあと一丁目〜五十丁目と続きます。五十丁目は敬慎院です。
2017年06月11日 10:20撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口 元丁目。このあと一丁目〜五十丁目と続きます。五十丁目は敬慎院です。
山道(参道)。敬慎院まではこんな感じで整備された道が続きます。迷う心配はないですが、体力が容赦なく削られます。
2017年06月11日 11:05撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道(参道)。敬慎院まではこんな感じで整備された道が続きます。迷う心配はないですが、体力が容赦なく削られます。
展望のある場所(二十九丁目過ぎ)午前中は曇ってて遠くは見えませんでした。
2017年06月11日 11:58撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のある場所(二十九丁目過ぎ)午前中は曇ってて遠くは見えませんでした。
道端にカレー色のきのこ発見!
2017年06月11日 12:54撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にカレー色のきのこ発見!
1
山門。四十八丁目…だったかな。
2017年06月11日 13:02撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山門。四十八丁目…だったかな。
1
吉洋門。さっきの山門の奥にあります。
2017年06月11日 13:06撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉洋門。さっきの山門の奥にあります。
1
連打してはいけません。山行の安全を祈願して1回だけ打たせてもらいました。(もう九合目くらい来てますが…)
2017年06月11日 13:07撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連打してはいけません。山行の安全を祈願して1回だけ打たせてもらいました。(もう九合目くらい来てますが…)
鐘の先に展望台がありました。これは展望台の石碑。
2017年06月11日 13:10撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘の先に展望台がありました。これは展望台の石碑。
展望台からは真っ白で景色は見えませんでした。
2017年06月11日 13:11撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは真っ白で景色は見えませんでした。
天気はよかったんですけどね。
2017年06月11日 13:11撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はよかったんですけどね。
展望台からふと下を見ると…鹿がいました!かわいい。
2017年06月11日 13:13撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からふと下を見ると…鹿がいました!かわいい。
1
しかも親子でした!子鹿もかわいい。そして…熊の親子じゃなくてよかった。。
2017年06月11日 13:14撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも親子でした!子鹿もかわいい。そして…熊の親子じゃなくてよかった。。
親子鹿は仲良く森の奥へ去っていきました。
2017年06月11日 13:15撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親子鹿は仲良く森の奥へ去っていきました。
敬慎院は後回しにして先に山頂を目指します。山頂方面から霧が降りてきました。
2017年06月11日 13:17撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敬慎院は後回しにして先に山頂を目指します。山頂方面から霧が降りてきました。
ここからは普通の山道でした。ピンクテープが短い間隔でつけてあったので迷う心配はありませんでした。
2017年06月11日 13:20撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは普通の山道でした。ピンクテープが短い間隔でつけてあったので迷う心配はありませんでした。
1
森はこんな感じでした。森に霧はかかってませんでした。
2017年06月11日 13:23撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森はこんな感じでした。森に霧はかかってませんでした。
1
大きい切り株に生える木。なんかオブジェみたい。
2017年06月11日 13:26撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きい切り株に生える木。なんかオブジェみたい。
1
山頂へ向かう途中、に七面山の由来となった七つの崩崖群『なないたがれ』がありました。崖下から濃い霧が吹き上げられてました。まさに深山幽谷。
2017年06月11日 13:28撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向かう途中、に七面山の由来となった七つの崩崖群『なないたがれ』がありました。崖下から濃い霧が吹き上げられてました。まさに深山幽谷。
なないたがれ。写真では伝わりにくいですがかなり急な崖です。高所恐怖症じゃなくても恐怖を感じます。
2017年06月11日 13:29撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なないたがれ。写真では伝わりにくいですがかなり急な崖です。高所恐怖症じゃなくても恐怖を感じます。
少し登った所からの眺め。
2017年06月11日 13:53撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登った所からの眺め。
山頂!…しかし騙させてはいけません。ここは1982.4mの三角点があり1989m地点じゃないのです。1989m地点にもちゃんと行きました…が、ただの林の中のピークで何もありませんでした。。
2017年06月11日 13:59撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!…しかし騙させてはいけません。ここは1982.4mの三角点があり1989m地点じゃないのです。1989m地点にもちゃんと行きました…が、ただの林の中のピークで何もありませんでした。。
1
七面山は山梨百名山です。
2017年06月11日 13:59撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山は山梨百名山です。
1
ちなみにここが本当の1989m地点。まさに何の変哲もない林。
2017年06月11日 14:07撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにここが本当の1989m地点。まさに何の変哲もない林。
1
山頂看板横の三角点。この広場で遅めの昼食をとりました。
2017年06月11日 14:17撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂看板横の三角点。この広場で遅めの昼食をとりました。
2
帰りは霧が晴れて展望も多少回復しました。なないたがれが良く見えます。そして雲が下にあります。
2017年06月11日 14:38撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは霧が晴れて展望も多少回復しました。なないたがれが良く見えます。そして雲が下にあります。
こんな広大な崖は初めて見ました。
2017年06月11日 14:39撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな広大な崖は初めて見ました。
帰りは多少展望回復してました。行きに鹿を見かけた展望台です。富士山は残念ながら見えませんでした。
2017年06月11日 15:01撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは多少展望回復してました。行きに鹿を見かけた展望台です。富士山は残念ながら見えませんでした。
帰りに敬慎院を見学してきました。境内に五十丁目がありました。
2017年06月11日 15:05撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに敬慎院を見学してきました。境内に五十丁目がありました。
境内にある一之池。伝承の残る池だそうです。…抹茶のような色でした。
2017年06月11日 15:06撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内にある一之池。伝承の残る池だそうです。…抹茶のような色でした。
1
二十九丁目過ぎの展望台。行きは霧で見えませんでしたが帰りは多少もやが晴れて近くの山々を見渡せました。癒される。
2017年06月11日 15:51撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十九丁目過ぎの展望台。行きは霧で見えませんでしたが帰りは多少もやが晴れて近くの山々を見渡せました。癒される。
無事下山できました。登山口の目と鼻の先に白糸の滝があったので帰る前に寄ってみました。
2017年06月11日 16:48撮影 by SC-04F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山できました。登山口の目と鼻の先に白糸の滝があったので帰る前に寄ってみました。
1

感想/記録

今回は新しいザックに慣れる事を目的に、難易度が低い代わりに体力が必要なこの山を登ってみました。
道はしっかりしてるんですが、やはりかなり体力が必要でした。参道は比較的急斜で、敬慎院まではひたすら無心で登りました。直射日光を受ける場所はほとんど無く森の中は風が吹いていたので涼しかったです。おかげで止まると汗冷えしてしまいます。
敬慎院から山頂までは序盤は緩やかですが、なないたがれ以降は急斜も多かったです。
森は敬慎院までは広葉樹林がメインで、風が吹くとサラサラと心地よい音が鳴り癒されました。
ちなみに、本当はあと2時間早く開始する予定でしたが、寝坊して10時過ぎに登山開始という余裕の無いスケジュールになってしまいました。我ながら情けない…
訪問者数:493人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 三角点 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ